WCS(海外)に行く際に持って行ったほうが良い物まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

tofu

今は亡きシューターとトリプルが好きな人。鋼の身体とメンタルを持つ武闘派の豆腐らしい。

去年の自分の経験談を踏まえて、WCSに行く際の持って行ったほうが良い物や注意点を共有します。

全国大会前ですが、現時点で世界大会へ行くのを決めている人は見ておいて損はないかもしれせん。

持っていったほうが良いもの

お金

 

少し多めに持っていって最悪ロストしても大丈夫なよう財布は分けておくように (事前にドルに変えるのを忘れずに)

空港で変えると高いので事前に銀行もしくは大黒屋などの金券ショップなどで変えましょう。

金券ショップのが基本的に銀行より手数料は安いですがよく調べてから買いましょう。

事前に連絡をして在庫の確認や交換レートのことを聞きましょう。店によって値段も変わってきます。

財布に入れるお金は最低限にとどめておくのが無難です。

普段ポケットに財布を入れてる人はスリにあう可能性があるのでファスナーがついてる鞄やリュックにしっかりしまいましょう。

値段が書いてない店などに入ったりすると場合によってはぼったくられる可能性がありますので注意しましょう。

パスポート

発行まで1週間前後はかかるので持っていない人は全国大会前には申請した方がいいです。航空券を買うときや株ポケとの連絡で使うので)

ESTA

費用は14ドルぐらいでクレジットカードでの引き落としになるためクレジットカードを持ってない人は作りましょう。

有効期限は2年間なため去年申請した人は大丈夫です。それ以前に申請した人や去年申請したけど今現在パスポートの期限が切れている人はESTAも期限切れ扱いになるため再申請しましょう。

これがないとアメリカ着いても空港で困ることになるので遅くても出発3日前には申請しておきましょう。

食事やお菓子

機内食は少なかったり好みがあるため予備に持っておくのがいいです。

チョコレートや海外勢にも人気だったカントリーマアムなどがオススメです。

day1、day2の対戦中の場合は外に出る時間がほとんどないためお菓子やその場で食べやすいものを事前に買うか暇な人にお願いして買ってきてもらうことを推奨します。

食事関係は日本と違い夜に一人では気軽に出れるような場所ではないためインスタント食品は多めに持っていくか日中にある程度買っておくのが無難です。

24時間営業の店がそもそも少なくコンビニや自動販売機もあまりないため飲み物は日中に多めに買うのがいいです。

3DSとサンムーンのロム

サンムーンだけではなくORAS以前のロムで対戦環境がある人は持って行った方が夜にあるパーティーなどで海外勢と交流したりする際に役に立ちます。

モバイルバッテリー

バッテリー規格が本体に書いてあるものを推奨します。

北京空港では乗り継ぎの際の持ち物検査で新品のモバイルバッテリーを没収されました。

日本の持ち物検査では問題なかったのですが中国ではバッテリーの規格が書いてないものは没収されるみたいです。

2つ持っていきましたが古い方は規格が書いてあったため大丈夫でした。

言葉が通じずに没収されるとかなり萎えるので事前に没収されるものは行く前に没収されるものを調べて回避したほうがいいです。

変圧器

日本とはコンセントの規格が違う場合あります。

旅行先の国の規格はしっかりチェックしておきましょう。

食器類

割箸とかフォークとかお皿があれば便利ですが自分は使いませんでした()

コップが一番使うことが多いと思います

筆記用具

空港の出国審査の時に書く書類や飛行機内で書く書類で必要だったり世界大会で勝敗などを記入したりするのに使います

クレジットカード

中国や韓国経由で行く際にお金をわざわざ変えなくて済むため乗り継ぎの時食べるのに便利だったりします。

トラベルアワード組のホテルに泊まる以外でも必要になるので必ず持っていましょう。

その他

  • 着替え類
  • USBタイプの3DS充電ケーブル
  • 3ds充電器
  • ゴミ袋
  • 洗面用具
  • パスポートのコピー

 

人によっては必要だったりあったら便利そうな物リスト

  • 酔い止めなどの薬類
  • グローバルwifi(1日700円〜1000円程度で貸し出し)
  • 地図
  • 圧縮袋
  • 延長コード(タコ足)

荷物について

帰りの方がお土産などで荷物が多くなるので現地で処分できるものや帰りの荷物の分のスペースを考えて積んだほうがいいです

道に迷った時とかに困らないように英語に自信がない人はあらかじめ調べてノートとかに書いておけばそれを見せてジェスチャーすると便利だったりします。

自分は切符の買い方で困ったので買い方は事前にある程度調べたほうがテンパらなくてすみます。

空港での入国審査は最低1時間はかかると考えていた方がいいです。場合によっては3時間以上かかる場合もあります。

時間通りに飛行機が目的地に到着するとは限りませんし天気などによっては欠航の場合もあります。

そのため自費で行く人はフライトの待ち時間や遅れた場合の振り替えルートなどを事前に航空会社などに問い合わせて調べてから航空券を買いましょう。

去年のWCSでの経験談

ここからは去年自分が経験した内容です。

まず間食用に積んでいたゼリー5個と直前に買った開けてない飲み物3本が羽田の持ち物検査にて没収。

AIRCHINAで去年自分は1人で北京経由でサンフランシスコへ行きましたが機内食何がいいかと中国語で聞かれたのですがよく聞き取れなかっため???マークが出て来ました。

日本の会社ならともかく海外の航空会社は基本的に日本語は通じないので英語で頑張りましょう。

 

そして北京空港にて自分が乗るはずの便のみ行き先が中国語表記でサンフランシスコなのかが読めないことがありました。

他の便は英語でサンフランシスコ表記されてるにもかかわらず自分の乗る便に限って中国語表記だったのでインフォメーションで聞いてみたもののよくわからない返事をされたためwifiを空港インフォメーションでつなげてもらい切り抜けました。
中国ではTwitterやlineやFacebookなどがいろいろ契約をしないと使えないみたいなので待ち時間がとにかく暇です。

寝るにしてもベンチですし不安があったため6時間以上乗り換えの間にあるなら時間を潰せるものがあれば持っていた方がいいかもしれないです。

空港も場所によってはコードなどが必要ないところもあります。

乗り継ぎの中継地点だとwifiを借りててもそこでは使えないことがあるため乗り継ぎがアメリカ以外の違う場合は空港でのwifiの借り方は事前にチェックしておいた方がいいです。

600ドル分自分は変えていったのですがお土産をほとんど買わなかったため交通費などを含めて380ドルくらいで収まったので自分が思っていたほどは使いませんでした。

複数人でいくなら多少は安心出来ますが一人の場合だとトラブルは付きものなのでできる限りの準備はしておきましょう

ホテルはトラベルアワード組と仲がよければそこに泊まるのもよし、他で複数人で泊まるみたいにした方が旅費は安くなるので仲のいい人とは事前に連絡を取って相談した方がいいです。

トラブルを回避して楽しい世界大会にしましょう。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。