【サンムーン】ものひろいについて検証?してみた。-ポニのマップのあかいいと編-

ABOUTこの記事をかいた人

hishin

古参ローテ勢。第六世代ではローテレートに毎シーズン1000戦以上潜り「ローテの番人」として総合勢から恐れられていたが、ローテーションバトルが第七世代のサンムーンで廃止され無職になった。

はじめに

ポケモンサンムーンが発売され1ヶ月くらい経ちますが、皆さんポケモン楽しんでいますでしょうか?

前回「あかいいと」の拾う確率に関して検証じみた記事を書きました。

【サンムーン】ものひろいについて検証?してみた。

記事公開後気になるうわさを耳にしました。

「ポニのマップだとあかいいと結構拾ってきたよ」

と言う感じのものです。

私は「マップで違いがあるのであればポケモンの違いでも差が出るかもしれない」と思いそちらも調べようと考えました。

と言うわけで再び1000回ほど戦闘してどれくらい拾ってくるのか調べてみました。

検証準備

特性「ものひろい」のポケモンを5匹、Lv100にします。

レベル上げに関しましては【サンムーン】四天王周回用ルナアーラの紹介を参考にしてみてください。

検証の方法

カウント方法

今回はニャースのわざ「ねこにこばん」でポケモンを倒せないのでルナアーラで倒していきます。

草むらでポケモンにエンカウントしたらスマホのカウンターツールを押し、戦闘後「ものひろい」しているか確認しメモを行います。

シンプルな集計法。やったね!

戦闘する場所

ポニの険路で行いました。

今回は理由ないです。

検証結果

まずはそれぞれのポケモンが拾ってきた道具の個数です。
[table “153” not found /]

ポケモンによる差異はないようです。

全てのポケモンが10%くらいの確率で物を拾ってきて、「あかいいと」または「たべのこし」を1個以上拾ってきています。

次に前回との比較です。

前回出した「1匹のポケモンが一回の戦闘後に拾ってくる確率」で比較してみました。

[table “154” not found /]

あまり差異は無いように思います。

「ポイントアップ」や「ふしぎなあめ」の習得率が若干高くなっているといったところでしょうか。

「あかいいと」拾って来易くなるとはなんだったのかorz

感想

ポケットモンスターは人とのつながりや出会いの大切さを教えてくれるゲームです。

「あかいいと」や「たべのこし」があまっていたら、もっていない人と交換しましょう。

助け合いって大事だと思います。

最後に

良い子のみんなは時間を大事にしましょう。

【APPDATEのおすすめ動画】互いの精神力を削り合うポケモン大会「心壊杯」を開いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

hishin

古参ローテ勢。第六世代ではローテレートに毎シーズン1000戦以上潜り「ローテの番人」として総合勢から恐れられていたが、ローテーションバトルが第七世代のサンムーンで廃止され無職になった。