【INC Feb】トリックルーム軸ルナアーラカイオーガ反省会

ABOUTこの記事をかいた人

しゅふぁ

バトレボ時代「浪漫の旅」というギミック系のポケモンバトル動画を投稿していた老害。今ではもうワシもジジイ!というオーキドの言葉が胸に突き刺さる。最近個人ブログも始めた。

こんばんは、APPDATEを運営しているしゅふぁ(@ciufa1)です。

最近自分のアウトプット用のCiufa.NETというビジネス寄りの個人ブログも始めました。

しかしながら、私もポケモン勢。

INCに向けて記事更新を止め、ここ数日ポケモンバトルばかりしてました。

が!結果振るわず爆死しました。

今回使用したのはルナオーガ軸だったのですが、反省点が多すぎたので繰り返さないように簡潔に記事に残しておきます。

パーティ作成経緯

サンルールの時は下記の構築を使っていたのですが、重力状態にできない時のグラードンの断崖の剣の命中率がやはり気になりました。

【INC最高1809】重力催眠テテフライドグラゼルネ【S12最高1910最終12位】

2018年12月9日

今回は命中安定技をメインの構築にしたいと思ったのでメインのポケモンをグラードンではなくカイオーガを使用する事にしました。

また、ムーンルールはZ技の一貫性が高いムーンライトブラスターを安定して打てるルナアーラが強いと思い、ルナアーラでS操作しつつカイオーガで一掃する構築を作る事にしました。

パーティ

個別解説

カイオーガ

持ち物:ミズZ
特性:あめふらし
性格:冷静
努力値:252-0-0-252-4-0
実数値:207-*-110-222-161-85
技:しおふき/根源の波動/雷/守る

反省点の多いポケモン。コイツの強さを完全に引き出せることができなかった。

トリックルーム等で先手を取って超火力のしおふきでゴリ押すのがベストの立ち回り。

被弾してしおふきの威力が低下しても、ミズZしおふきで相手のポケモン1匹を一撃で持っていける超火力を得た。

ミズZは特殊耐久甘えたグラードンを晴れ状態でも一撃で倒せ、雨状態なら守っても大ダメージが入る。

無振りランドロスとかなら守っても貫通して一撃。

ツンデツンデを守る貫通してミズZで飛ばして勝った瞬間が一番輝いてた。

眼鏡や鉄球でも強いのでベストのアイテムかどうかは諸説だが自分が思っていたよりはZも強いと感じました。

基本的にガオガエンより早いので、なるべく被弾しないでしおふき撃ちたい時に先手でバークアウトなどを被弾することが多く

MAXの力を脱せない事が多かったのでトリックルームはちょっと自分には合わなかったです。

残りグラードン・ガオガエン・モロバレルの3匹が相手の時、控え目CS252振りならイージーウィンできたのに相手のグラードンより遅くガオガエン・モロバレルより早いという状態がめちゃくちゃジレンマでした。

控えめHC個体なども使ってましたがグラードンとのS関係が分からないので冷静最遅個体を使いましたが、Sを無補正無振りより-1等の素早さ調整個体にして凍える風やエレキネットを絡ませて先手取ったり出来た方が良いかなと感じました。

いろいろ書きましたがオーガを使うならいかに上から一掃するかが鍵なのにモロバレルやガオガエンに妨害されまくってオラオラできなきゃそりゃまぁ弱いわって一言に尽きる。

ルナアーラ


120×120のポケモン画像
持ち物:カシブの実
特性:ファントムガード
性格:控えめ
努力値:252-0-0-252-4-0
実数値:244-*-109-207-128-117
技:シャドーレイ/サイコショック/トリックルーム/守る

最初は追い風型にしCSでZ持たせてましたが、トリックルームをする関係でHCカシブに変更しました。

カシブの発動はミラー以外ではそこまでなく、ナモの方が発動する機会が多かったのですが、対ドーブル・ルナアーラ・ゼルネアスを想定した時にカシブじゃないと絶対に勝てないという結論になったのでやむを得ずカシブにしました。

上級者はCSルナZ持ちでトリルする個体が強いと言っていましたが自分には使いこなせませんでした。

GSのトリルは全国ダブルでスイッチトリパをバリバリ使いこなせるタイプの人じゃないと難しいですね。

ツンデツンデ


持ち物:命の珠
特性:ビーストブースト
性格:勇敢
努力値:252-252-0-0-4-0
実数値:168-201-231-*-122-16
技:ジャイロボール/馬鹿力/岩雪崩/トリックルーム

自分が使うの苦手なポケモンなのですが、ガチトリパなら自分でもそこそこ使えたので採用。

自分ではとてもじゃないがGSスイッチトリパでこいつを使いこなすことはできない。

メインロムでは防塵ゴーグルにしていたのだが、威嚇を入れられてもガオガエンを岩雪崩2発で倒せる命の珠が強そうなので採用。

しかしこれが大失敗。モロバレル重くなりすぎて完全にハゲました。

命の珠の火力も魅力でしたがその場合はバレル対策しっかりしないと駄目だなと痛感しました。

ルンパッパ

持ち物:ウイのみ
特性:すいすい
性格:秘密
努力値:秘密
実数値:秘密
技:猫だまし/熱湯/冷凍ビーム/草結び

人から頂いた調整なので一応非公開。最初はアマージョをこの枠に入れてましたが、アマージョだと初手カイオーガ・ルンパッパで大被害をおってしまう事に気が付いたのでルンパッパに変更。

VSオーガには安定の強さだったしグラードンの断崖も半減なのが偉かったです。

こいつは正解だったと思う。

カプ・コケコ

持ち物:気合のタスキ
特性:エレキメイカー
性格:控えめ
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値:146-121-105-161-95-182
技:10万ボルト/エレキネット/フリーフォール/守る

無難に強い電気鶏。エレキメイカーでモロバレル対策した気になってたけど全然甘かった。

控えめ10万ボルトで無振りイベルタルがきっちり一撃で落ちるので控えめ個体を採用。まぁそんなイベルタル殆どいなかったけど。

控えめのデメリットはエルフーンやペルシアンに抜かれるくらいだったのでそこまで感じなかった。

メインロムではフリーフォールを自然の怒りに変えて使っていたけどこれも大失敗。

ルナアーラはファントムガードが残っていればイベルタルクラスの高火力弱点食らわない限り落ちずにトリックルームをできるので、集中攻撃されなければほぼトリル成功します。

ルナアーラ・ガオガエンで選出した場合、基本はガオガエンの猫だましでどちらかを止めるのですが、

カプ・テテフが初手に来た時はガオガエンの猫だましが相手に通らないのでこちらのルナアーラへの集中攻撃を防ぐことがないです。

カプ・テテフが選出されそうな場合はカプ・コケコのフリーフォールでどちらかを妨害してやる必要があります。

個人的にはルナオーガのコケコはフリーフォール必須かなと思いました。

ガオガエン

持ち物:突撃チョッキ
特性:威嚇
性格:意地っ張り
努力値:HP252 S最遅90族-1 控えめゼルネアスの2段階アップムーンフォース耐えるまで振って残りAぶっぱ。
実数値:202-178-111-*-112-84
技:猫だまし/フレアドライブ/叩き落とす/とんぼ返り

S最遅90族-1 控えめゼルネアスの2段階アップムーンフォース耐えるまで振って残りAぶっぱ。

トリックルームしたらいかにオラオラ攻撃できるかが勝負だと思ったのでなるべく攻撃に努力値を振りました。

攻撃補正入れてこのくらいまで振ると雨が降っていない時はよく見るチョッキドクロッグをワンパン出来るので頼もしかったです。

生意気バークアウト型とかも使ってみましたがトリル状態の中で悠長な行動してるとすぐターンが切れてしまうので意地っ張りの方が使いやすかったです。

そうなると耐久が気になるのですが、チョッキを持たせることにより解決しました。

ほとんどの試合で選出しました。無難に強い。

基本選出

先発:ガオガエン、ルナアーラ

後発:カイオーガ、ツンデツンデ

猫だましトリックルームからとんぼ返りしてカイオーガを出して蹂躙しましょう。猫だましが出来なさそうならコケコルナアーラ先発でトリルします。

反省点

本記事のメイントピック。パーティの反省点は個別でも書いたとおり、モロバレルが重い、カイオーガでオラオラできないという点に尽きるので、構築以外の反省点を書きます。

反省点①:苦手意識のあるポケモン、戦術を組み込まない

最初は追い風を使っていましたが追い風ミラー(特に追い風ルナアーラミラー)が不毛にも程があったので、追い風軸に強くなるトリックルームを採用する事にしたのですが、この判断が裏目に出ました。

普段トリックルームを使ったPTを使っていなかったので、立ち回りがあまり綺麗にできなかったです。

ツンデツンデやトリルカイオーガを無理矢理使うより素直に追い風型にしてトリルは防ぐ、凌ぐ側に回るべきでした。

反省点②:流行っているPTのメタは徹底的に。

トリックルーム軸の前は追い風雨乞い黒い霧クロバットでグラゼルネ絶対〇すマン構築を使っていたのですが、今回のINCではグラゼルネがかなり流行っていたので間違いなくこちらで行くべきでした。

これが一番後悔してます。

何が流行るかは分からないといえばそれまでですが、テンプレ構築ができているグラゼルネ、トルネオーガ、ドーブルゼルネルナあたりはちゃんと徹底的にメタっておけばよかったです。

反省点③:基本戦術、選出をしっかり作る。立ち回りで何とかしようとしない。

②と多少重複しますが、相手のPTを見て選出を決めるのではなくもっと選出がパターン化してる構築にすべきでした。

数戦ならともかく45戦もしなければならないINCで、毎回立ち回りを考えて戦うと当然脳が疲れ、後半になればなるほどミスが出やすくなります。

いかに思考停止イージーウィンするかというのを考えて構築を作るべきで、可能ならば初手から爆アド、遅くても2ターン目には制圧準備OKみたいな構築がベストです。

そう考えると先述した重力催眠グラゼルネはその条件が揃っていたので、苦手な構築はあれど1800は到達できたのかなと思います。

自分にはbidcさんやtofuさんのような立ち回り重視のパーティは使いこなせないのでここは徹底すべきでした。

反省点④:ラスボス(娘)対策を忘れずに

娘対策として別の部屋に引きこもってプレイしていたのですが、気の緩みから娘に侵入を許してしまい妨害されました。

部屋にこもってても部屋の外からブレイジングソウルビートでゴリゴリ集中力削ってくるのでヘッドホン必須。イヤホンは甘え

娘とのタイマンは超疲れるのにこの3日はかなり自分の時間もらったので嫁には感謝しかないです。

その結果爆死は虚無感半端ないのでやるからにはもっとしっかりやる、やらないなら参加しないくらいの気持ちでやらないと駄目ですね。

おわりに

不甲斐ない結果でサンルールの時より凹みました。

反省点を活かしウルトラルールもがんばります。

INCがGWとその次の週にある旅行と被らないことを祈るばかりです。

【INC最高1809】重力催眠テテフライドグラゼルネ【S12最高1910最終12位】

2018年12月9日

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    しゅふぁ

    バトレボ時代「浪漫の旅」というギミック系のポケモンバトル動画を投稿していた老害。今ではもうワシもジジイ!というオーキドの言葉が胸に突き刺さる。最近個人ブログも始めた。