【サンムーン・ダブル】トルネロス軸追い風Zビートダウン

ABOUTこの記事をかいた人

kanata

ダブルメイン、時々シングルもやったりするしがない電信柱

※本記事は、れいさんの記事を代理投稿するものです。

はじめに

皆さん、初めまして。れいと申します。

この度、APPDATEに構築記事を寄稿させていただきました。

普段対戦している上では中々気付きにくい仕様やZ技の選択肢の1つとして、より多くの人に知ってもらえればと思ってこの記事を書きました。

構築経緯

普段は勝つための構築を組む事を考えていますが、中々上手くいかず、休憩?としてZ技の仕様一覧を眺めていました。

その時、追い風Zが急所ランクを+2も上げてくれる事に着目しました。急所ランクが+2だと急所に当たる確率が50%になります。+3だと100%です。

そして、飛行技で急所に当たりやすい(ランク+1)且つ全体技があるのです。

エアカッター

この時の私は疲れから確定急所で全体技だから強い!と思い、構築を組みました。

現実的なことを考えると、ステータスの補正や壁を無視する威力90の全体技は弱いわけではないが、強いかと言うと首を捻る。

構築説明

トルネロス  

持ち物:ヒコウZ
特性:いたずらごころ
性格:おくびょう
努力値:C252 S252 H4

実数値:155-x-90-177-100-179
技:エアカッター/おいかぜ/まもる/ぼうふう

C種族値が地味に125もあるので火力は悪くない。(トルネロスのC)=(サンダーのC)

Z追い風で確定急所全体技を打てるポケモンとしては、他に強運トゲキッスなどが存在する

ただしトゲキッスの場合、猫騙しミラーでの立ち回りや岩雪崩などによる怯みのケアが難しいと考えトルネロスを採用した。

怯み以外にも、特性のお陰で不意のZ技や急所で追い風を打てずに退場することがまずないこともとても大きい。

相手がこちらよりも後に追い風を展開し、1、2ターンの間こちらの上を取られてしまった場合にも悪戯心追い風が役立つ。トルネロスさえ生存していればいくらでも対処が可能。

また、相手に先に追い風を起動されてしまった場合でも悪戯心追い風ならば容易に切り返せる。これもトルネロスだからこその利点であり見逃せない。

※Z追い風で急所ランク+2、強運で+1、合計+3になる。よってマジカルシャインが確定で急所に当たるようになる

 

ぼうふうはヒコウZにより瞬間的な火力が必要な時に使い分けができるように採用した。

なお、基本的に初手ガルーラトルネロスを出すため、2匹の並びの攻撃範囲から考えるとねっぷうを採用するのと選択ではある。

おいかぜZをした後のねっぷうは、急所率5割の全体技且つ火傷する確率もついてくる。強そう(小並感)

 

因みに、急所エアカッターのダメージですが、なんと……

無振りサワムラーが倒せません!

攻: トルネロス[化身] Lv.50
防: サワムラー Lv.50
ダメージ: 68〜84
割合: 54.4%〜67.2%
回数: 確定2発
急所ダメージ: 104〜126
割合: 83.2%〜100.8%

サワレヒレと対戦した時に気付きました。耐え調整しているかのごとく耐えられたので、さすがに笑ってしまいました。

とはいえ、味方の圏内まで削る分には十分な威力があります。一撃で沈めるエースというよりは、適度に削りを入れられる追い風起動役といった感じですね。

 

ガルーラ 

持ち物:ガルーラナイト
特性:せいしんりょく→おやこあい
性格:ようき

努力値:A244 S252 H4 B4 D4

実数値
メガ前:181-146-101-x-101-156
メガ後:181-176-121-x-121-167
技:ねこだまし/すてみタックル/れいとうパンチ/けたぐり

追い風展開の補助の猫だまし、メインウェポンのすてみタックル。

霊ランドやマンダに対しての大きな打点として冷凍パンチ。飛行が通りにくい岩、鋼あたりを意識してけたぐり。

技の採用についてはエアカッターのダメージを込で選択した。

ガルーラ単体で考えると親子愛のダメージが下降修正されたことにより、けたぐりでの確定数が違うため格闘技については再考の余地があると思っている。

が、今回の構築ではエアカッターと合わせてのダメージレースを意識してけたぐりを採用した。

基本的には頭悪いぐらい雑に扱って後続につなげるぐらいで良い。

ガラガラ(アローラ) 

持ち物:ふといホネ
特性:ひらいしん
性格:ようき
努力値:A252 S252 H4

実数値:136-132-130-x-100-106
技:フレアドライブ/シャドーボーン/いわなだれ/みきり

まず、ガルーラトルネロスという並びではギルガルドにどうしても対応出来ない。

ギルガルドは非常に使用率が高いポケモンでもあり、対策は必須。ギルガルドを倒せるポケモンを考えた時にガラガラに行き着いた。

ギルガルドをワンパンで倒せる事もそうだが、シャドーボーンは非接触技であるため、キングシールドでAを下げられる事がない。

いわなだれは構築全体でリザードンが辛そうと感じたため採用した。

性格については、追い風下で130族を抜いておいて損はないという考え方から、ようきを選択した。

カプ・コケコ

持ち物:いのちのたま
性格:おくびょう
特性:エレキメイカー
努力値:C252 S252 H4

実数値:146-x-105-147-95-200
技:10まんボルト/マジカルシャイン/ちょうはつ/まもる

追い風が終わった後の〆ポケモン。一応入れておくというレベルでの補助対策として挑発を採用した。

基本的には後発から死に出ししていく。

カミツルギ  

持ち物:ピントレンズ
特性:ビーストブースト
性格:いじっぱり
努力値:A252 S252 H4

実数値:135-256-151-x-51-161
技:リーフブレード/はっぱカッター/つじぎり/みきり

何故採用したかと言われると、急所関係の遊び心。全ての技が急所に当たりやすい事と持ち物補正から全ての技が50%で急所に当たります。

個人的にはっぱカッターが好きです。カミツルギが使うと馬鹿にできないぐらいの技になります。

ピッピ  

持ち物:しんかのきせき
特性:フレンドガード
性格:なまいき
努力値:H236 B196 D76
実数値:175-x-93-x-104-36
技:このゆびとまれ/てだすけ/アンコール/まもる

トリックルームに対する最低限の切り返しができるように採用した。

フレンドガードでの味方の耐久の底上げ、このゆびでの試行回数確保、アンコールで相手のトリックルーム、ねこだまし、まもるを縛って時間を稼ぐ。

ガルーラスタンのような中速トリパだと挑発で充分だが、純正トリパは必ずメンハ要員がいると考えているので、挑発だと対策として薄すぎると思っている。

選出

先発がガルーラトルネロス。後発は相手の面子を見て判断。

トリックルーム以外のPTであれば、カミツルギ、カプ・コケコ、ガラガラの内から刺さっていそうな2匹を出す。

トリックルームがあるようであればピッピ+αを選出する事になる。

ガルーラスタンのクレセ入りに対しては結果論がつきまとうので、ピッピを選出しないでトリックルームされる場合は最悪ガルーラの猫だましを駆使して立ち回るしかない。

戦績

他の構築を使いながらレートをしていたため正確な戦績は出せませんが、おおよそ1800程度でした。1750~1850の間を行ったり来たり、といった感じです。

得意な相手及び苦手な相手

相性が良い構築は雨構築です。トルネロスとカミツルギあたりで蹂躙する事ができます。

具体的には

  1. 悪戯心追い風によりS優位を取り返しやすいこと
  2. 飛行の通りが良く、エアカッターでの削りが入れやすいこと
  3. 相手が雨を降らせてくれるお陰で、急所率が上がった状態で必中暴風が打てること

などの要素があってかなり有利に立ち回れました。暴風急所でキングドラを即死させるような場面も。

総じて、構築単位で強めと言えるでしょう。

 

逆に苦手な相手としては、トリックルーム系パーティが上げられます。

S操作手段が追い風しかなく、PT面子もピッピ以外は早めのポケモンで固まっています。

コケコの挑発やガルーラの猫騙し、ピッピの補助があるので戦えないわけではありません。が、それでも苦手な相手ですね。

また、トリックルームを使ってくるのかどうか分からない相手も苦手です(クレセ入りのガルスタンやリザードン入りグッドスタッフ等)。

or

ピッピが対トリルの切り返しに特化しているため、相手がトリルをしてくるか判別出来ない場合、ピッピに1枠を割くかどうか…という択が発生してしまいます。ピッピがいないとトリル展開が苦しく、かといってトリル展開をされないとピッピが置物に近い状態になる…といった感じです。

また、構築ではなく個体の話になりますが鋼タイプが苦しい傾向にあります。特にギルガルド。

先発にガルーラトルネロスを並べる都合上、先発のギルガルドに対して有効打点が全くありません。必然的に行動の選択肢が狭まってしまいます。

先発のギルガルドと対面した場合、「ガルーラトルネロスではガルドに打点が無い。だからガルドの隣に集中攻撃を仕掛けよう」といった非常に分かりやすい選択肢しか残りません。

相手としては追い風ターンを凌ぎたいでしょうから、守るを選んでくる可能性が高いです。

ガルトルネで集中を仕掛けたターンに守るを押されると、1ターンを完全に無駄にしてしまいます。効果ターンの短い追い風にとって、1ターンのロスは致命的です。

そういった事情から追い風ターンを凌がれやすく、トルネロスを倒されてしまうと攻めの息切れを起こしてしまうことも。

ガラガラがいるとはいえ、キングシールドを絡めて時間稼ぎをされると大分苦しいですね。

雑感

いつもは攻撃技のZしか使わないのもあり、補助技をZ技にして展開していくという事にはかなり新鮮味がありました。

割と真面目なレベルで組みましたが、もう少し遊び心を出して強運持ちのポケモンに急所率を上げるアイテムを持たせてみるとギャンブル性があって面白いと思います。

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・サンムーン】QRレンタルチーム一覧

2017.08.14

APPDATEで公開されたQRチーム一覧はこちらから。

レート2000超えの構築からレート1200代の闇構築まで幅広く取り揃えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。