【サンムーン・全国ダブル】レベル1トゲピースタン【1800達成】

ABOUTこの記事をかいた人

エトランゼ

影踏みオフというトリプルオフの主催をしています。ギミックの考察が好きです。

はじめに

初めまして!エトランゼです!

 

アインズさんとどくのすを味方に使うPTを考察していたことがきっかけでLv1トゲピーを使った構築を作ったので、その構築を紹介したいと思います。

スタンとは何か

スタンとはポケモンの構築で使われる言葉ですがわかりやすく説明するなら

 

「スタンダードの略称。上位構築の中でも特定の戦術などを軸にせず、ポケモンそれぞれの性能や単純なタイプ相性等のシナジーから構築されるパーティーのこと。高種族値のポケモンが採用されやすい。」

 

と説明できると思います。この構築がスタンと呼べる理由はトゲピーの戦術を軸にせず、自然な選出が出来るためです。

トゲピーの戦略範囲は広く、バンギラスだけでなくメガガルーラ、クレセリアと隣になっても別の戦術が使えるようになっています

 

トゲピーの強さ

トゲピーの強さはその弱さです

トゲピーはH種族値が35しかないためH実数値(Lv1)が11になります。この弱さがこのポケモンの採用理由です。

トゲピーはH実数値11のためその状態でがむしゃらを使うと対象のポケモンのH実数値を11にします。そのため砂ダメが11のポケモンはがむしゃら+砂ダメで死ぬことになります。

しばしばポケモン(特にメガガルーラ)のH実数値は砂ダメを最小に抑えるため191に調整されますが、この調整のポケモンをがむしゃら+砂ダメで倒せるのです。

この条件(H実数値11+がむしゃら)のポケモンの中で、メガガルーラのグロウパンチと相性のいいこのゆびとまれを習得するという理由でトゲピーを採用しました。

構築詳細

メガガルーラ

持ち物:ガルーラナイト
特性:精神力→親子愛
性格:陽気
努力値:H68 A252 S188
実数値:189-177-120-x-120-158
技:猫騙し/捨身タックル/冷凍パンチ/グロウパンチ

最速霊獣ランドロス+1。

カプ・コケコのエレキメイカーで持ち物を判別した上で冷凍パンチを選択できるようにしました。

グロウパンチでAを上げてからトゲピーのこのゆびとまれで守りながら動かすこともできるようになっています。

 

カプ・コケコ

持ち物:命の珠
特性:エレキメイカー
性格:臆病
努力値:H4C252S252
実数値:146-x-105-147-95-200
技:10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/守る

メガガルーラカプ・コケコ+ギルガルドクレセリアの選出の時はボルトチェンジでクレセリアに交代します。

カプ・コケコクレセリア+バンギラストゲピーの選出の時にはボルトチェンジでトゲピーに交代しながらトリックルームを使います。

スイッチトリルの高速ATのためボルトチェンジで手元に還るのが非常に強い動きとなります。

 

バンギラス

持ち物:悪z
特性:砂起こし
性格:勇敢
努力値:H252 A252 D4
実数値:207-204-130-x-121-59
技:岩雪崩/イカサマ/地震/守る

トリル下でトゲピーと並んで1体を悪zで処理しながらもう1体をがむしゃら+砂ダメで処理することで2体killを狙います。

イカサマの採用理由はがむしゃら無効のギルガルドに対して威嚇込み悪zで倒せることとトゲピーが構築に入ったことで威嚇枠が消えイカサマとの相性がよくなったことです。

ギルガルド

持ち物:霊z
特性:バトルスイッチ
性格:控えめ
努力値:H252 C252 D4
実数値:167-x-170-112(222)-171-80
技:シャドーボール/ワイドガード/身代わり/キングシールド

Z以外の持ち物(混乱実?)も視野に入ると思います。

 

クレセリア

持ち物:メンタルハーブ
特性:浮遊
性格:控えめ
努力値:H252 C252 D4
実数値:227-x-140-139-150-105
技:トリックルーム/サイコキネシス/冷凍ビーム/めざめるパワー(地面)

S操作。トゲピーと並んだ時はがむしゃらと攻撃技を重ねて処理します。

全てのポケモンの交代先として優秀で、カプ・コケコのボルトチェンジと併せてスイッチしたり対トリルでメガガルーラギルガルドの猫身代わりを通してからトリルを返して戦います。

 

Lv1トゲピー

持ち物:襷
特性:天の恵み
性格:冷静
努力値:0
実数値:11-x-6-x-6-4
技:がむしゃら/このゆびとまれ/お先にどうぞ/守る

トゲピーミラーで判定勝ちを狙うためS実数値は4にしました。

トゲピーはH実数値11のためその状態でがむしゃらを使うと対象のポケモンのH実数値を11にします。

そのため砂ダメが11(H実数値176~191)のポケモンはがむしゃら+砂ダメで死ぬことになります。

砂ダメを受けるとトゲピーのHPが11→10→・・・と減り、がむしゃら+砂ダメで倒せるH実数値の範囲が(176〜→160〜→・・・)に広がります。

バンギラスが刺さる時選出します。選出率は40%位でした。

 

選出

基本選出

or

トリルとテテフグロスには初手メガガルーラギルガルドの選出をします。

 

トリル選出

or

 

バンギラスが刺さる時選出します。

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この構築で現在レート1800を記録しています。トゲピーは7世代全国ダブルでしかできない珍しい戦術だと思います。もし興味を持って使って下さる方がいれば嬉しいです。

 

QR

トゲピースタン

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    エトランゼ

    影踏みオフというトリプルオフの主催をしています。ギミックの考察が好きです。