【サンムーン・ダブル】葉緑素なエルフーンと行くプリティプリマ!

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。

※この記事は黒の代理投稿です

構築の経緯

突如発表されたいつもの公式制限ルール、プリティプリマ。

1m以下のポケモン限定という事で実質かわいい系のポケモン限定……げんてい……

なんでベトベトン使えるんだ……かわいい判定でいいのか……?

使用可能ポケモンの一覧を見ると全体的に地面の一貫がものすごいのでドリュウズを動かせば動かすほど勝てる、と判断。

というわけでスカーフ型破りドリュウズ+王者エルフーンからスタート。

以下、構築です。

構築

エルフーン

性格:臆病
努力値:C252 S252 D4
実数値:135-x-105-129-96-184
技:投げつける/挑発/ムーンフォース/威張る

出発点その1。半減だからってドリュウズにめちゃくちゃ巻き込まれる不憫なやつ。
実は葉緑素最速。キレコー、マラコーに屈しない王者だったけどそもそも当たりませんでした。
採用理由の投げつける。王権争いには参加しない使い切りタイプ。
強い猫騙し要因が少ないので通りやすく、通れば1アドの感覚で動かせたので強かったです。通らなかった時はうん。

挑発はトリルが返せない並びの際にトリルを封じるのがメイン。よく聞くやつですね。
あんまり長くいられても困りそうだったのでCSムンフォで採用しましたが、特に耐久に不満もなくムンフォの削りもそこそこ強くていい感じでした。

威張るは味方にぶちかまして不利~負け状況をひっくり返す為に採用(どっかで聞いたな……)しましたが、打つ機会はほぼありませんでした。
というのも、耐久無振り+巻き込まれ体質で消耗が早めなところや、王位を放棄した段階で
ある程度仕事終了=エルフーンは切ってもいい、エルフーン温存の場合威張る暇が……
といった理由で、不利状況の際にエルフーンが出てこれない事が多かったのも大きいと思います。炎も多いし。
なのでここの威張るはアンコの方が勝率は上がったんじゃないかなと。

ドリュウズ

性格:陽気
努力値:A252 S252 D4
実数値:185-187-80-x-86-154
技:地震/アイアンヘッド/岩雪崩/ドリルライナー

出発点その2。すごい一貫のスカーフ地震でなぎ倒してもらうやつ。
普通すぎて何も書くことがない。困る。

コータス

性格:冷静
努力値:H252 C252 B4
実数値:177-x-161-150-90-22
技:守る/火炎放射/ソーラービーム/噴火

トリルへの切り返しとか色々兼ねてるけど要するに普通に噴火するやつ。

周りにシャンデラに強いのが多いのとマリルリ意識で大地切りソラビ採用。

後は普通すぎて何も書くこ……あっはい、怪しい道具持ってますね。

胡散臭さ全開ですが、文句なしに強かったです。

「爪ポケモンがエースではない≒トリルに寄せた構築ではない」こと、

「エースのポケモンが他にいるので爪ポケモンに最大火力を求めなくて済む」こと、

「爪ポケモン自身が何か道具を持たなくても一定以上の火力を持っている」こと。

色々重なってからようやく選択肢に上がってくるので簡単に採用はしにくい道具ですが、採用できる形にさえできれば普通に動いてるだけで2割で爆アド、状況によっては1爪発動で勝利確定。

不利状況でもコータスの行動を通せればひっくり返る、みたいな時には2割の勝ち筋に……と、かなりの性能。

発動率こそ20%ですが、試行回数の都合上「コータスが場に残れば残るほど発動しやすくなる」ので実際にはそこそこ発動します。

エルフーンが投げてる横で噴火。

パッと見普通の行動ですが、2ターンコータスが場に残るのでこれだけで36%。一撃技以上ですって

当然発動しなければ手ぶらコータスなので、爪に頼らない動きが出来れば一番ですね。頼らないと負ける状況なら積極的に頼るべきですが。

劇場版イーブイフレンズを爪噴火急所で上映中止に追い込んだ瞬間が一番輝いてたと思う

ドンカラス

性格:意地っ張り
努力値:H188 A228 B4 D84 S4
実数値:199-191-73-x-83-92
技:守る/辻斬り/ブレイブバード/不意打ち
調整:エルフーンの129ムンフォ耐え、ドリュウズの205岩雪崩+球ダメージ3耐え(だったはずなんだけどなんでこいつ飛行Z持ってんの)

ちょーつよかったやつ。

このルール最強クラスの先制技使いでかつシャンデラを縛れる……という事でS操作シャンデラへの切り返しとして採用。

マリルリも考えたけどコータスいるしね。

机上論だと中堅ぐらいかな~と思ってたからびっくりするほど強かった。

最初は球用の配分だったからH伸ばしたけど最適化すべきだったと思う(後悔)

この配分まんまパクるのはやめような!!!H削ってBDに振った方が努力値得するぞ!!!

浮いてるポケモンが貴重なルールというのもありますが、それ以上にZブレイブバードがとにかく強かったです。

具体的には「Hベトベトンが確定1発」ぐらいの火力。コータスもめっちゃ削れる。

この火力なのに倒せばA+1のおまけまで付いてくる。お得。

勝ちパターンの半分ぐらいが「最終的にドリュウズ+ドンカラスの並びを作って制圧」でした。ほんと強かった。

ミミッキュ

性格:陽気
努力値:A252 S252 H4
実数値:131-142-100-x-125-162
技:守る/影打ち/じゃれつく/シャドークロー

ルチャブル絡みの相手に出ていく補完だったはずのやつ。選出回数は5回あるかどうか。なんだこいつは。

結局ルチャブル絡みもエルフーンコータスドンカラスでだいたい捌けてしまったので本格的に出番がなかった。

シャンデラいない選出もたまにされたしカミツルギそこそこ出てきたし見せポケの仕事ぐらいはしてた……はず……

ポリゴン2

性格:控えめ
努力値:H252 C252 B4
実数値:192-x-111-172-115-80
技:トライアタック/10万ボルト/シャドーボール/トリックルーム

入れる駒に困って入ってきたやつ。主にコータスと水を殴ってほしかった。

トレースにしてシャンデラ完封の可能性を作るべきだった気もしますが、コータス削りの方がメインな入り方だったのでそこはまあ。

再生切り3ウェポンですが、詰めではなく殴ってもらう方がメインだったので。再生が必要な展開もそこまでなかったので正解だったかな。

ミミッキュの例に漏れず選出回数少なめ。ミミッキュよりは出したかな……

選出

+

殆どがエルフーン+ドンカラス+ドリュウズコータス。エルフーンドリュウズから入ったのにドリュウズが先発にいねえ。

エルフーン+コータス+カラスドリュウズなんかもそこそこやりました。

基本選出だけで勝てたのは凄くいいことではあるんですが、補完の2枠がしっくりこなかったのは反省点ですね。

入れた時はコータスかドリュウズあたりの枠で入ってました。

戦績

40戦32勝8敗
レート1820ぐらい

5戦未消化でチキっていますがいい感じに勝てたかなと思います。

負け試合も択負けだったり見落としプレミがほとんどで、詰んでるレベルの構築負けは特にありませんでした。

見落としプレミぐらい拾え?うん……

総括

考察、フレ戦、実戦、全部がとても楽しいルールでした。

モウカザルが味方の地震に巻き込まれる光景を見せつけられたり、鈍感イルミーゼに挑発を防がれたり、
歌う爪ピッピと激闘を繰り広げたりと変なポケモンもいっぱい見れて楽しかったです(小並感)

ここまで読んでくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

黒

ここでは黒と名乗っているようだが中の人は喰い断⑨。 WCS2017日本大会でベスト4となり対戦理論の紹介に説得力が増したらしい。 最も本人は自分のプレイングを一切信用していないため運要素を最重要視したゲームメイクを好む。