【サンムーン】みずタイプのポケモンの使い方と活躍傾向

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。

ここではみずタイプのポケモンたちの使い方を緩く紹介していきます。

水タイプのポケモンは非常に多く存在しているだけあってその技の種類や特性の数はナンバー1候補

本来水タイプに相性が悪い電気タイプの複合である「ウォッシュロトム」や「ランターン」草タイプの複合である「ルンパッパ」などなどその幅は非常に広いです。

御三家の一角も擁する彼らの強みと弱点について本記事ではその傾向を紹介したいと思います。

その対応範囲の広く、深きこと海の如し!

水タイプといえばやはり幅の広さ!

非常に多くのタイプと複合を持つだけあって水タイプはありとあらゆる相手に対応ができます。

技と特性も補助から攻撃重視まで本当にありとあらゆるものを揃い踏み!

何ができるかを語るより、逆になにができないかを語るほうが楽なほど。

フィールドの状態を「あめ」にすることで水タイプの技威力を1.5倍にすれば、雨状態で素早さを2倍にする特性「すいすい」を持つキングドラが絶対的なエースとして君臨!
通常時ではギャラドスやスイクンが耐久型として活躍可能で、やや威力は低いものの汎用技「ねっとう」はなんと水タイプであるのに30%でやけどの追加効果を発生させるという炎タイプのお株を奪う超強力な効果を持っています。

こおりタイプの技である「れいとうビーム」もほぼすべての水タイプに標準搭載されておりなんでもできることが水タイプ最大の強みとなっています。

弱点は、まさかのほとんど無し!?

草タイプや電気タイプに弱いというのはあるものの、それ以外に技の安定性に欠けるなどタイプ特有の弱点というのはほとんどありません

強いて言うならば物理水技が一部のポケモンしか使えない「クラブハンマー」等を除けば「たきのぼり」の威力80止まりである点と、一発のある「ハイドロポンプ」に追加効果がない点ぐらいでしょうか?
しかし特殊方面は先の「ねっとう」に始まり相手範囲技でダブルバトルで活躍する「だくりゅう」。

瞬間火力では残りHPによって変動するものの最大威力150の「しおふき」等選び放題で全タイプでも屈指の有力な性能を誇っています。

みずタイプのポケモンの総評

攻防一帯の非常に優れたタイプです。

特にギャラドスを初めとした優秀なみずポケモンたちはまだまだ対戦になれていないという人のための強い味方。
非常に育成しやすいことも特徴の一つなので、今からポケモンを始めるという人は育ててはどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。