【ポケモンサンムーン・ダブルバトル】GWに外来種と行くバスラオ軸アローラ観光の旅

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。

GWに外来種と行くバスラオ軸アローラ観光の旅

バスラオを釣ろう!

【ポケモンサンムーン】有意義なGWを過ごすためにバスラオを釣りたかった

2017.05.02

前回バスラオの強さにたどり着いた著者はアップデート内でバスラオの副産物を持っていないか確認したのだが……

まあ、誰も持っていなかった。

 

仕方がないので他の知人にお願いしなんとかバスラオを入手した。

ちなみにこの過程で野生から準備しようとするとバスラオはアローラどころかホウエンにも生息していないことが発覚。

どうやら著者は外来種をアローラに持ち込んでしまったらしい。

元々はバスラオを釣ることで有意義なGWを過ごし善行を積む筈だったのにどうしてこうなったのだろう。

構築紹介

まずはざっくりとバスラオと愉快な仲間たちを紹介する。

バスラオを使うからにはバスラオにとって住みよい環境作りが重要だ。

バスラオ

持ち物 拘りスカーフ 特性 適応力
性格 臆病 配分 H252 C4 S252
技 いのちがけ/みずびたし/ねっとう/れいとうビーム

本来アローラ地方には生息していない外来種、著者が持ち込んでしまった。

現実よろしく問題となるほどに大繁殖してしまうかは彼の実力にかかっている。

イッシュからやってきてアローラ地方を観光中にウルトラスペースからやってきたカミツルギくんと親友になる。

命を懸けたり水遊びをしたり全力で彼らはアローラを満喫している。

いのちがけで同じくHP種族値70でカプシリーズを即死させることができポリゴンZやテテフを上回るS98。

素早さ100の命がけであるムクホークと比較した場合みずびたしの存在以外にも氷打点によるボーマンダ耐性も差の一つ。

熱湯は適応力の存在で特攻実値101ではあるが最低限の火力を確保している。

 

カミツルギ

持ち物 草Z 特性 ビーストブースト
性格 陽気 配分 H20 A92 B4 D140 S252
技 リーフブレード/スマートホーン/つじぎり/みきり

バスラオと組んで環境を切り裂く神剣オリガミ。

バスラオとは同じく元々アローラ地方には生息していない外来種仲間。

アローラ地方を楽しく観光中に出会ったギルガルドやヒードラン、サンダーを容赦なく切り捨てる。

みずびたしからのブルームシャインエクストラを耐える存在などこの世には存在しないと言ってもよい。

バスラオがいのちをかけた隣にブルームシャインエクストラをぶっ放すことで相手の盤面を初手で崩壊させる。

彼らの固い絆の前に切り裂けぬものはいない。

 

カプ・コケコ

持ち物 命の玉 特性 エレキメイカー
性格 臆病 配分 H4 C252 S252
技 10万ボルト/マジカルシャイン/めざめるパワー地/まもる

バスラオとカミツルギの友情を見守るアローラの雷の神。

奮戦むなしく彼らが倒れた後に降臨し、バスラオの残した水浸しに10万ボルトを叩き込む。

地面タイプを先に水タイプにしておけば基本的に相手は10万ボルトを受けられない。

アローラの守り神であるカプ・コケコが見守っているから外来種が繁殖して大暴れしてても問題ないでしょ(適当)

 

ボーマンダ

持ち物 ボーマンダナイト 特性 いかく → スカイスキン
性格 臆病 配分 H252 C4 S252
技 ハイパーボイス/だいもんじ/はねやすめ/まもる

 

切り刻まれた相手に止めを刺す最強絶対のフィニッシャー。

カミツルギとカプ・コケコの存在でこんな配分技構成でもミロカロスが一切怖くない。

スキンハイパーボイスの威力は心もとないがそれまでに削っておけば持ち前の耐久力で浮沈要塞と化す。

 

ポリゴン2

持ち物 しんかのきせき 特性 トレース
性格 ずぶとい 配分 H252 B252 D4
技 トライアタック/シャドーボール/じこさいせい/トリックルーム

 

バスラオが命を懸けた直後に出てきてトリックルームを確実に決める電脳戦士。

初手いのちがけとブルームシャインでボロボロとなった相手ではポリゴン2を止める手段など存在しない。

 

ギガイアス

持ち物 じゃくてんほけん 特性 すなおこし
性格 ゆうかん 配分 H252 A252 D4
技 いわなだれ/ストーンエッジ/ワイドガード/まもる

 

トリックルーム下で暴れるアローラバンギラス。

本来トリックルーム中に1匹で試合を決めるほどのパワーは持っていないが、バスラオとカミツルギの友情タッグにより相手の場は崩壊寸前。

トリックルームをフルに使い2匹で詰めればそれでゲームエンドまで持ち込める。

選出

いくつか選出パターンが存在するのでそれを紹介する。

狙っていきたい動きは前の記事を参考に。

【ポケモンサンムーン】有意義なGWを過ごすためにバスラオを釣りたかった

2017.05.02

基本選出 汎用

バスラオ&カミツルギ + カプ・コケコ&ボーマンダ

ほとんどの場合はこの選出でよい。

絆パワーで命を懸けて殴ってれば勝てる。

基本選出 対トリル 対極端に速い

バスラオ&カミツルギ + ポリゴン2&ギガイアス

トリックルーム使いだったり極端に速いのが相手の場合に使う。

ギガイアスにうまくすべてのトリルターンを回したい。

再戦時選出

バスラオ&メガボーマンダ + カミツルギ&カプ・コケコ

命がけとスキンハイボで初手から崩すメガボーマンダ軸の選出。

基本的にはあまりしないが再戦時に使うと思ったより刺さってくれる。

メガボーマンダの威嚇からカミツルギを出すのが案外固いため最低限の交換戦にも対応。

対天候・ギミック特殊選出

バスラオ&カミツルギ + メガボーマンダ + ギガイアスorポリゴン2

ギガイアス&バスラオ + ポリゴン2 + メガボーマンダorカプ・コケコorカミツルギ

ギガイアス + メガボーマンダorカプ・コケコ + カミツルギ&ポリゴン2

 

色々。

状況に応じて使い分けようといいつつも正直あんまり使わないので覚える必要はない。

2種類の基本選出と再戦時に対応するためのメガボーマンダ選出を覚えればよい。

 

 

改善

ポリゴン2の枠がまだどうにもしっくりとこない。

盤面を荒らした後はよいのだが不利な時の切り返しを任せると徴発を受けまくる。

それに加えてバスラオが予想以上に猫だましを受ける。

よくわからないポケモンはとりあえず即死させようという文化のせいだろうか……

 

そこで猫だましを防げてポリゴン2よりも強いポケモンとしてカプ・テテフを採用することとした。

これによりトリルパターンの切り返しと基本選出の1つを失ったがカプ・テテフの採用で猫騙しを使われにくくなったことでそもそも不利になるという盤面の発生そのもの抑えることに成功する。

 

採用したカプ・テテフは有利な場面からより有利な状況を作り出すために

臆病な性格で拘り眼鏡を持たせ、サイコキネシスサイコショックマジカルシャインムーンフォースマジカルシャインと言うエスパーフェアリー技2種類をそれぞれ採用したものとした。

 

結果

150戦ほどバスラオとともにアローラレートの海を泳ぎ続け最高レートは1805、平均レートは1730前後と言ったところだった。

バスラオは非常に強いのだが思ったよりも勝てなかった。

原因は明らかで初手の基本となる動きは単体攻撃×2でありここでアドを稼ぎきることが勝ちの条件となっているからだ。

よって勝率が全く安定しない。

初手の択を当てている間は信じられないほど無双するが負け始めると信じられないほど負け続ける。

特に現在の再戦が多いダブルではなおさら。初見殺しされた相手が別の選択肢をとってくるともう何が何だかわからない。

相手がバスラオ殺す選出で猫騙し不意打ちをバスラオに向かって奮い続けたりこちらがバスラオをそもそも選出しなかったり。

外来種に翻弄される現実かのような混沌としたバトルを楽しむことができた。

QRとBV

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-C2BB-4C34

これがバスラオ最終版のQRコードです。

皆さんも是非バスラオに挑戦をしてみてください。

 

参考となるバトルビデオはこちら

 

FNGG-WWWW-WWW6-R2NL

VSガルーラスタン

理想的な動き。というか理想的に決まりすぎたパターン。

お互い理解不能の動きをしているように見えるがこれは再戦3度目(のはず)。
NBSG-WWWW-WWW6-R2NY
VSガルーラスタン

理想的な動き。基本的にはこんな感じでの戦いを意識する。

相手の初手の動きが再戦なのと後続にテテフが存在するため。

 

5BKW-WWWW-WWW6-R2WK

VSガルーラスタン

命がけと水浸しのどっちもできなければ使い物にならないんじゃないの?という人のために

 

7X7W-WWWW-WWW6-R22B

VS雨

命を懸けて相手のコケコを吹っ飛ばすバスラオくんの勇姿

 

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・サンムーン】QRレンタルチーム一覧

2017.08.14

APPDATEで公開されたQRチーム一覧はこちらから。

レート2000超えの構築からレート1200代の闇構築まで幅広く取り揃えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。