【サンムーン】ひこうタイプのポケモンの使い方と活躍傾向

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。

ここではひこうタイプのポケモンたちの使い方を緩く紹介していきます。

「ひこうタイプ」……それはある意味で最強のタイプ。

ありとあらゆるタイプと複合を持ち、そしてその悉くが強力なパワーを秘めている恵まれたタイプ。

技性能も「ブレイブバード」と「ぼうふう」という高威力の技を持ち、威力80前後の主力技の選択肢には欠けるものの、複合タイプが非常に多いという特徴のおかげで複合タイプ側の主力技で代用することが可能となっています。

そんな自由自在に環境を駆けるひこうタイプの強みと弱点について本記事ではその傾向を紹介したいと思います

複合タイプの脅威!

カントーの伝説組を初めとして「ギャラドス」「クロバット」「メガカイロス」「プテラ」「ボーマンダ」「トゲキッス」とありとあらゆるタイプと複合を持つのが最大の特徴です。

そしてその複合タイプの多くが高種族値であるという圧倒的なポテンシャルの高さがひこうタイプの魅力の一つ。

岩タイプにこそ弱点を突かれてしまうものの、攻撃タイプとして優秀な格闘を半減地面を無効に抑えることで複合タイプを強化!

間接的に複合しているタイプの性能を引き上げる効果があるだけなく、羽があるポケモンは再生回復技として「はねやすめ」を習得することが恩恵として与えられます。

メインというよりもサブの、タイプとしての補助が最大の特徴といえるでしょう。

「ひこうタイプ」単体でみると……

しかし、単体でみるとどうしても安定した主力技に欠けるというのが微妙に思えてしまいます。飛行単体のポケモンがそもそもトルネロスしか存在しないというのも一つの要因なのでしょう。

絶対にもともとが飛行タイプの技を主力として扱わなければならないというのはノーマルとの複合組ぐらいで他は基本的に複合しているほうの技を主力として運用します

これは「ひこうタイプ」の主力技の選択肢が少ないというのが原因だと思われますから、飛行タイプとして活躍させる場合、如何に大火力の「ブレイブバード」と「ぼうふう」を叩き込めるかが鍵となります。

ひこうタイプのポケモンの総評

「ひこう」とは他のタイプとは異なり主役ではないことも非常に多いです。

しかし、主役ではない脇役だからこそ常に舞台の上に立つことができるタイプでもあります。

パーティで「じめん」や「かくとう」が辛いけど他のタイプも入れたいというとき……ひこうタイプは強い味方になってくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。