【INC Feb.】パルオーガエンニュート-狂気で正気を打ちのめせ-

ABOUTこの記事をかいた人

食魂

夢とロマン輝くおじさん。

はじめに

はじめまして。私のことは気軽にしょくたまおじさんとお呼びください。

INC Feb.(ムーンルール)いかがだったでしょうか。

※ムーンルールは5世代までのGSルールにZ技を足したようなルールです(ゲンシカイキとメガシンカとウルトラネクロZが禁止)

私はオーガパルキアを伝説枠に据えたアンチグラカイ寄りのPTを使いました。

今回のルールから大きく環境が変わるウルトラルールでは、今の戦術そのままでは通用しないと思われます。
準備期間を少しでも多くとるために、すでにウルトラルールでの練習に全力を注いでいる方も多く見られます。
そんなどん詰まり感のある今回のルールでの投稿者がいないことを嘆いたヒシンさんのツイートを見て、冗談半分で投稿するかーとつぶやいてしまったのが運の尽き、そんなおじさんの記事ですがよろしくお願いします。

パーティ作成経緯

まず最初に私が使おうと思ったのがパルキアでした。

ORAS時代のGSでは全く見向きもされなかったこいつですが、カイオーガに強いということは昔から変わりがありません。
また、今回のルールでは水無効のゲンシグラードンがいないため活躍できる余地があり、主な伝説枠であるグラカイゼルネルナの前二つに比較的強く出ることができます。

残りの二体の内ゼルネに関しては、パルキアで水Zを打つしか対策方法が無いことと、最初に厳選したのがひかえめだったがため、私は他のポケモンに答えを求めることにしました。

初期構想ではオニシズグモを採用していましたが、攻撃範囲の狭さに血を吐くような思いをさせられたので、残念ながらお蔵入りさせてしまいました。ウルトラシーズンでまた使えたらなと思います。

パーティの話に戻ると、まずゼルネに対する回答としてツンデツンデを採用。こいつに関してはゼルネアス単体に対する回答として他に比肩するものがないと確信しています。
またひかえめパルキアというSの足りないポケモンに対するサポートとしてトリックルームを打てるのも素晴らしいです。

さすがにパルキア1体にグラカイを任せるのは心もとないので、リーフストームを一回通せば高い縛り性能を発揮してくれるジャローダを採用、伝説枠に一発で強い削りを入れられるカイオーガを採用。

この時点でゼルネルナにはかなり薄めになってしまっていたので、

  • ゼルネアスに強く当たることができる
  • ルナアーラの機能を止めやすい
  • 水二枚には確実に出てくるであろうモロバレル、ナットレイの処理が速い
  • カミツルギに後出しできてなおかつカミツルギより速い

という条件を満たしたポケモンを探した結果、珠猫騙しオーバーヒートエンニュートホノオZアーゴヨンとなりました。

パーティ

いともたやすく行われるよくわからないパーティ

個別解説

パルキア

持ち物:しらたま
特性:プレッシャー
性格:ひかえめ
努力値:H76C232S196
実数値:175-x-120-218-140-145
技:ハイドロポンプ/あくうせつだん/みがわり/まもる

努力値を振りなおしたのをセーブし忘れていたのか、素早さに212振らなければフシギバナを抜くことができません。ま、まあ勝敗に影響した場面ないからええわ(一回抜かれてて負けかけた)。

HPに回した理由はもともと亜空切断耐えまで降っていたころのなごりです。しかしミリで耐えてくれる場面もあったのでいいということにしておきましょう。

一般的なパルキアはみがわりの枠が火炎放射になっていることが多いですが、雨下では火炎放射はあまり効果的に機能せず、かといって雷にするとカイオーガと被る部分が強すぎるので不採用となりました。
みがわりの採用理由は、ひとつは身代わりで様子を見てからこちらの最速を警戒する相手に有効打を持てればいいなという願望、もうひとつは決まるととても気分がいいからです。

GSルールでは1戦1戦が重たいので、気分の爽快感を得られるというメンタルアドバンテージが期待できます。

基本カイオーガから大きなダメージを受けないこいつですが、控えめのため交代で出てきたゼルネアス、カプ・テテフになす術がありません。臆病なら雨でのミズZを叩き込めるのですがまあないものは仕方ない。

攻撃技の両方が命中不安ですが、伝説枠に求めるのは一撃での大火力であることから「当てりゃいいんだよ」の精神を持ちましょう。外して負けることでのメンタル面の損失はみがわりでカバーしましょう。

カイオーガ

持ち物:ミズZ
特性:あめふらし
性格:ひかえめ
努力値:H252B164C44D4S44
実数値:207-x-131-193-161-116
技:こんげんのはどう/ねっとう/かみなり/まもる

耐久にがっつりふったカイオーガです。

こいつに求めたのがグラードンへの後出しの安定だったので、いじっぱり断崖の剣を2発耐え(ジメンZは25%で落ちる)まで振っています。素早さにはあまり努力値を割いていない、さりとて最遅ほど遅くはないためしおふきの採用は見送り、代わりの火力補強としてミズZを持たせました。

モロバレルにも雨でZワザを叩き込めばHDなまいきでも半分は削ってくれるのであとは相方に任せて削りきります。ここまで振るとカミツルギのリーフブレードも8割くらいの確率で耐えるので相手の想定を外しやすいでしょう(願望)。

こんげんのはどうは外しがあるので命中安定のねっとう、ミラー用にかみなりを採用しています。

ジャローダ

持ち物:きあいのタスキ
特性:あまのじゃく
性格:おくびょう
努力値:B4C252S252
実数値:150-x-116-127-115-181
技:リーフストーム/めざめるパワー(じめん)/ちょうはつ/まもる

基本的にリーフストームしか撃ちません。持ち物をいのちのたまにするとH振りグラードンが確定、カイオーガが2割の乱数で沈みますが酷く安定性に欠けたのでタスキにしました。

目覚めるパワーはリーフストームを撃とうとすると出てくる草半減の連中に叩き込みます。耐久に振っていないカミツルギなら沈みますし、HDガオガエンなら4割程度は入るので隣で削ったり縛ったりすればしっかりと処理することができます。

草タイプなのでモロバレルのいかりのこなに左右されないのもポイントが高いですね。

ちょうはつはルナアーラのめいそうやおいかぜを、モロバレルのいかりのこなやキノコのほうしを防ぎます。ゼルネアスにも撃つことができますが相手のもう片方にツンデツンデやアーゴヨンが縛られてないのであれば無理に撃ちにいく必要はないでしょう。

エンニュート

持ち物:いのちのたま
特性:ふしょく
性格:おくびょう
努力値:B4C252S252
実数値:143-x-81-163-80-185
技:オーバーヒート/イカサマ/ねこだまし/まもる

何を考えたらこんな貧弱な奴が入るんだと突っ込まれそうな枠です。こいつの採用理由は・・・持っている技のかみ合いであったりタイプであったりします。

まず特性ですが、完全に死んでいます、さりとてどんかんにしたところでというのもありますが、まあふしょくで問題ないと思います。

技を説明すると、晴れ状態での珠オーバーヒートはH振りグラードンを確定で倒し、イベルタルですらH振りでなければふきとんでくれます。
グラードンフシギバナイベルタルの構築では炎技の通りがいいのであえてカイオーガを選出しない選出をしました。

カイオーガとの組み合わせが悪いように思えるかもしれませんが、困る場面は少なかったです。そもそも相手にカイオーガがいていつ雨が降るかわからない場合はだせないですし。

ねこだましとイカサマですが、この2つが採用の大きな理由となります。ねこだましの強さはもはや語るまでもありませんし、珠イカサマはファントムガードを剥げば、控えめルナアーラの攻撃個体値が0でも2割(ファントムガードがない=削れているので実際はもっと高い)の乱数で沈めることができます。

ねこだましはWCS2017において少しだけ話題になったと思うので読まれるかもしれませんが、イカサマは本当に読まれませんでした。

また火力自体もなめられているのかモロバレルが雨が降ってるわけでもないのに出されたため、コストなしに倒せました。

さてこのポケモンは毒タイプにもかかわらず毒技がありません。これじゃゼルネアスどうするんだよと突っ込みを入れられそうです。

なぜないのかというと、まずゼルネアスはこいつの前ではジオコントロールを打てません。
ヘドロ爆弾をもっているとヘドロ爆弾を受ける→ジオコントロール→攻撃してもこいつを倒せず自身が突破されてしまうからです。

※珠エンニュートのヘドロばくだんの無振りゼルネアスへのダメージ:182〜218(90.5%〜108.4%)+毒

そのためゼルネアス側としては突っ張る理由がありません。
ジオコントロールをするまでは異常といえる火力はないのですから当然引っ込めてもらえます。
こちらはそれに対応してツンデツンデを突破されないように気を付けていれば自然と勝利が転がってきます。

つまりこちらとしてはエンニュートでゼルネアスを処理する必要がなく、対策札であるツンデツンデを処理しようとするグラードン、アマージョ、ドクロッグあたりを倒して、最後にツンデツンデとゼルネアスの対面にすればいいのです。

先に挙げた「速い」「草に強い」「ゼルネアスに強い」「ルナアーラに打点」という条件(トルネロスは晴れた瞬間緑のおっさんとなるので)を満たし、かつマイナー故の読みにくさで相手のこいつとの対面でゼルネアスを引っ込めるという最もな行動を裏切らさせることができます。

つまるところ相手がバグってくれるので強いポケモンといえます。

アーゴヨン

持ち物:ホノオZ
特性:ビーストブースト
性格:おくびょう
努力値:H12C244S252
実数値:150-x-93-178-93-190
技:かえんほうしゃ/バークアウト/ヘドロばくだん/まもる

こいつも努力値振りがよくありません(またか)。
本来なら特攻にはほとんど振らず素早さも多少削ってHPと特防を高めて、ルナアーラにバークアウトを当てた時ムーンライトブラスターを耐えるようにするべきでした。

※H16n-1にできるラインが、H84D108振りあるいはH212D28振り。使う努力値を最小になる配分でHが最も高くなるのはH28D140振り、

採用を決めたのが2日前で全くダメージ計算をしなかったので「バクアいれれば耐えるやろ」と皮算用してしまったのは非常によろしくなかったでしょう。3戦くらいはこれで落としているような気がします。

反省はともかく、技の採用理由を。

速さを利用して上から相手の火力を押さえつけるバークアウト、フェアリーへの有効打としてヘドロばくだん、こいつはエンニュートと違って万が一にもゼルネアスに突っ張られるとフェアリー耐性がない分まずいので毒技が必要です。火炎放射はエンニュートが出せないときのモロバレル、ナットレイの処理、まもるは相方で削って縛りを入れるために入れました。

おいかぜ、竜の波動も採用したいのですが、技枠の都合で諦めました。この配分の場合はバークアウトをおいかぜに変えてもいいような気はします。

ホノオZについては、モロバレルやナットレイ、グラードンに対しての強引な削り手段となります。雨が降っている状態であればモロバレルにはヘドロ爆弾を打ちますが、通常天候で場に残られても邪魔なのでさっさと処理したいがためにいれました。

実際はドクZならなと思うことが多かったのですが、ガオガエンやイベルタルの叩き落とすに対してダメージを抑えることができたのでZ技を選択したのは間違いではなかったと思います。

ルナアーラに対してもバークアウトで火力とファントムガードを剥ぎ、おいかぜされてもバークアウトを連打すれば相手の火力が落ちて捌きやすくなります。

ツンデツンデ

持ち物:シュカのみ
特性:ビーストブースト
性格:ゆうかん
努力値:H252A156D100
実数値:168-188-231-x-134-29
技:ジャイロボール/いわなだれ/トリックルーム/まもる

前の二つに対して至極普通な型のツンデツンデです。

少し削れてる+ゼルネアスにジオコントロールを積まれている場合、ムーンフォースで削りきられる可能性があるので、それなりにDに回しています。
いわなだれは一撃で落とすには火力不足ですし、ジャイロボールは火力がでかいわりにAに振っても確定範囲が変わるとは思えないのでこれでいいと思います。

こいつに関しては特にいうことはないですが、持ち物については多少突っ込みがあると思うので。

まずこいつの持ち物候補にはモロバレル対策のぼうじんゴーグルを筆頭に、イワZ、ふうせん、きあいのタスキがあります。このうちZとタスキは他に使用者がいるため却下、となるとふうせんかゴーグルかとなりますが、風船は出した瞬間に相手にモロバレなのでモロバレルで流されてしまいます。

となるとぼうじんゴーグルかとなりますが、あまりにメジャーすぎて相手に警戒されているようで、大体キノコのほうしではなくくさむすびがとんできました。となると相手が勝手にバグってくれる(またか)ので、こちらがあえて持つ理由がありません。そこでグラードンやランドロスがいても強引に動けるシュカのみを選択しました。

きのみが発動しても、図体がでかくて木の実を食べているのかどうか見えないところがかわいい。

モロバレルがいない、かつツンデツンデの通りがいい場合は積極的に選出して若干遅いカイオーガとパルキアで試合を決めます。この場合このパーティと環境では珍しいイージーウィンを決められるのでとても楽しいです。

選出

特に決まったパターンはないです。カプ・コケコ、モロバレルのようなカイオーガを一撃で倒せる、行動が制約されるポケモンが複数いた場合、カイオーガの選出を控えましょう。

晴れてるほうがおいしい場合も同様です。

要はカイオーガ対策が強すぎる相手には出さないということですね。

総括

INC結果は残り十数戦残して1680というところまで行きましたが、2連続回線切れで心の糸も切れてドロップしました。

自分でもよくわからないですがなんだかんだでそこそこ勝てるうえに「相手が普通に考えれば間違った行動をしていないのに、それ間違いだから」と咎めるという、非常に楽しい対戦をすることができました。

とはいえ最近はレートが高くなくても強い人が増えているのか、ダブルを楽しむ人が減ってガチ勢しか残ってないのか定かではありませんが、私もなかなか勝つことができませんでした。

今回はそこそこに勝てて、自分の好きな戦術を通せて満足です。

次のウルトラルールではようやく画竜点睛レックウザが使えるので今から楽しみですね。

とにかく勝ちたい、という人にはあまりお勧めできるパーティは作れませんが、趣味人的な「なんだこいつのパーティ!?」「なんだその技ぁ!?」という感情を,ある種の感心を相手に持ってもらえるようなことをこれからもしていきたいです。

QRチーム

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-421D-B34C

努力値は記載のままです。
ジャローダの特攻、カイオーガのHPに王冠未使用、アーゴヨンはA抜け5Vです

バトルビデオ

BC7W-WWWWーWWX3ーJGLF
URYW-WWWW-WWX3-JGR7

余談

じつはジャラランガがめちゃくちゃきついのですが、INCでぼうだん(採用率10%)ジャラランガにヘドロ爆弾、ジャイロボールが通らずなすすべなく沈められました。

パルキアが臆病ならあくうせつだんで倒せたのにと軽くへこみました。

 

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン

2018年1月30日

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

1 個のコメント

  • こんばんは、執筆お疲れ様でした。エンニュートの特性に関して、夢特性は「どんかん」となっておりますが、こちらで採用せずあえて「ふしょく」で採用となった理由がありましたらお聞かせください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    食魂

    夢とロマン輝くおじさん。