【サンムーン・ポケセンイベント】ビクティニバトルロイヤル使用構築&レポート

ABOUTこの記事をかいた人

シュロ

APPDATEの企画「喰い断学校」への入学を機に、ダブルレートを始めた駆け出しトレーナー。マイブームは配信とオシャボ集め、特にラブラブボール。

はじめに

こんにちは、初めての方ははじめまして、シュロと申します。

8月26日に、全国のポケモンセンターにて行われた、「ビクティニ」選出のバトルロイヤルについて書きました。

この記事は、イベントの勝利賞であるビクティニオリジナル扇子を入手することを第一の目標としていたので、全然ガッツリしていません!必ず選出しないといけないビクティニは理想個体ですらないです。

バトルロイヤルの記事は、他のルールに比べると圧倒的に少ないと感じたので、今後バトルロイヤルをしてみようと思う方の参考になれば。

なお、この記事は対人戦を想定して考察しています。BP稼ぎによく用いられるコンピュータ戦に応用するのはお勧めしません。

ビクティニ バトルロイヤル

そもそもバトルロイヤルとは

ポケモンサンムーン中のバトルロイヤル施設に行き説明を受けると

ポケモン バトルロイヤルは
4人の トレーナーが
3匹ずつ ポケモンを 持ち寄って
対戦を 行います!

自分以外の プレイヤーは すべて
敵となり 4人の中で
優勝する ことが
対戦の 目的と なります

誰か ひとりの ポケモンが
3匹とも 戦えなくなると
対戦は 終了し
その時点で 1位のプレイヤーが
優勝と なります

倒した ポケモンの数と
残りのポケモンの 数の 合計が
多いほど 順位が 高くなります

合計が 同じ 場合は
倒した ポケモンの数で 決まります
それも 同じ 場合は
HPの 残りで 判定します

なるべく ポケモンを 多く 倒し
自分は 倒されないようにして
がんばりましょう!

とのこと。

まとめると、バトルロイヤルとは

  • 4人のトレーナーが3匹ずつポケモンを出す(交代は可能)
  • 自分以外は敵
  • 誰か1人のポケモン3匹が全滅した時に試合終了

というバトル形式。なお、バトルロイヤルでは優勝者以外は全員敗者。一応順位付けはされるが、敗者。

勝利判定は

  1. 終了時点で「倒したポケモンの数」と「残りポケモンの数」の合計数が一番多い人が優勝
  2. 合計数が同じ場合、「倒したポケモンの数」が一番多い人が優勝
  3. さらに倒した数も同じ場合、残りのHPが多い人が優勝
  4. ただし、得点が最も高くとも、全てのポケモンが全滅しているトレーナーは敗者

となる。

バトルロイヤルの、細かいルールを説明すると、

「じしん」や「なみのり」といった自分以外の敵を攻撃をする技の威力は50%減となる。ただし、場に自分以外1体しか残っていない場合は威力は落ちない。

「あばれる」や「げきりん」といった技の攻撃相手は自分で選ぶのではなく、ランダムに選ばれる。

攻撃対象のポケモンが、自分が動くよりも先に倒れてしまった場合は、失敗する。
つまり、自分が攻撃しようとしたポケモンが、別のより素早いポケモンに倒されてしまうと、例えZ技でも攻撃技は不発となる。バトル中1回しか使えないZ技も、こうして失敗してしまったら再び使うことはできない。

なお、「とびひざげり」など失敗するとダメージを食らう技でも、こうして不発となった場合はダメージを受けない。

攻撃技以外で瀕死となった場合は、その原因を作ったポケモンが倒したものとなる。例えば、毒ダメージで力尽きて倒れた場合、毒にさせたトレーナーの得点。

瀕死になる技や、反動で倒れた場合は、誰の得点にもならない。例えば、大爆発で倒れたポケモンは誰にも得点を与えない。

今回のルール

  • アローラ図鑑No.001~302のポケモンと、ポケモンセンターなどでプレゼントされたビクティニが使用できる。ただし伝説などは禁止
  • 対戦の際には、必ず「ビクティニ」を選出しなければならない
  • エントリーできるポケモンは、『ポケットモンスター サン・ムーン』の通常プレイで入手できるポケモン、もしくは公式でプレゼントされたポケモンのみ。つまり、教え技は使えない
  • メガ進化は禁止

要するに、アローラのポケモンとビクティニしか使えないこと以外はフラットルールのバトルロイヤル。あと異なるのは、ビクティニがいるのでノーマルルールでの開催となり、レベル50以下のポケモンでも試合時はレベル50となった。(この点は実際参加して知った)

当日の動き

店舗に行くと、バトルロイヤル参加のための整理券をもらう。順次案内なので、参加時間は選べない。

整理券記載の時間10分前に集合し、
準備したポケモンや技、持ち物を、ポケモンセンターのスタッフの方がチェックする。

そして、選出に関しては店舗ごとでルールが異なっていたようで。著者が知ってる限りでは、手持ちのポケモンを3匹の状態にして3匹全員選出するか、6匹から3匹選んで選出するかの2パターン。(バトルボックスは不可で手持ちに用意)

試合後、賞品を受け取って解散。なお、大方の店舗では1人何試合でもできる。ただ、今回の勝利賞オリジナル扇子のプレゼントは、数の制限があった店舗も。

あくまで著者が知っている範囲での話なので、「自分が行ったところは違う」って点があればコメントで教えてください。

パーティー構築

戦法

そもそも、バトルロイヤルをやったことなんてほとんど無かったので、イベント前にフレ戦で何度か試運転しました。
そこで思ったのが、勝つにはやられる前にやるのが一番! ということ。

硬いポケモンは、確かに狙われにくい。ただ、点数を取らないと勝てないし、自分が倒れなくても誰かが倒された時点で試合が終わる。
硬くて遅いポケモンで漁夫の利をという戦法も試したけど、その戦法がうまく行くかは運任せになりがちだった。

そこで、「まずはさっさと確実に点を取る→ポケモンを守りつつ倒す」という戦法に。

具体的には、まずは高速高火力ポケモンで1点、ビクティニが命がけして1点、残りは守りつつ隙があらば先制技でさらにポイントを稼ぐ、という方針。

ただ、今回はアローラのポケモンだけで、メガ進化が使えないという条件があるからこの結論に至ったというのもあるかも。特にメガ進化が使えると、早くて耐久も火力もあって・・・というポケモンが登場して、確実に1点を取る難易度が変わる。

初手に1発で持っていけるポケモンがいなさそう、襷持ってそうなど、この戦法が厳しい場合は臨機応変に対応。

ビクティニ


性格:ようき
努力値:H252 A4 S252
技:Vジェネレート/しねんのずつき/いのちがけ/おいわい
特性:しょうりのほし
持ち物:こだわりスカーフ

今回のルールでは絶対選出のポケモン。

ほのおZとVジェネレートが安パイかなと思っていたけど、違う。

実はビクティニ、「いのちがけ」という技を覚えるポケモンの中では、一番HPの種族値が高い。大方のポケモンは一発で倒せる。

この肝となる「いのちがけ」という技は、「自分のHPを0にし、その分のダメージを相手に与える」という効果がある格闘タイプの特殊技。VジェネやほのおZよりも遥かに火力がある。今回のイベントで一番恐れていたガブリアスも大体倒せる。
そして、相手の点を取りつつ、自分は点を与えないという攻撃は、バトルロイヤルにおいてかなり強い。

一応、Vジェネやしねんのずつきを使うかなと思い、性格はようきにして、ぶっぱした残りの努力値を攻撃に。しかし、結局「いのちがけ」以外一切使ってない。「おいわい」はノリ。
ただ、こちらがダメージを受けてしまうと威力が下がってしまう。そこで、スカーフを持たせてより早く攻撃をと。
まさに、攻撃を食らう前に打って、確実に点を稼ぐ要因。

ウツロイド


性格:おくびょう
努力値:H4 C252 S252
技:パワージェム/ステルスロック/ヘドロばくだん/くさむすび
特性:ビーストブースト
持ち物:イワZ

初手で1点稼ぐ用の高速高火力ポケモン。

1点稼ぐ用のポケモンの条件として、まずガブリアスより早いこと。
ガブリアスの理由は、ビクティニより早くて強く出れるポケモン故に多いかなと予想したから。

次の条件は、Z技でビクティニを落とせること。この条件で結構ポケモンが限られる。コケコ、ガブリアス、ウツロイドくらいかな。

コケコだと、ガブリアスが出てきた時に電気Zは透かされるかもしれないと思ってウツロイドに。
ガブリアス自身を使わなかった理由は、もし打ち合いになったときに運になるから。

次に技構成。イワZ打つためのパワージェム。
範囲技は威力下がるし、毒入ればいいかなと思い、ヘドロばくだん。
ダメージで運よく削れたらいいなと思い、一応ステロ。
残りは、10万ボルトかくさむすびかを迷った。

カイリュー


性格:いじっぱり
努力値:H252 A252 S4
技:まもる/はねやすめ/しんそく/ドラゴンクロー
特性:マルチスケイル
持ち物:ロゼルのみ(orヤチェのみ)

ウツロイド、ビクティニが得た点を守るポケモン。
この枠で重要なことは、ヘイトをためにくいこと。次に先制技が打てること。

うまく上記の状態にできていれば、皆自分を倒しにくる。1位さえ倒せば試合は終わるから。

ただ、マルチスケイルあれば大抵の攻撃は耐えられるので、2位以下の人達はまず互いのポイント稼ぎに行くはず。
特にポイントが少ない人が勝ち上がるためには、1位を倒すよりもポイント稼ぎを狙う。

下々の者が互いのHPを削りあった所、おいしくさらうために先制技。
あとは隙あらば攻撃する。

持ち物は何を入れたらいいのか迷った。
アローラルールで、遅くて氷やフェアリーを打ってくるポケモン(アシレーヌなど)がカイリューに対して漁夫の利狙いされることを回避するために、ロゼルの実(orヤチェの実)を持たせることにした。

ミミッキュ


性格:いじっぱり
努力値:H4 A252 S252
技:いたみわけ/じゃれつく/みがわり/かげうち
特性:ばけのかわ
持ち物:カシブのみ

特性「ばけのかわ」を活かして、カイリュー同様得たポイントを守るポケモンになるかなと思い採用。

技は、ばけのかわとみがわりを使えばヘイトをためにくいかなと思い「みがわり」。HPの実数値は理想個体ならば131となるので、みがわりは4回はれる。
みがわりを使って削れた体力を「いたみわけ」で回復したら何度かみがわりを張れるかなという安直な考え。

多くのトレーナーがゴースト技を入れているだろうと思い、持ち物はカシブの実に。
実際に戦ってみると、威力は弱くなっているにも関わらず、範囲技を入れているポケモンが多かったので、ばけのかわもみがわりもすぐ剥がされた。

自分の努力値振りもあり、耐久がなさ過ぎて、あまり活躍させてあげられることはできなかった。

メタグロス


性格:いじっぱり
努力値:HP32 A252 S220
技:バレットパンチ/しねんのずつき/コメットパンチ/まもる
特性:クリアボディ
持ち物:オッカのみ

マルチスケイルカイリューには敵わないけど、そこそこの耐久と先制技を持つポケモンとして採用。

特性によって威嚇が効かない、鋼タイプなので毒にもならない。バトルロイヤルでは、威嚇は自分以外のポケモン全員の攻撃が下がるため威嚇が効かないのは大きい。
特性とタイプとバランスのいいステータスで、今回の当初の作戦「まずはさっさと確実に点を取る→ポケモンを守りつつ倒す」が難しい場面で活躍させることもできると期待。

範囲技の威力が下がっているおかげで、ガブリアスのじしんは何も振らなくても耐える。

素早さで抜きたい相手も特にいなかったので(ビクティニやガブリアスは抜けないし)、準速のペリッパーが抜けるくらいに。攻撃はぶっぱして、残りはHPに。ペリッパーの理由は、ビクティニ入りなので雨降らせるポケモン入れるトレーナーもいるかなと予測したから。

持ち物はとつげきチョッキやじゃくてんほけんなど、いろいろ迷ったけど、ビクティニ入りなのもあり炎でアッサリ倒れるとツライのでオッカのみに。

ドヒドイデ


性格:ずぶとい
努力値:H252 B4 D252
技:アクアブレイク/トーチカ/どくびし/じこさいせい
特性:さいせいりょく
持ち物:くろいヘドロ

バトルロイヤルで「どくびし」巻いたら面白そうかなという理由だけで採用。
どく巻けるし、固いし、遅いので漁夫の利も狙える。漁夫の利も狙いにしたいならば、Sに努力値は不要。

性格が図太いのは、たまたま理想個体が居たからというだけ。性格補正が防御にあったのと、苦手なポケモンは特殊打ってくるのが多いので特防に努力値を回した。それでも、エレキフィールド下のコケコ10万ボルトや、サイコフィールド下のテテフの攻撃は耐えられない。

戦歴

対戦場面が違うバトルビデオを3つ。


※動画はブレ注意!

偽トロなどないので、手動での撮影です。多少ブレが生じており、そのせいで気分が悪くなる場合もあるそうです。
上記の点を確認た上で、それでもよければ見てみてください。
そして一部、持ち物などが違う場合もあります。(1日に何試合もするので、試しに持ち物を変えていました)

1つ目は当初の戦略通り、まず点を稼いで後は守るという戦法でのBV

 

2つ目はミミッキュを活躍させてあげられなかったBV

 

3つ目は試しに毒びし使ってみたら、うまく漁夫の利できたBV

 

おわりに

「ビクティニオリジナル扇子 ゲットだゼ!」

ということで、扇子は無事にゲットできた。扇子自体は紙で出来ているからすぐ破りそう・・・

イベント当日は5戦ほどしましたが、未だ慣れないバトルロイヤル。

どういうポケモンや戦略が主流かなんて全くわからないし、4人のトレーナーがそれぞれの動きをするので、普段のポケモンバトルとは違った難しさがある。
経験が乏しいせいもあり、予想と違う動きをされることも多かった。
ポケモンセンターのイベントなので子どもとマッチングして、大人だからという理由だけで3人のトレーナーに集中砲火されたとか。さすがに3匹のポケモン全部に狙われたら、戦略も何もあったものではない。

結局運だな!
最初にも書きましたが、あくまでイベントで勝って戦利品を得ることが目的だったので、ガッツリ考察もしていません!

そんな記事でも、今後バトルロイヤルをしてみようと思う方の参考に少しでもなれば幸いです。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

シュロ

APPDATEの企画「喰い断学校」への入学を機に、ダブルレートを始めた駆け出しトレーナー。マイブームは配信とオシャボ集め、特にラブラブボール。