【サンムーン・S6スペシャル】化身ボルトロスと霊獣トルネロスの土砂降りアローラ紀行!

ABOUTこの記事をかいた人

komatsu

ブニャットとカミツルギが好きです。普通のポケモンで変なことするのも好きです。

はじめに

おつかれさまです。komatsuです。
今回はサンムーンになってから向かい風気味の化身ボルトロスをアタッカーとして採用したS6スペシャルレートのパーティとなります。
紆余曲折を経て飛行タイプが4体、水タイプが3体という構成になりました。

エースで積んで全抜きを狙うPTであり、雨パでもあり、トリパでもあるPTに仕上がりました。取れる戦術の幅はかなり広いです。

S6スペシャルレートについて

リザードン、ゲンガー、ギャラドス、ポリゴン2、バシャーモ、ボーマンダ、ガブリアス、ルカリオ、カバルドン、マンムー、ナットレイ、ランドロス、ゲッコウガ、ギルガルド、ミミッキュ、カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・レヒレが使えない6350のシングルバトルとなります。
普段は対策に頭を抱えるポケモン達が軒並みいないということです。
(ガルーラ、ヒードラン、クレセリアなどは使えますが・・・)

また、過去作産ポケモンも使用可能です。

実際に作ったパーティ

個別解説

化身ボルトロス


持ち物:カクトウZ
特性:いたずらごころ
性格:おくびょう
努力値:H4 C252 S252
実数値:155-x-90-177-100-179
技:10まんボルト/きあいだま/あくのはどう/わるだくみ
抜きエースとしての採用。
タイプ一致命中安定の10まんボルトを採用。
Zきあいだまでメガガルーラ、ヒードランを倒すためにカクトウZときあいだまを採用。
抜きエースとしての採用なのでわるだくみを採用。
メタグロスや後出しされるであろうアローラガラガラを倒すためにあくのはどうを採用。

霊獣トルネロス

持ち物:ラムのみ
特性:さいせいりょく
性格:おくびょう
努力値:H4 C252 S252
実数値:155-x-100-162-110-190
技:エアスラッシュ/きあいだま/ぼうふう/ちょうはつ
対ジャローダ、起点系パーティを意識して採用。
調整先も思いつかなかったのとORASでおくびょう個体を捕まえていたこともあってCSで採用。
ジャローダ、起点作成要員を意識してエアスラッシュとちょうはつを採用。

きあいだまは何となく、ぼうふうは雨要素として入れただけなので他に良い技あるかもしれない。
ちょうはつと併せてどくどくの採用もありかもしれない。

カイリュー


持ち物:こだわりハチマキ
特性:マルチスケイル
性格:いじっぱり
努力値:H132 A252 D124
実数値:183-204-115-x-136-100
技:げきりん/じしん/しんそく/かみなりパンチ
S2のシングルで使っていた個体を流用。
エースとしての採用なのでA252振りで確定。
HBはA200かたいツメメガリザードンXのげきりん耐え
HDはC155へんげんじざいゲッコウガのいのちのたまれいとうビーム耐え
↑は流用元の調整。
スペシャルレートで使うならSを107ぐらいまで上げて
ステルスロック込みでHBずぶといクレセリアを交換で出された際にげきりん×2で倒せるようにした方がいいと思う。
(※上記の条件でクレセリアを倒すだけならA252は過剰です)

ペリッパー

持ち物:きあいのタスキ
特性:あめふらし
性格:おくびょう
努力値:H4 C252 S252
実数値:136-x-120-147-90-128
技:ねっとう/ハイドロポンプ/ぼうふう/あまごい
パーティ全体がキノガッサに弱いという致命的な点があるため
いじっぱりキノガッサだけでも倒せるようにとおくびょうCSで採用。
持ち物は何となくできあいのタスキを採用。

技については火傷が強いねっとう、最大威力のハイドロポンプ、対キノガッサ用の暴風までは確定。
雨が降っていない状態でフィールドにペリッパーがいる状況があるかもしれないのであまごいを採用。

ラグラージ

持ち物:ラグラージナイト
特性:げきりゅう
性格:いじっぱり
努力値:H76 A252 B4 D4 S172
実数値:183-178-111-x-111-104
メガ時:183-222-131-x-131-114
技:たきのぼり/じしん/れいとうパンチ/ステルスロック
雨エースとして採用。
Sはすいすい発動時に最速スカーフデンジュモク抜きとなるラインに設定しました。
基本的には抜きエースとしての運用なのでA252が確定。
残りはHBDに振り分けました。
HPが8n-1になったのは偶然。

技に関しては命中安定でタイプ一致のたきのぼり、じしんは確定。
れいとうパンチはとりあえずで入れました。
ステルスロックは消すのが勿体なかったのでそのまま採用。

ヤドラン


持ち物:ヤドランナイト
特性:さいせいりょく
性格:ひかえめ
努力値:H252 B4 C252
実数値:202-x-131-167-100-50
メガ時:202-x-201-200-100-50
技:なみのり/れいとうビーム/かえんほうしゃ/トリックルーム
ウツロイドAVRASで使っていた個体を流用。

【サンムーン/シングル】ウツロイドAVRAS

2017.08.06
全抜きエースとしての採用なのでC252が確定。
残りはメガヤドラン時を考慮しH252、B4とした。

全抜き、トリックルーム要員としてトリックルームを採用。
タイプ一致命中安定でウルガモスを確1で倒せるなみのりを採用。
主にカイリューを筆頭としてドラゴンを意識してれいとうビームを採用。
通常シングルに比べてかえんほうしゃの通りがあまり良くない気もするがそのまま採用。

選出

基本選出

先発:ラグラージ、カイリュー、ヤドラン

ラグラージでステルスロックを撒いて、相手の3匹をまんべんなく削り全抜きするパターン。
〆はカイリューのしんそく、トリックルーム下のヤドラン、ラグラージ、カイリューのげきりんなど。

雨選出

先発:ラグラージ、ペリッパー、何か

雨選出の場合でもラグラージのステルスロックから展開することが多い。
ペリッパーで雨を降らした後に、ペリッパーを残せるなら残しておくと便利。
何かの枠はヤドランかカイリューになることが多い。

対ガルクレセドラン

先発:化身ボルトロス、ペリッパー、ラグラージかヤドラン

相手の先発がガルーラの場合はZきあいだまを選択しましょう。
上手く倒せればクレセドランを3体で蹂躙する形になります。
ガルーラを倒した後にクレセリアが出てきた場合はわるだくみ、あくのはどうで攻めます。
クレセリアに化身ボルトロスが倒されたらペリッパーを出し、ねっとう(ダメージ的に足りなさそうならハイドロポンプ)で攻めます。
雨下なのでつきのひかりの回復量が落ちるためペリッパーでも勝機はある。

対ジャローダ入り、起点系パーティ

先発:霊獣トルネロス、何か×2

相手のパーティにもよるが電気の一貫を切りたい場合はラグラージを入れる。
後の2体は相手のパーティによる。。。

対受けループ

先発:ラグラージ、化身ボルトロス、何か

エアームドのがんじょうを崩し、化身ボルトロスのわるだくみを何回積めるかがカギ。
何かの枠はちょうはつを持っている霊獣トルネロスになることが多い。
対グライオンピンポイントだがヤドランのトリックルームでまもる・みがわりループを崩すことが出来るのでヤドランの選出もあり。

勝ち筋

選出でも触れましたが、ラグラージでステルスロックを撒いて相手の3匹をペリッパー(雨下限定)・メガラグラージ・メガヤドラン・化身ボルトロス・カイリューの攻撃圏内に入れること。
勝ち筋をランク分けする場合は下のようになります。

上:カイリューのハチマキしんそく
中:化身ボルトロスの10まんボルト、あくのはどう、Zきあいだま圏内
下:雨下のペリッパー・メガラグラージ、トリックルーム下のメガヤドランの攻撃圏内。

ランクの内訳
上:相手の優先度1攻撃を意識しないで良い
中:相手の優先度1攻撃を意識する必要がある
下:中に加えて雨、トリックルームターンの制限がある

実際の対戦では中と下になるパターンが多かったです。
極稀に霊獣トルネロスで全抜きすることもありましたが、命中100未満の攻撃技しか採用していないため不安が残る。

キツイ相手

アシレーヌ、マリルリ


対面ならカイリューのかみなりパンチで勝てるが、交換出しからの場合は苦しい。

フリーズドライ持ちの皆様


6体全員がフリーズドライに弱い。(3体は4倍弱点)
ラプラス、フリージオとマッチした時は敗北を悟ったがカイリューのげきりん、しんそくでどうにかした。

オニゴーリ


ほろびのうた、アンコール、ロックブラスト等が無いので蹂躙されがち。
化身ボルトロスでわるだくみを2、3回積んで、まもるにZきあいだまを当てるぐらいしか勝ち目がない。
相手有利な運ゲーになりがちなのでしっかり対策しましょう。
ペリッパーをニョロトノに変えれば解決するかもしれない・・・?

イーブイバトン


相手の先発エルフーンにちょうはつをされることが多いため、化身ボルトロス・霊獣トルネロスでの対策が難しい。
エルフーンのおきみやげに合わせて霊獣トルネロスを出すことが出来ればイーブイにちょうはつ出来るのでバトンタッチは防ぐことが出来る。
実戦ではバトンタッチ先をカイリューのげきりん×2で強引に倒して勝ったこともありました。

トリックルームからのメガクチート、メガヘラクロス


霊獣トルネロスでトリックルーム要員にちょうはつ出来るかが全て。
トリックルーム発動後のメガクチートに関しては望みはあるが、メガヘラクロスは技外しが無い限り無理。

毒・みがわり系

ほぼ詰みです。

感想

化身ボルトロス


⇒わるだくみからの全抜きが爽快でした。
再戦が多かったため、1回戦はメガガルーラをZきあいだまで倒し、
2回戦はアローラガラガラ交換読みでわるだくみからの全抜きなどと地雷性能を発揮してくれました。

霊獣トルネロス


⇒対策枠としての抜擢だったため選出自体は少なかったが、
選出した際はキッチリと仕事してくれた。

カイリュー


⇒しんそく、げきりんをしてるだけで勝てた対戦もありました。
トリックルーム下での抜き性能抜群でこれまた爽快でした。
じしんの枠は他に良い技があるかもしれないです。(ばかぢから、アクアテール、ヘラクロス意識のつばめがえしなど?)

ペリッパー


⇒シングルでの天候5ターンが非常に短く感じた。
持ち物はしめったいわを持たせることを検討して良いかもしれない。
あまごいの枠は要検討。
いじっぱりキノガッサ対策でおくびょうにしたが、更に速いようきキノガッサにボコられた・・・。

ラグラージ


⇒本パーティのMVP。雨メガラグラージ・トリックルーム下メガラグラージ、雨トリックルーム下でのラグラージと多様な形でエースとして活躍してくれた。
ヤドラン・ペリッパーと同時選出する時は上記3通りのどれかで全抜きするのが理想。
もちろんヤドランで全抜きできそうならばそれでもいい。
れいとうパンチを使うことはあったにはあったが、所詮は威力75なので4倍弱点ピンポイントになりがち。
対エアームド用にハイドロポンプ、カプ・ブルル用にヘドロウェーブなどを入れても面白いかもしれない。
(上の2体に対して下降補正無振りでも確2)

ヤドラン


⇒ウツロイドAVRASで使ったとき同様に強かった。
今回はあめふらしペリッパーとの同時採用のため雨トリックルーム下でのなみのりという強力な要素が加わった。
C130のタイプ一致に更に1.5倍というとカプ・テテフのPFサイコキネシス並みの威力となります。
ただし、雨なみのりでもアシレーヌ、マリルリの相手をするのは苦しいのでサイコショックやサイコキネシスが欲しくなる場面もありました。
また、メガクチートに対するダメージ的にかえんほうしゃではなくだいもんじを採用することもありかなと思いました。
要するに技スペ足りないポケモンです。。。

総括

シングルの割にはギミックをたくさん詰め込んだ(と思っている)ので使っていて楽しかったです。

最高レートは1760ぐらい。(その時点での順位は30位ぐらい)
そこから1500台の猛者と当たってしまい、善戦するも焦ってミスをしてしまい負け。
次に1600台の猛者と当たり、何とか勝てそうだったが悲劇の回線切れが発生・・・。
レート的に僕の心は折れてしまいました・・・。

それでも普段シングルで見かけないポケモンを使うのは楽しいのでボチボチやっていこうと思います。

QRコード

ボルトロスとトルネロスとアローラ旅行へ!

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・サンムーン】QRレンタルチーム一覧

2017.08.14

APPDATEで公開されたQRチーム一覧はこちらから。

レート2000超えの構築からレート1200代の闇構築まで幅広く取り揃えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。