【WCS2018/INC Mar.】テテフグロス+ぬしギガイアス

ABOUTこの記事をかいた人

cosmos

元トリプル勢。トリプルがなくなってからはアイカツを見ていました。

はじめに

はじめまして、秋桜(こすもす)です。

6世代までは毎日のようにレートに行っていたのですが、7世代からは離れ気味でシーズン1,2にスぺレをやって以降は殆ど新規育成もしていません。

SM最高レートはドンババモクローでダブレ1800です。

ざわさんのドンババモクローについては、以下の関連記事よりお読みください。

【サンムーン・ダブル】好きなポケモンで構築を作ってみた ~モクロー編~

2017.03.12

【サンムーン・ダブル】ドンババモクロー

2017.03.24

また、秋桜さんのドンババモクロー改変記事については以下のリンクよりお読みください。

可愛いポケモンでわいわいしながら”選出して勝つ”のって楽しいな(外部サイト:ぱるしぇんさいきょーせつ

今年3月になってやっとウルトラサンで殿堂入りして、教え技や新UBをあまり把握しないままINCにチャレンジすることにしました。

パーティ経緯

INC2日目時点、参加登録はしたもののアローラ産統一のパーティがないから参加ができない。既に大会は始まっているので育成の時間もない。

ボックスにはSM初期のメガシンカ無しアローラダブル用の個体はいくらかいたものの、メガシンカ可能ポケモンがメタグロスのみ。

準伝説、UBも殆ど持っていなくてカプ系が1匹ずついるくらい。

何か借りないと、現状じゃまともな構築は作れないな、と判断。

秋桜
メガラグラージいかくガオガエンの育成済み貸してくれる人いませんか
とこたん
まだ募集してるなら貸しましょうか?ガオガエンが勇敢HAなんですが、大丈夫ですか?

優しい人がいた!!!とこたんさんありがとーーー。ということで、いかくガオガエンを借りることに成功しました。

 

陽気ASメガメタグロス控えめCSカプテテフ勇敢HAガオガエンからスタート

あと1体か2体カプ入れてポケモン不足をごまかしたいですね。雨対策にブルルレヒレは欲しい。グロスに地面耐性をつけられるカプ・ブルルかな?

じだんだってグラスフィールド半減ないの?ぴったりじゃん。かたいツメ補正が乗る、じだんだグロス使ってみたかったんですよ。

 

それと天候を入れたい。

雨は・・ほのおタイプのガオガエンがいて雨はないか。

霰は?テテフグロスと弱点かぶって炎にも鋼にも通らない。

テテフグロスミラーでの打点不足、相手ガオガエンのどうにもならなさを知っているので砂を選択。

 

バンギじゃなくギガイアスしかいないけどまぁいっか。

ドリュウズじゃなくルガルガンしかいないけどまぁ・・・・・よくねぇ!!よくねぇっていうかダメだよ。ルガルガンの強みどこだ?

6枠目だぞ?ゲンガー、ガオガエン、メタグロス、カプ・コケコあたりに強いポケモン欲しくないかな。ドリュウズの攻撃範囲があればなー。うーん。うーん。ボックスにいるポケモン流用で済ませたい。

 

ここでボックスにいたマンタインサワムラーを見て喰い断さんのグラスシードマンタイン、ざわさんのミストシードサワムラーを思い出す。

さわレヒレも楽しかったけどカロスラグラージしかもってないんだごめんな。

【サンムーン・ダブル】一足先にマンタインサーフを楽しもう!

2017.10.25

【サンムーン・ダブル】ざわムラー(サワレヒレ) ~JINS MEME動画使用ポケモン~

2017.08.14

マンタイン並べるのは何か足りてないような?ミロカロスミロカロスグラスシード、よさげじゃない!?!? ミロカロス入りの構築記事を見て技構成はパクることにしました。

 

メタグロスメガストーンテテフスカーフガオガエンブルルが片方チョッキの片方Zかな。ナットレイへの打点少ないからブルル格闘Zにしよう。ミロカロスシードギガイアスは?爪?Z?PGLみてもこのポケモンの道具はばらけていてよくわからない。

 

選出パターンを考えると、

先発:テテフグロス 後発:ブルル、ミロorガオガエン

先発:ブルルミロ 後発:テテフグロス

 

ギガイアスは遅くて繰り出しで削れるとそのまま縛られて仕事できないし、リザ入り相手とテテフグロスミラーガオガエン対策に先発だしかな?

となるとブルルとは並んでない。あれ?リザソラビギガイアスが倒れる??チョッキ必要??

でもよく見たらこの構築だとワイドガードあるとめっちゃ便利そうじゃないか?そうだ!!!サイコシード!!!

これ強そうじゃないですか?

 

こんな感じで大枠を決めつつテンプレ構成を調べつつ決定しました。

個別解説

メガメタグロス

メガメタグロス

持ち物:メタグロスナイト
特性:クリアボディ→かたいつめ
性格:ようき
努力値:A252-D4-S252
実数値(メガ前):155-187-150-×-111-134
実数値(メガ後):155-197170-×-131-178
技:アイアンヘッド/しねんのずつき/じだんだ/まもる

一致技としてしねんのずつき、アイアンヘッドを採用。相手メタグロスへの打点としてじだんだを採用。全試合で選出しました。

メタグロスは相手のテテフやブルルにはっきり強いのが偉いですよね。

  • 4体目に繰り出してS110族の速さから全員を処理していく動き。
  • ミロブルル先発から相手ゲンガーヘドロばくだん読みでブルルからのメタグロス繰り出しこごえるかぜの動き。
  • サンダーグロス入りに対して先発でだしてしねんのずつきサンダーレヒレを削ったりじだんだメタグロスを削ったりする動き。

この3つのどれかの動きが多かったです。

カプ・テテフ

持ち物:こだわりスカーフ
特性:サイコメイカー
性格:ひかえめ
努力値:C252-D4-S252
実数値:145-×-95-200-136-147
技:サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

高速低耐久どころか特別耐久高くないポケモンはまずワンパンできるというのが偉過ぎる。

先発アギルダーを出オチさせたり、ムーンフォースボーマンダを詰めたり、サイコショックめいそうカプ・レヒレを削ったりしました。

エスパー打点が2体いるおかげで相手ジャラランガを見てもとりあえずエスパー技を振っておけばこいつは何もできないし他のZ警戒不要だし楽だなと思えました。

テテフグロスで並べて2体で上から処理する動き、テテフギガイアスで並べてつよいギガイアスを作る動きのために先発で使うことが多かったです。

上から縛れない場合はすぐにガオガエンに交代していました。メタグロスを4体目エースとして動かしていくためにテテフを捨て気味に繰り出すこともありました。

スカーフテテフって控えめで意地スカーフランドも抜けるしアギルダーも抜けるし不満なにもないけど、臆病がいいって聞く理由なんなんだ?と思ってたら最速フェローチェにうえをとられました。

カプ・ブルル

持ち物:カクトウZ
特性:グラスメイカー
性格:いじっぱり
努力値:H236-A212-S60
実数値:175-194-135-×-115-103
技:ウッドハンマー/ウッドホーン/ばかぢから/まもる

トノラグの手助け冷パンを耐える耐久ウッドホーンカクトウZがあることでトノラグナットをまとめて処理できるのが偉くて、雨パ相手にそれ以外の枠を処理したらブルルで詰めという指針を持って対応できました。

こちらからの打点がないと思って、メタグロスへの交代を読んでじだんだを連打してきた相手メガメタグロスカクトウZを打ち込めたのもよかったです。

ガオガエン

持ち物:とつげきチョッキ
特性:いかく
性格:ゆうかん
努力値:H252-A252-D4
実数値:202-183-110-×-111-62
技:フレアドライブ/DDラリアット/ねこだまし/とんぼがえり

タイプ特性が優秀で、テテフから交代して繰り出すにあたってエスパー無効鋼半減ゴースト半減悪半減炎半減です。

かつ威嚇持ちでさらにメタグロス、テッカグヤ、ギルガルドあたりに有効打をもっているということでこのPTに非常によくかみ合っていました。

借りた個体が勇敢だったのでこれを使っていましたが、こごえるかぜを2回受けた相手を抜くこともできなかったし多分いじっぱりのほうがよかったです。

耐久はもう少しDに振っていればという場面もあった気がします。

とんぼがえりはあまり使わなかったし、相手のガオガエンガオガエンミラーでけたぐりを使ってきたのがかっこよかったのでけたぐりも試してみたいです。

それと、Zを持たせてないし悪技枠ははたきおとすでよかったですね。

サイコフィールドを忘れてねこだましをするミスが複数回あったので反省します。

ギガイアス

持ち物:サイコシード
特性:すなおこし
性格:ゆうかん
努力値:H252-A252-D4
実数値:192-205-150-×-101-27
技:いわなだれ/ストーンエッジ/ワイドガード/まもる

とても強いと感じたポケモン。なんでも耐えて返しのいわなだれで削ってメガメタグロスを通す道を開拓してくれます。

【耐久】

C特化テテフのマキシムサイブレイカー68.7%〜81.2%
陽気ASメタグロスのアイアンヘッド79.1%〜94.7%

とてもとても硬い。

【火力】

H177-B136カプレヒレへのいわなだれ 27.1%〜32.2%
H165-B110ランドロスへのA下降いわなだれ23.6%〜27.8%

しっかりとしたダメージ。

威嚇を入れにくるランドロスガオガエンも雪崩でごりごり削れるし、こっちがグロスを出す前にそいつらをおびき出してくれる時点で偉い。遅いので相手のトリル展開にも張り合えます。

そしてもっと偉いのが相手のおいかぜ展開を凌ぎ切ってくれること。サンダーレヒレに強い。

下から岩雪崩連打で削っていって、ギガイアスの体力が減ってからはワイドガードで相手レヒレを置物にしながら隣の味方で相手の隣を殴っていけます。

 

砂が切れたシード補正のみの状態と砂状態の特殊耐久補正は同じなので、砂が切れたあとは威嚇解除に一旦交代も有力選択肢として含めるべきだったこと。

先発から両交代したいときはギガイアス側をテテフと交代しないとシード無駄消費から交代になってしまうことに気付かなかったこと。これらが原因で負けた試合がありました。

ミロカロス

持ち物:グラスシード
特性:かちき
性格:ひかえめ
努力値:H252-B76-C76-D100-S4
実数値:202-×-109-143-158-102
技:ねっとう/こごえるかぜ/じこさいせい/まもる

ダブルのミロカロスのテンプレといえば

  • CS振りでびびり玉やスカーフを持って上から殴る型
  • B特化で下から動けるようにした型

のざっくり2種類で、どちらも勝気で火力をあげて殴ることや相手の威嚇持ちの選出を抑制して相手の選出パターンを崩させることが狙いになります。

勝気を発動させた後にどうやって攻撃するかが違いですね。

 

そして後者の耐久降りタイプの場合の話ですが、B特化に近くしていないと例えばガルーラランドの並びの雪崩+捨て身タックルでそのまま落ちかねない。

他には、ランドロスの地面Zでワンパンされてしまう。といった弱点が生まれるため必然的にB特化になるのですが、そうすると火力がとても低くなってしまいます。

無振りミロカロスの火力はHP振りのヒードランがねっとう2発で倒しきれないくらい。

勝気発動した前提でもあと一歩足りないばかりか、発動しない場合は置物と言わざるを得ないほど火力が低い。瞑想も覚えない。扱いにくいですね。

 

今回採用している個体のC143というのがそのヒードランを熱湯2発で倒せる程度、勝気発動前提なら強いと感じられるボーダーラインくらいの火力です。

しかし、物理耐久を削るとやはり威嚇を発動時の行動保障が十分とは言えなくなる。

それを解決する画期的な選択肢が「グラスシードで防御を1段階上げる」方法です。これによって十分な火力と耐久を両立することができました。

 

技構成はググってでてきた構築のものをそのまま採用したら強かったです。

デンキZを耐えないこと、レヒレへの打点がないこと、ブルルと同時選出前提なことが弱点で、相手にコケコがいるからミロカロスはだせないな。サンダーデンキZも怖いな。ブルルの苦手な相手が多いから無理だなと思っていたら一番選出率が低いポケモンになっていました。

グラスシードで物理耐久を確保することでランドロスガオガエンの攻撃で倒れることはないと安心して動かせたのはよかったです。

グラスフィールドで回復していくのもとても相性がよかったです。レヒレも味方の物理打点を温存してさえいれば倒せました。忘れてラス1ミロレヒレ対面になると負けました。

選出

基本選出

先発ギガイアス、カプテテフ 後発ガオガエン、メタグロス

シード、砂、いかくによってまるでぬしポケモンのように能力の上がったギガイアスいわなだれで相手を削り、スカーフテテフメタグロスで詰める。

メガラグラージ入りなど岩の通りが悪い相手に対して

先発ミロカロス、カプブルル 後発メタグロス、カプテテフ

シードで能力の上がったミロカロスの体力を維持しながらこごえるかぜで削ってブルルメタグロスで詰める。

反省

45戦やってレートは1500代で終わりました。最初の7戦8戦で1600には乗ったはずなんですが、最初のうちは調子が良かったものの10戦目以降になって急に勝てなくなりました。

原因は主に

  • リザードン入りの鋼タイプのヒードラン、メタグロス、トゲデマルあたりがうまく削れなかったこと。
  • ギガイアスいわなだれが刺さらないポケモンがいたこと。

コケコデンキZだって、メガメタグロスアイアンヘッドだって耐えてくれるのに返しのいわなだれの威力が足りない

トゲデマルの前で2回も3回も動けてるのにギガイアスが負けていくんですよ。

ギガイアスじだんだを覚えさせていなかったのが問題でした。この問題が大きすぎた。

じだんださえあれば、あとは自分のミスがもっと少なければ、もっと勝てたのに。準備不足が過ぎたのでミスがいっぱいでした。

 

そしてミロカロスも強いと感じたのに選出ができなかった。カプブルルと並べたときに速くないポケモン2体の並びになるのがまずかった。

ミロカロスの隣に置ける、もとから速くて水タイプ相手に高打点を持てて、一致技の通らない範囲をミロカロスの水・氷打点でうまく補完できて、ミロカロスの防御を1段階上げるシードを起動させられるようなポケモンどこかにいないかなぁ。

そんな都合のいいポケモンいるわけないし

 

まさかそんなポケモンなんて

 

まさか

 

カプ・コケコ!?!?!?!?!?!?

 

カプ・コケコ+シードミロカロスめっちゃつよそ~~~~~

と、いうことで準備不足が過ぎたのでミスがいっぱいでした。

余談

今までシード系のアイテムはほぼ使ったことがなかったしカプ系の扱いにも慣れていなかったのですが、シードを活かした盤面を作れていると、相手はこれ驚いてるかな?という気分になれて楽しかったです。

APPDATE公式グッズのご案内

APPDATE公式グッズショップができました。
これでキミの毎日もAPPDATEだ!

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン

2018.01.30

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

cosmos

元トリプル勢。トリプルがなくなってからはアイカツを見ていました。