【サンムーン・WCSダブル】手助けZスタンダード(WCSレート1982)

ABOUTこの記事をかいた人

tofu

今は亡きシューターとトリプルが好きな人。 一応、総合勢です。鋼の身体とメンタルを持つ武闘派の豆腐らしい。

構成

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ガブリアス こだわりスカーフ ドラゴンクロー どくづき じしん いわなだれ さめはだ
カプ・コケコ でんきz 10まんボルト マジカルシャイン どくどく まもる エレキメイカー
ウインディ サイコシード フレアドライブ じならし てだすけ まもる いかく
カプ・テテフ エスパーz サイコキネシス ムーンフォース 10まんボルト まもる サイコメイカー
ギガイアス じゃくてんほけん いわなだれ じしん ワイドガード まもる すなおこし
テッカグヤ たべのこし ヘビーボンバー かえんほうしゃ やどりぎのたね まもる ビーストブースト

構築に至る経緯

○○シードの可能性を見出すために作成した構築となります。シーズン1の終盤~シーズン2前半でフワライドやバルジーナといった主に場を整えるためにサポートを重視したポケモンがこれらのアイテムをもった型が増えてきたためこれらのポケモン以外で汎用性がある枠で使えそうな奴を探していた際にウインディが条件にあてはまったのでそこから構築。

採用順はウインディ→カプ・テテフ→ガブリアス→テッカグヤ→ギガイアス→カプ・コケコ

ポケモンの個別紹介

カプ・コケコ

性格 おくびょう
努力値 HP4 特攻252 素早さ252
実数値 146-×-105-147-95-200
特性 エレキメイカー

てだすけ電気z10まんボルトで160-135までのカプ・テテフが確定1発(控えめなら177-135まで確定1発)
てだすけフィールド電気z10まんボルトで171-95までのカプ・コケコ確定1発

ガブリアスの障害となるテッカグヤに比較的強い枠。
カプ・テテフが選出しにくい時に選出する枠。
雨相手に初手で投げた際に一撃で上から落とされないようにきあいのタスキで最初は使用していたのだが発動機会が少なくギガイアスと一緒に先発させれば襷でなくとも雨相手には問題ないことから火力不足が響いてくることが多かったため選出パターンから構築を見直してた際にカプ・テテフと一緒に選出する機会がそこまでなく一緒に選出してる時に受け回しが全くきかなくなるため一方的にボコられて勝率があまりよくならないということに気がついたためカプ・テテフであまり相手にしたくないカプ・レヒレ入りに強く出れる電気zで採用。
耐久対策にギガイアスに構築初期は毒を入れていたがギガイアスの素早さが遅く選出回数もそこまで多くないことから必要性が薄いと感じたためこいつに搭載することに 主に呼ぶカビゴンやトリトドン場合によってはバルジーナなどに入れていく
シーズン1の初期環境ではガラガラが大量繁殖していて扱いづらいと感じていたため個人的に評価があまり高くなかったのだがガラガラが環境からほぼ消え微妙に足りない火力を手助けウインディを組み合わせることによって解消できるようになったため評価が少し上がった。

どくどくの枠はあまり納得がいってないため挑発のがいいかもしれない。

ガブリアス

性格 ようき
努力値 攻撃252 防御4 素早さ252
実数値 183-182-116-×-105-169
特性 さめはだ

てだすけどくづきで158-105までのカプ・コケコが確定1発
てだすけドラゴンクローで215-115ガブリアスが確定1発
てだすけとの相性がよいフィニッシャー、削りと詰めをどちらともそつなくこなす。
自分のテッカグヤの障害となるカプ・コケコやウインディ、カプ・テテフとウインディの障害であるウツロイドを処理していく枠であり終盤の掃除役として採用。
ウインディに後出しすることが多いことやカミツルギの襷潰しなどギガイアスと一緒に出すことがほぼないないため砂がくれではなく鮫肌で採用。
味方全員に守るがあるため地震も比較的打ちやすい。

カプ・テテフ

性格 おくびょう
努力値 HP92 特攻164 素早さ252
実数値 157-×-95-171-135-161

特性 サイコメイカー

A-1のA233スマートホーン確定耐え
A-1のA182ガブリアスのzじしんを確定耐え
C147ダブルダメージいのちのたまマジカルシャイン+C147いのちのたま10まんボルト(エレキフィールドなし)を確定耐え
C179ヘドロ爆弾を87.5%で耐え
サイコフィールドzサイコキネシスで197-128までの等倍で入るポケモンは確定1発
フィールド+手助けzサイコキネシスで254-149までの等倍で入るポケモンを確定1発

カプ・テテフは基本的に繰り出し性能がないため基本的に先発で1匹+αを持っていって後続の圏内にいれて退場してもらうのが理想だと考えている。
サイクル向きのポケモンではないため残数優位がとれるまではなるべく引かずにとにかく対面で殴っていく。
拘りスカーフで上から殴るもしくは強化アイテムでカプ・テテフより遅いポケモンに対して上から超火力で圧力をかけていく対面重視の使い方が望ましいと考えていて今回はガブリアスにスカーフを持たせたかったためカプ・テテフには拘りスカーフではなく強化アイテムで相手を崩していく方針に。
何を持たせるか考えた際に命の珠は火力は申し分ないが上からの攻撃をギリギリ耐えた後に反動で落ちてしまい数の優位をとれない点が気になり没、プレートではフィールドを取られた際の火力不足が深刻で拘り眼鏡ではじならしとの相性が悪く打ち分けが出来ず立ち回りの幅が狭くなると考え没。
基本的に1回の攻撃しか耐える耐久しかないため瞬間的に強引な火力を押し付けるエスパーzでの採用が望ましいと感じエスパーzでの採用。
sを下げて火力と耐久を上げるよりミラーやウインディを相手にした際に早い方が立ち回りを組みやすいため遅くすると上からの被弾回数が多くなり出落ちが逆に増えると思っているため最速で採用。
構築を考えていた初期はカプ・テテフにスカーフを持たせて上から1匹ずつ頭数を減らすことを考えていたがフィールドが取れず耐久系に受け回されると苦戦する点で窮屈な点が目立ったためじしんの一貫がとりやすく範囲打点のあるガブリアスにスカーフを持たせてテテフで場を荒らした後にガブリアスで複数縛ってもらうプランの方が立ち回りが立ち回りやすかったこともある。
10万ボルトではなくマジカルシャインで使用していた時期もあったが火力が中途半端で後続の圏内に入れるような立ち回りがなかったので対面でテッカグヤやギャラドスを処理しやすくなる10万ボルトへ変更。
カプ・テテフの挑発は後手に回ることが多くなる技だと考えているため不採用。

ウツロイドがフィールド込みのサイコキネシスで落ちなかったりするので何かしらで削りを入れた方がいい。

ウインディ


性格 いじっぱり
努力値 HP204 攻撃116 防御4 特防12 素早さ172
実数値 191-159-101-×-102-137

特性 いかく
シードが発動していない状態でc147いのちのたまフィールド10まんボルトを確定耐え。
シード発動時c161エレキフィールドz10まんボルト確定耐え。
カプ・テテフのフィールド+z技は基本的に耐えれないためAかSを削ってD方面に振ったほうがいいかもしれません。
他のポケモンの立ち回りの幅を広げる構成で採用。
シーズン1で〇〇シードバルジーナが出てきた際にチョッキの耐久をしたウインディが守れたり手助けできたら強いだろうと思っていたのでそこから構築。
pt全体でウツロイドが少し苦しいのと初手で不利対面になった際のs操作で多少切り返しができる技が欲しかったため地ならしを採用。
サイコシードの恩恵を受けるパターンはあまり実際のところ少なかったがチョッキと違って守りたい場面で守れる点や手助けによってガブリアスとカプ・テテフが早い段階で強引な崩しをすることが可能となっているため早い段階で数の優位をとりやすく詰ませるパターンを考えやすくする。

配分に関してはもっといいのがありそうなのて考え直す必要性があると思います。

ギガイアス

性格 ゆうかん *S個体値0
努力値 HP244 攻撃252 防御4 特防12
実数値 191-205-151-×-102(153)-27
特性 すなおこし

対天候やトリパ対策枠。
弱点技の被弾率が多いため圧力をかけていく弱点保険での採用だがPTにトリックルームがないため鈍足ゆえに選出した際に相手がトリックルーム選出をしなかった際に足手まといになることが多く考えなおす必要性がある枠
ウインディの地ならしと合わせて強引に保険を発動させていくプランも一応ある。

テッカグヤ

性格 ようき
努力値 HP228 攻撃28 素早さ252
実数値 201-125-123-114-121-124
特性 ビーストブースト

耐久よりも詰めれる相手を増やすためにsを重視することにした。
基本的にカプ・テテフのエスパーzで相手のポケモンを1匹持って行ってから展開させる。
ニトロチャージでは火力面や呪いカビゴン相手で弊害があったのでかえんほうしゃに。

立ち回りとしてはカプ・テテフかカプ・コケコのどちらかをウインディの手助けで強化しz技で強引に1匹落とし後発のガブリアスの地震の一貫性を作るかテッカグヤの障害を落として詰めるかのどちらかを理想としている。

戦績

wcsレート1982。瞬間ではありますが最高6位でした。

INCは30戦で1820くらいでした(勝ち確定でエラーをだしてからそこから溶かしましたが

最後に

構築の弱い部分として手助けzで落ちないポケモンがくると厄介であり、守るに弱いのが難点でS操作系の構築にあまり強くなく再戦などで知られていると苦しい場面が増えあまり勝てなくなったため公開しました。

バルジーナやフワライド入りにはかなりまけたのでもう少しS操作できたりする駒がいればよかったなともおもいました。初手のz技が決まり1体落としてしまえば8割型勝てますがそうでない場合の勝率がそこまでよくなかったので全体的に考え直す必要性がありそうです。

何かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です