【サンムーン】メガクレセリア どくびしを添えて 【S5シングル使用構築】

ABOUTこの記事をかいた人

らちゅ

始めに

はじめまして、らちゅと申します。

始めて記事を書きました。お見苦しい点があると思いますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

※この記事はSMシーズン5シングルレートの記事となります。

 

レートと戦績

最高レート1839

最終レート1693

43勝37敗

 

構築に至るまで

みなさんは「ねむねご」と呼ばれる戦術をご存じでしょうか?

その名の通り回復ソースの「ねむる」と相性の良い「ねごと」を組み合わせた戦術で、ほとんどのポケモンが使用可能です。

技のねむるでのねむり状態は固定で2ターンなので、相手の攻撃を確定4発以上に出来れば受けきることが可能です。

また、居座るタイプの耐久戦術でありながらどくどく等の各状態異常に強いのも特徴です。

サンムーン環境になり、カプシリーズのフィールド効果やZ技の登場によりなかなかとりにくい戦法となってしまいました。

そこでクレセリアの出番です!

物理特殊共にトップクラスの超耐久、エスパー単タイプによる弱点の少なさ、特性ふゆうによりフィールド下でも眠れる。

まるでねむねごをするために生まれてきたかのようなポケモンですね!!!!

ということで、ねむねごクレセリアを軸にパーティを組んでみました。

ポケモン紹介

ゲッコウガ

持ち物:きあいのタスキ
特性:げきりゅう
性格:おくびょう
努力値:B252 S252 C4
実数値:147-x-119-124-91-191
技:なみのり/ちょうはつ/どくどく/どくびし

クレセリアを補佐するためのどくまき役。

行動回数を増やすために最速&タスキ持ち。

みず/あくタイプは先制技耐性が強く、いたずらごころの仕様変更もあって特性はげきりゅうを選択。
Bに努力値を振り切ることで、特化マンムーのじしん+つぶても確定で耐えるようになります。

げきりゅうを生かすために攻撃技はなみのりを選択。筆者は命中安定病なのでハイドロポンプは不採用です。

どくどくを1回も外さなかった超優秀個体。

クレセリア

持ち物:アッキのみ
特性:ふゆう
性格:ずぶとい
努力値:H252 B252 D4
実数値:227-x-189-95-151-105
技:ムーンフォース/めいそう/ねむる/ねごと

この構築のエース。オバケ耐久でのねむねごで相手をハメていきます。

HBに特化させアッキの実を食べる(B1段階上昇)ことで特化メガボーマンダのすてみタックルを確定4発に抑え、ねむねごで完全に受けきることが出来るようになります。

アッキを発動させた上でめいそうを積んだクレセリアは化け物そのもの。まさにメガクレセリアです。

特性ふゆうのお陰で、カプシリーズもめいそうねむねごの起点に出来ます。

攻撃技はメジャーなメガ枠への安定した打点となるムーンフォースを採用。PPが多く追加効果も優秀。

ねごとで状況に合った技をよく引いてくれた優秀個体。

化身ボルトロス

持ち物:たべのこし
特性:いたずらごころ
性格:おくびょう
努力値:H52 C204 S252
実数値:161-x-90-171-100-179
技:10まんボルト/わるだくみ/まもる/みがわり

クレセリアの負担を減らすためのまもみが要員。

みがわりの回数を増やすためにH16n+1でたべのこし持ち。

耐久を厚くしてもみがわりを残せないと思ったので最速にし、残りをCに振り切り。

抜きエースとしての役割もあるのでわるだくみを採用したが、どくびしが通らない+電気無効のポケモン(ランドロスや霊獣ボルトロス等々…)相手に何も出来なくなってしまったのでどくどくやサブウェポンを採用するのも有り。

カバルドン

持ち物:さらさらいわ
特性:すなおこし
性格:わんぱく
努力値:A252 B252 D4
実数値:183-164-187-x-93-67
技:じしん/がんせきふうじ/こおりキバ/あくび

裏選出要員その1。

砂を撒くのが仕事なので持ち物はさらさらいわ&再生技無し。

みがわりの起点にされないようHBではなくAB特化。

雑に扱って裏のドリュウズに繋げる。

ドリュウズ

持ち物:ジメンZ
特性:すなかき
性格:ようき
努力値:A252 S252 B4
実数値:185-187-81-x-85-154
技:アイアンヘッド/じしん/いわなだれ/つるぎのまい

裏選出要員その2。

砂下で上から殴って怯ませる。

バンク解禁直後は砂パが流行っており、ミラー意識の最速個体で育成した。

その流用個体だが、今シーズンは砂パをまったく見なかったので意地っ張りで耐久調整をするのが良かったのかもしれない。

メガリザードンY

持ち物:リザードンナイトY
特性:もうか→ひでり
性格:おくびょう
努力値:C252 S252 B4
実数値:153-x-99-211-135-167
技:かえんほうしゃ/ソーラービーム/エアスラッシュ/きあいだま

裏選出要員その3。

カバルドンと相性の良いリザードンYを採用。

配分は思考停止最速CSぶっぱ。

かえんほうしゃ、ソーラービームは確定。
バシャーモへの打点や怯みが期待出来るエアスラッシュ、バンギラスやヒードランへの打点になるきあいだまを採用。

ただ、バンギラスやヒードランにはカバルドン、ドリュウズが強いのできあいだまではなくみがわりやめざめるパワーの方が良かったかもしれない。

選出

選出は2通りしかありません。

基本はゲッコウガ+クレセリア+ボルトロス。

はがね、どくタイプが多かったりどくびしが通っていなければカバルドン+ドリュウズ+リザードンです。

 

立ち回り

表選出ゲッコウガ+クレセリア+ボルトロスの場合

理想の動きはゲッコウガでどくびしを撒き、死に際にちょうはつを打ってクレセリアに繋ぎめいそうねむねごを始動します。

すると相手はクレセリアを倒せずどくで倒れていきます。ボルトロスは保険です。

ゲッコウガは、クッションやZ技空かしとして利用出来るので残せるならば残したほうが良いです。

この選出はつるぎのまい持ちミミッキュ、ギルガルドがとても重いです。

ミミッキュの処理ルートは毒状態にしてボルトロスでまもみがしかありません。
なので、クレセリアを見てミミッキュが出てきたらつるぎのまい願望でボルトロスに交代しましょう。
その後もZ技警戒でみがわりから入りましょう。

他の場面でもよくまもる読みの行動をされるので、みがわりは多めにするとアドが取れます。

ギルガルドはゲッコウガでちょうはつやボルトロスのまもみがで対処しましょう。

りゅうのまいを積んでくるメガ枠は、めいそう1積みで殴っていきます。
相手はほぼ1舞で攻撃してくるので、アッキ発動からのねむねごで体感6割勝てます。

どくタイプでどくびしを回収され耐久ポケモンが出てきても、ねむる状態でねごとを選択しなければPP勝負に持ち込んで勝てます。

 

裏選出カバルドン+ドリュウズ+リザードンの場合

どくびし+クレセリアの通りが悪い時に選出します。

表裏両方の選出が刺さっていない時もこちらを選出します。

確定1発をとれない場合はとにかく怯みを狙いましょう。

使用感

テンプレ偽装のためにメジャーポケモンを採用したのが良かったのか、初見殺しが上手く機能しました。

ゲッコウガの起点作り性能が高かったのと、とにかくクレセリアの耐久が頭おかしくて楽しかったです。なにしろ、特化メガボーマンダの捨て身で3割前後しか削れませんからね…。

タイプ上は圧倒的に不利なメガバンギラスも、かみくだく不採用個体が多くクレセリアで何度も突破出来ました。

メガゲンガーやゲッコウガも、シャドーボールやあくのはどうで追加効果を引かなければ勝てます。

オニゴーリ、受けループ、対面構築にはとても強いのですが、ラティオス+ハッサム、サザンドラ+ギルガルド、クレセリア+ヒードラン、ボルトロス+ランドロスなどの有名なサイクルはどくびしが入らず厳しかったです。

      
(浮いているポケモン+鋼、もしくは2匹とも浮いている組み合わせ)

クチートやヘラクロスのトリックルームパーティも、怯ませてトリルを阻止出来なければボコボコにされます。

ミミッキュが辛く裏選出は色々なポケモンを試しましたが、結局は一周してリザカバドリに戻ってきました。

はやくミミッキュを弱体化してください。

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ねむねごはとても楽しい運ゲーなので、みなさんぜひ使ってみて下さい!

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・サンムーン】QRレンタルチーム一覧

2017.08.14

APPDATEで公開されたQRチーム一覧はこちらから。

レート2000超えの構築からレート1200代の闇構築まで幅広く取り揃えております。

2 件のコメント

  • どくびし撒くだけならケッコウガにする必要ありましたか?
    もっと他に適役がいる気がするのですが

    • ねむねごクレセリアの為のどくびし役は絶対ゲッコウガが最適!!とまでは言いませんが私はゲッコウガがとても使いやすかったです

      高い素早さでどくびし+ちょうはつが使える
      ゲッコウガは型が豊富で読まれにくく、一般的なアタッカー型を想定されるのでちょうはつを選択されづらい
      ゲッコウガを見て出てくるギャラドス、ポリゴン2、テッカグヤなどは起点にしやすい

      このへんがゲッコウガである必要性です
      他にもパルシェン、ペンドラー、メガスピアーなど試してみましたが、鋼をよびやすかったりちょうはつが使えなかったり耐久が足りなかったりで最終的にゲッコウガになりました

      対戦数が少なく私の考察不足で他に適任などくびし役がいる可能性は多いにあると感じます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。