【サンムーン】初心者が努力値振りの環境を整えるには?

ABOUTこの記事をかいた人

Lio

好きなゲームはポケモンで、嫌いなゲームもポケモンです。世界の抱える矛盾に日々立ち向かっています。あ、好きなポケモンはヒートロトムです。

対戦に参入しようするプレイヤーが嫌でも通らないといけないのが努力値振りと、それを行うための環境作りです。

サン&ムーンは新世代最初の作品ということで、現在は過去作からの輸送も解禁されておらず、早い時期から対戦に参入しようとするならば、既プレイ、新規プレイ関係なく、この作業を行わなければなりません。

ということで筆者も環境を作るついでに、ポケモン初心者のことも想定して、本当に何も揃っていない状況下での努力値振り作業をロケハンしてきたのですが、

正直言って今作の育成周りのシステムは、かなり初心者に厳しいです。

「ライトユーザーをガチ対戦プレイヤーに」というサイトテーマを掲げている以上、初心者を置き去りにするような記事を書くことはできない。それに、今作の厳しい育成環境で心が折れてしまう初心者の方を見たくない・・・!

そんな思いで初心者のための環境作りの道を模索して来たので、参考にして頂けると嬉しいです。

※努力値の意味が分からない方は下記の記事をまずご参照ください。

【サンムーン】努力値について

今作の努力値振りについて

まずは今作の努力値振り事情について解説します。

過去作と同じように、野生のポケモンを倒し続けて努力値を稼ぐ場合は、今作の新要素「仲間呼び」を利用するのが一般的です。仲間の呼び出しが成功した場合、その仲間ポケモンを倒した時に貰える努力値が2倍になります。

例:攻撃努力値+1のヤングースが仲間呼びで呼び出したヤングースを倒した場合は攻撃努力値+2となる

そして今作からパワー○○系アイテムの効果が上方修正され、貰える努力値が+4だったところが+8に増加しています。貰える努力値が2倍になるポケルスに感染させ、パワー○○系を持った状態で、仲間呼びで出てきたヤングースを倒すと・・・?

ヤングースで+1、パワー○○系で+8、仲間呼びポケモンなので2倍、ポケルスでさらに倍

一匹倒すだけで36!つまり一箇所に努力値を振るために必要なヤングースの討伐数はたったの7!

しかし

初心者の方、パワー○○系アイテム揃ってない方もいますよね?もしかすると旅パでのツリーも攻略も厳しい。ポケルスも当然持っていない。なんて人も居るのでは無いでしょうか?

当サイトではそのような初心者の方まで想定して、育成環境作りの道を提示していきます。

野生ポケモン狩り以外での努力値振りの手段

今作では2つあります。それぞれ紹介していきたいと思います。

フェスサークル(バルーンアスレチック)

フェスサークルの「バルーンアスレチック」は準備さえすればボタンを押すだけ且つ最速で努力値振りが行える手段です。

しかし、そもそもの準備が非常に時間のかかる作業が必要で、準備を終えたとしてもコストとして大量のフェスコインが必要です。

今作は努力値振りは環境をどうにか作ることができれば野生ポケモン狩りでもかなり早く行うことができますが、レベル上げに関しては前世代(XY、ORAS)に比べてかなり非効率です。きん、ぎんのおうかんのことを考慮しても、出来れば集めたフェスコインはレベル上げの方に当てたいところでしょうか。

ポケリゾート(わいわいリゾート)

ポケリゾート内で利用できる施設の一つ「わいわいリゾート」。

時間的な効率は最も悪いが、同時に最も多くの個体の努力値振りを行えて(最大18匹)、逆に言えば時間さえかければ確実に努力値を振れる+放置でOKなので他の作業と並行できるという点が魅力。

施設のランクを上げるのもそこまで手間はかかりません。振る努力値を4刻みで指定することができるので、振りすぎた等の事故も絶対に無く、初心者は勿論、忙しい社会人トレーナーの方にも優しいシステムと言えるでしょう。

つまり初心者はどうすればいい?

当サイトでは、まずはわいわいリゾートを利用して、バトルツリー攻略用のポケモンを育成することをおすすめします。

理由としては

  • 準備をするのが簡単(必要な作業は個体の確保、わいわいリゾートの開設のみ)
  • 時間がかかるとはいえ、他の作業と平行できるので作業的な効率は悪くない
  • 4刻みで振る努力値を指定できるので、振りすぎた等の事故が無い

何の準備も無しに努力値を振る場合に必要なヤングースの討伐数は126匹。運良くポケルスを手に入れることができた場合でも63匹。タウリン等のドーピングアイテムを使えばある程度は緩和されますが、正直かなりの苦行です。

筆者は実際にこの方法で試してポケモンを育成してみたのですが、このゲームに慣れていても一日の活動時間の殆どをこの作業に費やしてしまう結果になりました・・・

それならば確実に努力値を振ることができるわいわいリゾートにポケモンを預け、わざマシン集めや金策でもしながら、努力値が入り終わるのを待つのが初心者にはおすすめできる、という結論に至りました。

  1. まずはわいわいリゾートを利用してバトルツリー攻略用のポケモンを育てる
  2. バトルツリーを攻略してパワー○○系を手に入れて努力値振りを効率化する
  3. パワー○○系を使って野生ポケモン狩りによる努力値振りに移行する

というのを目指していきましょう。

最初の育成におすすめのポケモン

初心者の方が最初に育成するのにおすすめのポケモンをご紹介します。

ギャラドス
ようき HP4 攻撃252 素早さ252
圧倒的No1。昔から最初に育成するポケモンとしておすすめされてきているギャラドスです。孵化作業が楽、高種族値、変な調整なしにぶっぱで強い。長く使っていけるポケモンだと思います。

ガブリアス
ようき 攻撃252 防御4 素早さ252
理由は簡単。強いからです。作って絶対に損をしません。ツリー攻略から対人戦まで、とにかく頼れるポケモンです。

カプ・コケコ
ようき or いじっぱり 攻撃252 防御4 素早さ252 
おくびょう or ひかえめ 防御4 特攻252 素早さ252
準伝説ですが、3V確定でとりあえず使う個体を確保するにはさほど時間がかからないのと、ある程度適当な個体値で捕まえても、後におうかんを使えば理想値にできます。準伝説故に数値が高く、場合によっては一般ポケモンより準備が楽だと思います。攻撃と素早さが31の個体さえ粘ればツリー攻略の段階では問題無いと思います。

シルヴァディ
おくびょう 特攻252 防御4 素早さ252 
ひかえめ HP252 特攻252 素早さ4
準伝説並みの種族値+楽な厳選と、最高の条件を持っています。特性によって自由にタイプを変えることができ、用途が広いです。

最後に

筆者は上のおすすめポケモンに習い、カプ・コケコ、ギャラドス、ガブリアス、の3匹を育成してからバトルツリーに挑戦し、難なく20戦目のバトルレジェンドに勝利ました。

筆者が思う初心者向けとは、言ってしまえば「レベルを上げて物理で殴る」です。今持っている環境で準備可能な最高のポケモンを用意し、数値で押し切ってしまえばいいのです。ちなみに使用したカプ・コケコは攻撃、特防、素早さが31ですが、HPが一桁、防御もおそらく10くらいという低個体値でした。

無理をせずに「しっかりと努力値を振る」のがこれからバトルツリーに挑戦する初心者の方には最もおすすめできる手段だと筆者が感じました。旅パの流用で厳しい戦いをするよりは、後にも無駄にならないポケモン達を育成して、楽をしましょう。

個体準備の楽さで言えばガブリアスではなくシルヴァディに軍配が上がるので、そこは現在の環境やお好みで決めてもらえればいいかなと。

今作の育成環境周りは、本当に初心者に優しくないです。時間をかけて気長にゆっくりと準備を進めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Lio

好きなゲームはポケモンで、嫌いなゲームもポケモンです。世界の抱える矛盾に日々立ち向かっています。あ、好きなポケモンはヒートロトムです。