【ウルトラサンムーン】発売直後のバトルエージェント攻略

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。

バトルエージェントとは?

フェスサークルの場内で行うことができるコンテンツ、マーマネの試練を突破後に解放される。

このバトルエージェントにはグレードがありこのグレードを上げていくことが目的となる。

1つのグレードを勝ち抜くごとにフェスコインが200(最低値?)+15×グレード数(?)のフェスコインが貰える。

フェスコインはそれを消費することで育成を有利に進めることができる、やり込み勢ならば必須のアイテム。

さらにグレードが上がるごとに不思議な飴を貰うことができ、グレード10になった時はボスが出現し勝利することで金の王冠も入手できる。

 

なおこれは現時点(2017年11月19日)での攻略である。

 

バトルエージェントの仕様

バトルエージェントでは自分のパーティではなくレンタルポケモンを使うことになる。

このポケモンたちが過去の類似コンテンツ、バトルファクトリーと同じ感覚では考えられないほどに強力。

正直ガチプレイヤーの育成ポケモンと変わらないクラスの物も存在する。

例)臆病5Vボルトロス臆病CS@拘り眼鏡 10万ボルト/悪の波動/草結び/気合玉

なおこのポケモンはグレード0の初期段階からレンタルすることができる

自分がレンタルポケモンもこのクラスの物が存在する。引きによっては自分のポケモンが非常に弱いということも発生するがこのレンタルポケモンが強いので序盤で詰みはそうそう発生しない。

バトルエージェントの攻略

ならばバトルエージェントなんて簡単だろうと思う人もいるかと思うが流石にそこまで甘い要素ではない。

このレンタルするポケモンは「自分のもの」と「仲間のもの」の2種類が存在し、自分のもの1匹と仲間のもの2匹でパーティを組むことになる。

グレードが上がると共に自分のレンタルするポケモン及び、対戦相手のポケモンのレベルが上昇する。

この時仲間のポケモンのレベルは上昇しない。

つまり自分のグレードが1の時自分のレンタルするポケモンと対戦相手のレベルは51だが、レンタルするポケモンのレベルは50となってしまうのだ。

 

おいおいそれでは攻略できないじゃないかと思った方はカンがよい。当然高い仲間をレンタルする方法もある。

それはその仲間のグレードが高い人のポケモンを誘うことだ。

ここでいう「仲間」とはローカルやインターネット通信で知り合ったりすれ違った人々を指す。

彼らがグレード1なら彼らのポケモンのレべルは51となる。

 

よってバトルエージェントを攻略するためにはレベルの高い仲間を得るために、グレードの高いプレイヤーとフレンド登録をし、VIP待遇で迎えることが重要になる。

なおどうやら先方がオンライン状態でなければ仲間として使えないため、友達となって時間を合わせて遊ぶことが重要なようである(相手はレート戦とかでも多分可、要検証)。

 

また自分の先発は可能な限り対応範囲の広い最高戦力としておくのが望ましい。

同時メガや同時Zは使えないが同時襷や眼鏡は問題なくできるのでアイテム重複に気を使う必要はあまりない。

仲間レンタルポケモンとして提示されるものは直前にそのプレイヤー本人がレンタルしているポケモンとなるのでチームプレイも重要なのかもしれない。

 

バトルエージェントの問題(現時点)

それめっちゃ大変じゃん!と思った方もいると思うがその通りである。

この記事制作時点ですれちがい通信で出会える仲間は発売直後なのものありレベル50ばかり、現在筆者のグレードは13で対戦ポケモンのレベルは63。レベル差13の戦いを強いられている。辛い。

レベル50でも活躍できる襷我武者羅電光石火ムクホーク等も存在するにはするがそれでも辛い。

初手に出すポケモンは自分のポケモンで固定なため初手で不利を取った瞬間襷ムクホークを出すまでに1匹を生贄に捧げなければならず、ムクホークは次の攻撃で必ず落とされる。

自分のポケモンで2匹倒せなければゲームオーバーと言うことになる。

戦略次第で一応打開できないこともないがこうなってしまえば難易度は非常に高い。

場合によっては最初に提示されるポケモン全てが特定のポケモンに弱いということもあり得るのだ。

何やら取引所なるそのポケモンたちを交換する施設もあるらしいのだが現在の状況でこうなってしまえば打開のしようがない。

強い人が仲間に出てくるまで待つしかなくなってしまうわけだ。

 

なお、恐らく今慌てて攻略しよう!なんて先走らないならば周りのグレードも上がるから問題はない。

周りのグレードが低いと弱いポケモンしか使えないということは、つまり周りのグレードが高ければ強力なポケモンを使えるということである。

 

感想(現時点)

とりあえず現時点ではレベル差が凄まじいので高難易度コンテンツ。

やり応えがあり、大きなレベル差をどうやって覆すかの戦略的な楽しみがある。

 

著者はグレード12のレベル62プテラによる岩雪崩連打で自分の全てレンタルポケモンが2確で先手を取られさらに、こちらからは落とせる未来がほとんど見えないと詰みかけたものの

レベル50自陣過剰ズルズキン@チイラ 猫騙し/気合パンチ/身代わり/ビルドアップ等と言う嫌がらせか何かと疑いたくなる仲間と共にそのプテラの攻撃技が推定岩雪崩しかないことを付いて突破。

さらにその取り巻きに対抗するためレベル50雪隠れアローラキュウコン@コオリZ オーロラベール/催眠術/夢喰い/吹雪というこれまた嫌がらせにしか思えないポケモンを組み合わせ奇跡的にそのグレードを打開した。

明らかに活躍しないだろというポケモンがレベル差がありすぎるせいで逆に可能性を見出され、一点突破を図るという楽しみは恐らく今しか楽しめないかもしれない  。

(あとグレード10以前は1戦1戦パーティを組み替えだがそこを超えるとグレードを上げるのに複数勝たなくてはならないため同グレードに上記ポケモンを引き継ぐことになるが、安易におさらばだぜと調子に乗るとこいつらじゃないと勝てない可能性があるということで一度は一点突破型のポケモンで調査をすることになる。地味に手間。)

レベル差が将来的に埋まればみんなそっちをつかうだろうしな!

高難易度や新たな可能性を見てみたい人には今こそお勧めのコンテンツである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。