【サンムーン】ゴーストタイプのポケモンの使い方と活躍傾向

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。

ここではゴーストタイプのポケモンたちの使い方を緩く紹介していきます。

「シャンデラ」「ギルガルド」「メガゲンガー」という優秀なアタッカーが存在するのでイメージしにくいかもしれませんが、ゴーストタイプのポケモンは基本的に正面戦闘には向いていません
攻撃技の性能もあまり高くありませんし全タイプの中で最も搦め手に特化したタイプだといえるでしょう。
そんなゴーストタイプの強みと弱点について本記事ではその傾向を紹介したいと思います

神出鬼没に搦め手を使って相手を弱体化させろ!

ゴーストというだけであってこのタイプは補助技が非常に豊富。

「おにび」「さいみんじゅつ」「かなしばり」「いたみわけ」は標準搭載と言ってよいほどに覚えることができ、見た目の種族値以上に耐久戦が得意なタイプです。
この標準搭載された状態異常から「たたりめ」に繋ぐことで超火力を出したりと採用する場合はコンボを前提とするのがよいでしょう。

低い技性能をどう補う?

最初に上げた3匹のポケモンはアタッカーとしての評価も高いですが、これは「特攻」そのものの高さで補ったもの。
技性能そのものは主力となる特殊技は「シャドーボール」の威力80命中100。
物理は「シャドークロー」の威力70命中100。

主力技の威力が90の他タイプやデメリット持ちであるとはいえ120や130が並ぶ中では貧弱と言わざるを得ません。

しかし前述した「たたりめ」は相手が状態異常であれば威力130のデメリット無しとして使える強力な技!さらに物理にも1ターン溜める前提ではあるもののあらゆる守りを貫通する威力100で必中の「ゴーストダイブ」が存在!

上手く状況を選んで技性能を補うことが大事なタイプです。

ゴーストタイプのポケモンの総評

扱いにやや癖があるトリッキーな耐久型のタイプです。

単純な耐久戦にはもう飽きた!補助技を駆使してパーティを守り抜きたい!そんな渇望を満たしてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。