【USUM・ダブル】ケンタロス入りニンフィア・アシレーヌトリパ

ABOUTこの記事をかいた人

komatsu

ブニャットとカミツルギが好きです。普通のポケモンで変なことするのも好きです。

はじめに

お疲れ様です。komatsuです。今回は勢いとノリで作ったケンタロス入りニンフィア・アシレーヌトリパとなります。

先に言うと戦績は芳しく無く、使用感もイマイチでしたがそれらの反省と反面教師になるように書きました。

パーティ作成経緯

トリプルで非常に強力だった、ガルーラニンフィアという並びをダブルで使ってみようというところからです。

トリプルで見かけたガルーラニンフィアとしてガルーラ、ニンフィア、霊獣ランドロス、クレセリア、ヒードラン、@1というものが多かったです。

せっかくなのでいかく、強力な攻撃性能などを別のポケモンに挿げ替えた並びを作ることにしました。間違いその1

その結果、メガガルーラ・霊獣ランドロスが外れ、ケンタロス・メガガブリアスが参入しました。間違いその2

最後の1体としてニンフィアより火力は落ちますが攻撃性能が高いうるおいボイスアシレーヌを採用しました。

パーティ


個別解説

ケンタロス


持ち物:ジメンZ
特性:いかく
性格:ようき
種族値:75-100-95-40-70-110
努力値:AS252 H4
実数値:151-152-115-45-90-178
技:すてみタックル/じしん/だいもんじ/てだすけ

S110・いかく・広い攻撃範囲と意外にもてだすけなりきりといった補助技を使える初代最強クラスの武闘派牛。

S110物理攻撃性能を活かすためにようきASで採用。

攻撃性能を高めるためにすてみタックルを採用。

ジメンZと併せて鋼タイプ(特にギルガルド)への打点としてじしんを採用。

一発芸枠として対カミツルギ用のだいもんじを採用。(とくこう個体値が低過ぎてかえんほうしゃではカミツルギを確1取れなかったため)

なんちゃって置物回避技としててだすけを採用。

持ち物はギルガルド辺りを意識しジメンZを採用。間違いその3

だいもんじの枠は選択だと思うけど2回ほど撃つ機会がありました。

ジメンZの火力を見誤っており177-160っぽいコータスに耐えられたときは頭を抱えた。

ガブリアス

持ち物:ガブリアスナイト
特性:さめはだ
性格:いじっぱり
努力値:H132 A252 B4 D4 S124
実数値:199-200-116-x-106-138
メガ時:199-244-136-x-116-128
技:じしん/いわなだれ/じだんだ/まもる

霊獣ランドロス地面タイプメガガルーラ・霊獣ランドロス攻撃性能部分として採用。間違いその4

タイプ一致命中安定のじしん、じだんだを採用。

怯みを狙えるいわなだれを採用。

大事に使いたいのでまもるを採用。

火力・耐久を大幅に向上させるガブリアスナイトを採用。

調整意図が不明。Sはガブリアス時準速ジャラランガ抜きなのは分かった。

ただしドラゴン技が無くジャラランガを1発で倒せない構成になっているので意味が薄い。

ニンフィア


持ち物:こだわりメガネ
特性:フェアリースキン
性格:ひかえめ
努力値:HC252 B4
実数値:202-x-86-178-150-80
技:ハイパーボイス/ムーンフォース/はかいこうせん/シャドーボール

ORASトリプルを象徴する最強の範囲技使い。本パーティの主役。

基本的にハイパーボイスしか使わないので、火力を大幅に上げるこだわりメガネを採用。

威力、命中ともに最強クラスの範囲技のハイパーボイスを採用。

単体打点としてムーンフォースはかいこうせんをそれぞれ採用。

ギルガルド辺りを意識しシャドーボールを採用。

接戦で役立つかもしれないでんこうせっかの採用もありかなと思う。

配分はとりあえずひかえめHCにしました。メガボーマンダすてみタックル辺りを意識して調整するといいかもしれない。

 

ヒードラン

持ち物:イアのみ
特性:もらいび
性格:ひかえめ
努力値:HC252 D4
実数値:198-x-126-200-127-97
技:ねっぷう/ラスターカノン/みがわり/まもる

冒頭で挙げたガルニンフの並びを再現するために採用。

優秀な耐性から詰めを担当してもらう事にしました。

範囲攻撃用にねっぷうを採用。タイプ一致打点としてラスターカノンを採用。

詰め性能を上げるためにみがわりを採用。

大事に使いたいのでまもるを採用。

お試しにイアのみを採用。感想としては即効性を考慮しなければたべのこしと比べて有りだとは思う。

トリックルーム下で攻めたりするのでひかえめHCにしました。

クレセリア


持ち物:ウイのみ
特性:ふゆう
性格:ずぶとい
努力値:HB252 D4
実数値:227-x-189-95-151-105
技:サイコキネシス/にほんばれ/トリックルーム/てだすけ

冒頭で挙げたガルニンフの並びを再現するために採用。

追加効果狙いでも良いので最低限の打点としてサイコキネシスを採用。

天候対策ににほんばれを採用。(ヒードランとトリル下でのS調整するべき)

ニンフィア、アシレーヌ、ヒードランをサポートするためにトリックルームを採用。

アンコール透かし、置物回避としててだすけを採用。

持ち物は耐久を上げるためにウイのみを採用。

ずぶといHBなのはシングル個体を流用したからなのですが、にほんばれの枠をめいそうにすることでBDどちらも硬くなって強そうですね。

アシレーヌ


持ち物:さざなみのおこう
特性:うるおいボイス
性格:ひかえめ
努力値:HC252 B4
実数値:187-x-81-195-136-80
技:ハイパーボイス/ねっとう/マジカルシャイン/まもる

新世代のノーマル技ではないハイパーボイス使い。

特性を活かすためにハイパーボイスを採用。

単体打点として追加効果狙いのねっとうを採用。(選択枠)

ジャラランガ意識のマジカルシャインを採用。(選択枠)

大事に使いたいのでまもるを採用。

持ち物は水技1.2倍アイテムであるさざなみのおこうをとりあえずで採用。

ねっとうマジカルシャインの枠はムーンフォースハイドロポンプハイドロカノン辺りと選択になるかな。

選出

基本選出

先発:クレセリア、ケンタロス
後発:ニンフィア、アシレーヌ

ケンタロスいかくを入れつつクレセリアトリックルーム

あとはニンフィアアシレーヌを展開してハイパーボイスで攻めまくる。

クレセリア・ケンタロスてだすけで隣のハイパーボイスを強化していこう。間違いその5

対トリパ

先発:ヒードラン、ニンフィア
後発:クレセリア、アシレーヌ

ヒードランみがわりトリックルームの時間稼ぎ、ニンフィアハイパーボイスで削っていく。

ニンフィアが消耗したらクレセリアに引っ込め、てだすけねっぷうなどで攻めていく。

相手のトリックルームを凌ぎ切ったらヒードランニンフィアアシレーヌで押し切る形。

ヒードラン詰めが狙えそうな時

先発:クレセリア、ニンフィアorアシレーヌ
後発:ヒードラン、ニンフィアorアシレーヌ

トリックルーム下ハイパーボイスてだすけハイパーボイスで攻めまくり、消耗した相手の前にヒードランみがわりを展開し詰めていく形。

戦績と感想

10戦して6-4に終わりました。

感想ですが、使っていて何故か楽しくなかった

この楽しくなかった原因がイマイチ掴めていなかったのですが、パーティの反省をすることで分かりました

反省

まず、記事中に挙げていた間違いその1~5について触れていきます。

間違いその1

間違い:せっかくなのでいかく強力な攻撃性能などを別のポケモンに挿げ替えた並びを作ることにしました。

お題目ガルニンフの再現をすると冒頭で謳っているにも関わらず、なぜコンセプト通りに作らなかったのか?

反省点:「トリプルレートで多く見た並び≒パーティとして完成している」のに変に独自色を出してしまったこと。

間違いその2

間違い:その結果、メガガルーラ・霊獣ランドロスが外れ、ケンタロス・メガガブリアスが参入しました。

お題目ひこうタイプねこだましはどこへいった?

反省点ひこうタイプはまだしも、ねこだましが無いせいで削り要員ニンフィア・アシレーヌの被弾回数が増えたこと。(急所・追加効果含む)

間違いその3

間違いケンタロスの持ち物はギルガルド辺りを意識しジメンZを採用

お題目ギルガルドに強くしたのはいいが、それで?

反省点ギルガルドを倒すことは、ニンフィアハイパーボイスを通しやすくするための手段なのに目的に変わっていたこと。相手のギルガルドを倒せば勝ち!というルールならこれで良いがダブルレートはそういうルールでは無い。

間違いその4

間違いメガガブリアス霊獣ランドロス地面タイプメガガルーラ・霊獣ランドロス攻撃性能部分として採用。

お題目:選出でメガガブリアスに一切触れていないぞ?

反省点ケンタロスいかくジメンZを意識し過ぎてメガガブリアスの選出が殆ど無かったこと。

間違いその5

間違いクレセリア・ケンタロスてだすけで隣のハイパーボイスを強化していこう。

お題目:言っていることは間違っていないような?

反省点:上記しているのは確かに間違っていないけど基本選出としている置物×2の並びがそもそも弱い。ニンフィアアシレーヌを交代で繰り出す都合上どうしてもダメージを受けてしまい最悪出落ちする。

まとめ

Q:なぜ楽しくなかったか?

A:パーティの核の部分に致命的な点が多々あることで完成度著しく低くなってしまい、結果として息苦しい展開をすることが多くなっしまったから

総括

トリックルーム下でのニンフィアアシレーヌの並びは非常に強力でした。

ケンタロス自体は悪くなかったので機会があれば使っていきたいです。

メガガブリアスは無茶な要件のせいで活躍させることができなかったので主軸として組むポケモンだなと思いました。

改善点としては以下の二つのどちらか。

  1. トリックルーム展開をしやすくするポケモンの採用。
  2. トリックルームに寄せるのではなくもう一つの勝ち筋を用意する。

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・USUM】QRレンタルチーム一覧

2017.12.19

APPDATEで公開されたUSUM対応QRチーム一覧はこちらから。

APPDATE公式グッズのご案内

APPDATE公式グッズショップができました。
これでキミの毎日もAPPDATEだ!

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン

2018.01.30

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。