【USUM・ダブル】完全セレナパ【ウルトラサンムーン】

ABOUTこの記事をかいた人

ちなみ

ゆるーくポケモンを楽しんでるいわゆるエンジョイ勢。ポケモン以外のゲームもやりまくってることがガチ勢になれない原因。

はじめに

はじめまして。ちなみです。アニメ「ポケットモンスターXY」のキャラクター、セレナのポケモンを入れたパーティでレート戦に挑んできたので、記事にしておこうと思います。

セレナとは

 

この少女だ。

アニメ「ポケットモンスターXY」で登場したヒロインであり、サトシ好意を抱いている。ポケモンのヒロインにあるまじき嫁力の高さで良くも悪くも熱狂的なファンを生み出した。最終回ではサトシあんなこと❤をしてしまい、大騒ぎになった。

(何をしたかはアニメ ポケットモンスターXYで確かめよう!)

ポケモンパフォーマーというポケモン世界のアイドル的存在を志しているため、手持ちのポケモンはバトル向きではなく、3匹しかいない。3匹ともかわいい。

構築の経緯

何を隠そう、私もセレナのファンである。「セレナの手持ちでレートで戦えるパーティを作ろう!」と思い立ったのが始まり。

セレナの手持ちは最終的にこの3匹(テールナーヤンチャムニンフィア)である。この3匹は確定で何がなんでも組み込む。しかし、3匹ではさすがに戦えないので、残り3匹を埋める必要がある。

1セレナファンとして、全く関係ないポケモンを組み込むわけにはいかないので、アニポケからセレナと関わりの深いポケモンを探す。

そして、2匹のポケモンを発見した。

ヤヤコマと…

サイホーンである。

この2匹はセレナの実家で飼われているポケモンであり、おそらく母親のサキがトレーナーだと思われる。長い間時を共にしたであろうこの2匹もセレナと関わりが深いポケモンとして採用して問題ないだろう。

さて、あと1匹、誰にしようか…

 

うーん…

 

色々悩んだ結果、

 

ピカチュウに決めた。

アニメ「ポケットモンスターXY」が放送された3年間一緒に旅をしてきたのだ。セレナとピカチュウのツーショットはたくさんあるし、トレーナーとしてセレナの指示でポケモンバトルしたことあるし、サトシのポケモンだし、ギリギリ採用可能と判断。

これでパーティ6匹が決まった。

勝ち筋を考える

今回は普通の構築と異なり、6匹決めた後に勝ち筋を探さなくてはならない。

ならないのだが…

 

こいつら、色々と足りない

数字だけ見ると相当に貧弱なメンツである(合計種族値2200程度)。その上進化前が多いため技も微妙に少ない。そんな中で、できる限り勝ちを拾っていかなければならない。

数字が足りないということを言い換えるなら、

  1. 素早さで負ける
  2. 火力が足りない
  3. 耐久は紙同然

ということである。この辺をどうにか補うしかない。

まず、「素早さで負ける」。これは解決する方法が明確で、ヤヤコマで先制おいかぜすればいい。しかも、ピカチュウねこだましとかでサポートもできる。これを軸に戦っていくことに決めた。

そして、「火力が足りない」。これは持ち物で無理やり補うしかない。幸い、ピカチュウでんきだまという最強火力増強アイテムを持てるため、火力に特化させて持ち物を持たせれば全体的な火力はそこそこ出せるようになった。

この二つをクリアできたなら、「耐久は紙同然」について考える必要はない。上をとって敵を倒し続ければ、理論上は被弾することはないのである。耐久力は貧弱なので、交代は余程のことがない限り考えない。死に出しして上から殴るのだ。

ようやく勝ち筋が見えた。

  • ピカチュウ等でサポートしつつ、ヤヤコマおいかぜ
  • 高火力ポケモンで上から殴り続ける。
  • 誰かやられたら死に出しして高火力で畳み掛ける

全ポケモン性格込みで火力にぶっぱ。サイホーンは残りH、その他は残りSにぶっぱ。

火力と素早さに全てを注ぎ込むことで一抹の勝ち筋を全力で掴みにいく。

構築

個別解説

 

ヤヤコマ

  

実数値:121-112-63-x-58-114

性格:いじっぱり

特性:はやてのつばさ

技:アクロバット/とんぼがえり/おいかぜ/まもる

持ち物:なし

この構築の鍵。とりあえずおいかぜしとく役。先制で撃てるので比較的安心しておいかぜできる。

おいかぜした後は倒されるなりとんぼがえりなりで速やかに退場。アクロバットが刺さる相手がいれば撃っていきたい。一応、無振りルンパッパくらいなら確定1発である。

ファイアローばかり使っている人間はわからないかもしれないが、こいつはブレイブバードフレアドライブも使えない。

故に攻撃技の選択肢は二つ。Zそらをとぶか、持ち物なしアクロバットか。私は後者を選んだ。Z枠を空けたかった。

選出率はほぼ100%。露骨なトリパ以外にはもれなく選出した。

 

ピカチュウ

実数値:111-67-60-112-70-142

性格:ひかえめ

特性:ひらいしん

技:10まんボルト/めざめるパワー氷/まもる/ねこだまし

持ち物:でんきだま

唯一ねこだましができる。ひらいしんヤヤコマを守れるし、でんきだまで火力も高い。水、飛行を葬ったり、氷4倍を倒したりと、かなり働いてくれた。貴重な電気&氷の火力要員のため、耐久はもう少し欲しかったが、まさかティエルノのライチュウを採用するわけにはいかないのでしかたない。

選出率はヤヤコマとほぼ同じ。必須。

 

ニンフィア

実数値:171-x-85-177-150-111

性格:ひかえめ

特性:フェアリースキン

技:ハイパーボイス/はかいこうせん/シャドーボール/めざめるパワー炎

持ち物:こだわりメガネ

全自動ハイパーボイス連射機。色々技を入れているが、基本はハイパーボイスばっか撃ってる。他の技は撃たないので使用感もほぼない。強いて言うならはかいこうせんを打つ機会が多かったかな。

あんまり深いこと考えずにハイパーボイスを押していいと思う。めざ炎は一応4倍意識で採用。シャドーボールヒードランに何もできなくなりがちなので採用した。

CSが両方Uなのにぶっぱしてるため努力値振りに無駄がある。本来ならもうわずかに強いはず。

 

ヤンチャム

実数値:143-147-82-x-68-95

性格:いじっぱり

特性:きもったま

技:いわなだれ/ばかぢから/がむしゃら/まもる

持ち物:きあいのタスキ

「お、こいつきもったまがむしゃらできるやん!タスキ持たせよ!」

と、最初はそう思ったのだが、がむしゃらをうつ機会があまりにない上に、撃っても先制技が無いため倒しきれなかったりする。ゴロンダバレットパンチ使えるのに。

だから弱かったかというとそうでもなくて、こいつは地味にAが高いので、普通にばかぢからを撃ってメガバンギラスヒードランカビゴンといった名だたる猛者をワンパンで沈めていった。正直見直したぞ、ヤンチャム

ようきにすればおいかぜ下で130族を抜けるが、火力を下げるわけにはいかないのでいじっぱりに。

行動保証のきあいのタスキも地味に強かった。いわなだれは怯みでワンチャン残すために採用。がむしゃらは他の技に変えてもいいかもしれない。

 

 

テールナー

実数値:135-x-78-156-90-125

性格:ひかえめ

特性:もうか

技:ねっぷう/サイコショック/オーバーヒート/まもる

持ち物:いのちのたま

雨パと出会うことが多く、選出機会は少なめだったが、鋼が多い相手に対してはニンフィアのハイボが通らないため活躍してくれた。

基本はねっぷう連打。テールナーも地味に特攻が高いため、珠込みでそれなりのダメージを与えてくれる。でも、やはり進化前なのでいろんな相手に耐えられて返り討ちにされたりする。躊躇せずオバヒを打つべきかもしれない。毒タイプや特殊方面が硬い奴にはサイコショックを撃っていく。

ねっぷうを撃つモーションがかわいい。

 

サイホーン

実数値:187-150-116-x-50-40

性格:ゆうかん

特性:ひらいしん

技:じしん/いわなだれ/まもる/つのドリル

持ち物:ジメンZ

ダントツで弱かった。当然である。おいかぜして上から殴る!がコンセプトのパーティにS25の奴が入ってもそりゃなかなか活躍できない。

一応形だけでもトリル対策するためにゆうかん最遅を厳選していたが、先にゆうかんC抜け5Vが生まれてしまい、「めんどくさいからこれでいっか!」という合理的な理由によってこのような型になった。よくよく考えると、最遅にしてもナットレイツンデツンデの下は取れないため、いじっぱりでいいと思う。最遅にしとけばよかった!なんてことは皆無。

クチートが相手にいる場合はこいつくらいしかワンチャン残せないので、出すしかない。しかし、出してもほとんど勝てない。クチートが重すぎる。

ジメンZは巻き込みを防ぐために採用。つのドリルいわなだれは勝ち筋を無理やり残すために採用。

一応ひらいしんだが、ピカチュウと被るため活躍の機会はあまりない。

 

戦い方

 

基本

初手ヤヤコマ+ピカチュウ

 

後続テールナーorニンフィアorヤンチャム

 

ヤヤコマの先制おいかぜ、必要ならピカチュウねこだまし。あとは上から殴るだけ。やられたら死に出ししてまた殴る。それしか勝つ手段はないので、それができない時は諦めましょう。

 

VSヒードラン

←連れて行きたい

ニンフィアテールナーヤヤコマも技が通らず、サイホーンは上からしばかれてすぐに絶命する。かなり辛い相手なので、ピカチュウ、ヤンチャム両方を選出したい。

 

VSリザY

←頼みの綱

おいかぜ打てる上にニンフィアの技も通らない。相手においかぜされる前にピカチュウで倒してしまうしかない。最近はランドロスいわなだれを耐える耐久振りリザYもいる。ランドいわなだれを耐えるということは、ヤンチャムいわなだれも耐える。辛い。

リザYに限った話ではないが、おいかぜミラーになった時点で普通に上取られて蹂躙されるため、何がなんでもおいかぜを撃たせてはいけない。

 

VS雨パ



おいかぜで上を取れないため非常に辛い。無振りルンパッパならヤヤコマでワンパンできるため、そんなに問題ではない。まずいのはメガラグラージである。

おいかぜできても上を取れない上に、ワンパンできる技がニンフィアはかいこうせんくらいしかない。隙を作ってしまうが、やむを得ないだろう。

テールナーは雨で使い物にならないので、ヤヤコマ/ピカチュウ/ニンフィア/ヤンチャムという選出になるだろう。

 

 

VSトリパ

アニメ「ポケットモンスターXY」を観ていた人なら、トリックルーム対策としてベストな技を知っていることだろう。

 

 

そう、シザークロスである。しかし、今回の6匹は誰もシザークロスを使えない。なので今回はトリックルーム下のアタッカーをサイホーンに任せ、他のポケモンでトリックルームを撃たせる前にできる限り削る、という方法で戦う。撃たれると不利になるのは明らかなので、できればトリルを撃たせずに制圧してしまいたい。

 

一応、ヤンチャムは大して速くない上にタスキの行動保証があるのでトリル下でもそれなりに頑張れる。サイホーンヤンチャムは選出しておきたい。

戦績

25戦  9勝16敗。レート1548→1450へ。最初に5、6連敗したがプレイに慣れてきたこともあり、その後は1勝1敗くらいを繰り返して1400台はキープできた。

 

QR

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-41E5-9DDC

 

総括

好きなキャラのポケモンを使って勝つのもポケモンバトルの楽しみ方の一つだな、と改めて感じた。セレナ好きの方は是非、使ってみてください。

 

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・USUM】QRレンタルチーム一覧

2017.12.19

APPDATEで公開されたUSUM対応QRチーム一覧はこちらから。

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン

2018.01.30

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ちなみ

ゆるーくポケモンを楽しんでるいわゆるエンジョイ勢。ポケモン以外のゲームもやりまくってることがガチ勢になれない原因。