【サンムーン】ほのおタイプのポケモンの使い方と活躍傾向

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。

初代ポケットモンスターではやや不遇で、攻略本で使う価値が無いと散々な扱いをされたこともありますが今のポケットモンスターでは違います!

「ひざしがつよい」という炎タイプの技威力を1.5倍に強化する天候や、「オーバーヒート」や「フレアドライブ」といった単純に強力な技の追加で彼らは生まれ変わりました

アニポケで大活躍だったリザードンや映画で主役を貼ったエンテイを中心に彼らの強みと弱点について。本記事ではその傾向を紹介したいと思います。

全タイプ中最高クラスの爆発力!追加効果の「やけど」も非常に強烈!

炎タイプの強みと言えばその爆発力。

中でもメガリザードンYは特性「ひでり」で場を「ひざしがつよい」が強い状態にしてしまうので生半可なポケモンでは絶対に止まりません

「ひざしがつよい」の効果で1.5倍となった「オーバーヒート」の超火力は例え半減されたとしてもその耐性の上から焼き払えるほど、耐えられるポケモンは一部に限られています。

さらに「ソーラービーム」は日差しが強ければ溜めることなく使うことができるので相性の悪い岩タイプや水タイプへの対策も完備!!

さらに多くの炎技の追加効果になっている「やけど」は、この状態異常になったポケモンのHPを毎ターン8分の1減らすだけでなくなんと攻撃力を半減させる効果を持っています。

特にエンテイは専用技である「せいなるほのお」でなんと約2分の1の確率でこの「やけど」にしてしまいます。

炎タイプに取って相性の悪い岩タイプや地面タイプは物理型が多いのでこの攻撃力半減が非常に強烈。

交換で出てきた所を焼いてそのまま突破するなんてケースも多く存在!

水タイプにはやや刺さりにくいですが、身代わりや守るで強引にターンを稼ぐことで、固定ダメージだけで突破するような芸当も可能となっています。

激しい炎は燃え尽きるのも早い……

しかし、炎タイプの特に物理タイプのポケモンはあっという間に燃え尽きてしまいます。

威力120命中100と高い性能を誇る物理技「フレアドライブ」は相手に与えたダメージの3分の1を自分も受ける技、爆発力と引き換えに自分の体力をものすごい勢いで削ってしまうのです。

炎タイプの物理技で次の主力候補は威力75命中100の「ほのおのパンチ」ですが、「ほのおのパンチ」ではそもそも相手を倒せないのでフレアドライブ以上にHPを損耗する可能性があるのが危険な所。

また、「オーバーヒート」「だいもんじ」「ねっぷう」「おにび」と全体的にやや命中率が低い傾向にあるのも弱点の一つ。

技を1度外してしまうと爆発力を発揮する前に何もできずに倒されてしまうなんていうことも……

炎タイプのポケモンの総評

やや寿命が短い傾向にあるタイプではあるが、全タイプ中屈指の瞬間火力を持つ炎タイプ。

パーティ内の火力が不足気味で、中々相手を倒せないときに採用してみてはいかがでしょうか?

【APPDATEのおすすめ動画】互いの精神力を削り合うポケモン大会「心壊杯」を開いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。