パーティ紹介

【全国ダブル】鉢巻カビゴン入りエルテラ【ポケモンオフ準優勝】

はじめに

こんにちは、初めての投稿になるシャングリラ(@pokeShangriraと申します。

先日、9月22日に開催されたポケモンオフにてエルテラを使い準優勝と言う成績を残すことができましたので、おそらくガラルではエルテラともお別れでしょうし構築記事を残しておこうと思い投稿させていただきました。

パーティ作成経緯

友人から袋叩きモンメンを貰ったのでエルテラ使ってみようと思ったところからスタート。

まず細かい調整は置いておいて、オーソドックスなエルテラリザコケコガルドランドの6匹の並びでパーティを作成しレートに潜ってみたところ、

  • ガエン+トリラ―で来られるとトリルを阻止できず、ほとんど勝てない
  • 霊獣ランドロスをスカーフで使おうにも相手の威嚇がきつい

という2点が大きな問題点だと感じたのでそこをどうにかすることに。

まず考えたのが霊Zギルガルドの枠。

トリパ相手にガルドを出して対策しようとしていたが、現在ダブルレート使用率1位のガエンに弱いのが厳しいと感じる場面に何回もあった。

  • 威嚇が入る以上聖なる剣も打点になりにくく、
  • Sがガルド>ガエンなら下から2発殴られて、ガルド<ガエンでも1回殴った後にブレード状態で攻撃されて落とされる為対トリパ要因としては扱いにくかった。

そこで対トリル要因としてギルガルドを厚い脂肪鉢巻カビゴンに変更。

勇敢Aぶっぱにすることで少し削れたガエンは捨て身で大体ワンパンできる火力があるのでガエンの処理に困らず、相手に貼られたトリルを利用して上から捨て身を振り回すことでガンガン負担をかけることができたのでカビゴンに代えて正解だと思う。

それに伴ってランドロスの持ち物をスカーフから地面Zに変更。終盤に詰める際にはエルフーンの追い風下で動けるようにすると共にテラキが岩Z打てずに倒れた場合に地面Zで相手を倒せ、何より守れるのが偉かった。

こうしてエルテラリザコケコランドカビの並びが完成。

パーティ

個別解説

エルフーン

持ち物:気合いの襷
特性:いたずらこころ
性格:臆病
努力値:252-0-4-0-0-252
実数値:167-66-106-97-95-184
技:追い風/袋叩き/嘘泣き/守る

叩きでテラキオンを、嘘泣きでリザとコケコを強化し追い風で味方全体のSを上げてくれる超有能ポケモン。

基本のエルテラリザコケコで選出した場合盤面に残り続ける限りサポートし続けられるのが重要。

逆にこいつが1回しか行動できないで落とされると後の展開が厳しくなるから大事に扱うことを考えて4枠目には守るを採用。

挑発やアンコールが欲しくなることもあったが猫+エルフを上からワンパンしてくるポケモンの並びに強くするために守るは切れなかったのでしょうがない。

エナジーボールも欲しくなることはあったが、草打点で倒せる場面数<嘘泣きと絡めてリザとコケコで相手を倒せる場面数なので採用はしなかった。

テラキオン

持ち物:岩Z
特性:正義の心
性格:陽気
努力値:196-4-100-0-12-196
実数値:191-150-123-×-112-168
技:ストーンエッジ/岩雪崩/インファイト/

  • A216ランドロスの馬鹿力と叩きの4ダメを最高乱数以外耐え
  • C172ランドロスの大地の力と叩きの4ダメを確定耐え
  • S:100族抜き

叩き前提の耐久ガン降りテラキオン。

S種族値108~101のラインで抜きたい相手もいないので100族抜きまで降ればSは十分だった。

以前は上とHBDが微妙に違う配分だったがTwitterでジョンさん(@John_poke)がツイートしていたこの配分の方が、効率が良かったため調整をお借りした。

耐久にガン降りしているため素の火力は悲しいが叩きを始動するチャンスは増やし結果として倒せる相手も増えるので良し。

威嚇込みの+3雪崩では倒せない相手は結構いるのでその相手がテラキを倒す可能性がある場合には岩Zを躊躇なく叩き込むことが重要。エッジは外すのが嫌。

メガリザードンY

持ち物:リザードナイトY
特性:日照り
性格:臆病
努力値:28-0-124-100-4-252
実数値:157-111-114-192-136-167
技:熱風/オーバーヒート/ソーラービーム/守る

  • HB:A182カプ・ブルルの岩雪崩を最高乱数除いて耐える(努力値が最小効率)
  • S:最速 
  • C:余り

第二のエース。

テラキオンが倒れた後に裏から出て来て嘘泣きを絡めて熱風で相手を薙ぎ払うのが基本。

相手の最速サンダーやガルーラ、意地っ張りメガメタグロスの上を取って焼き払えることもあり、火力は嘘泣きで補えるので臆病最速での採用。

テラキオンやカプ・コケコでは勝てない陽気スカーフブルルを倒すために岩雪崩耐えを確保して残りはCにぶっぱ。

嘘泣き熱風の火力は凄まじくH降りガルーラであっても37.5%、コケコのEF10万Z耐えサンダーも50%の乱数で吹っ飛ばせる。

また、嘘泣きのサポートが無くとも等倍であっても大体のポケモンを倒せるオーバーヒート、構築全体で重いトドンやメガラグの為のソーラービーム、残りは大事に扱うために守を採用。

追い風については悪戯心エルフ―ンがいる以上リザで無理に貼る必要は無いので不採用、また火炎放射も微妙に相手を倒しきれないことが多かったのでオバヒに変更した。

カプ・コケコ

持ち物:命の珠
特性:エレキメイカー
性格:臆病
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値:146-121-105-147-95-200
技:10万ボルト/マジカルシャイン/挑発/守る

フェアリー打点兼高速アタッカーとしての採用。

スカーフテテフは味方のエルフーンとのアンチシナジーから不採用。

こいつもリザと同じくエルフーンの嘘泣きと絡めて相手を一撃で倒していく。

エルテラ始動の障害となる相手のコケコやカミツルギはこの方法で吹っ飛ばす。

パーティ全体が前のめりなので一応挑発も採用。眼鏡の火力も捨てがたかったが電気技とフェアリー技の打ち分けを考えて命の珠での採用とした。

霊獣ランドロス

持ち物:地面Z
特性:威嚇
性格:陽気
努力値:84-132-4-0-76-212
実数値:175-200-111-112-110-138
技:地震/岩雪崩/とんぼ返り/守る

  • A:-1地面Zで少し耐久に降るっていようがメガメタグロスを確1
  • HD:C198ウツロイドorC147珠カプ・コケコのめざ氷確定耐えを最高乱数以外耐え
  • S:準速85族抜き

あまり選出はしないが出すときはリザの隣に並んで地震を打っている。

もしくはエルテラ選出ができなかった場合のZ枠でもある。

前も書いたが守れる事と打ち分けられる事が偉くリザの熱風と合わせた制圧に役立っていた。

技はメイン火力の地震、怯みワンチャンもあり飛行タイプに打つ岩雪崩、こちらから有効打が少ないラティアス等に打つとんぼ返り、要所で刺さる守るの4つ。

カビゴン

持ち物:拘り鉢巻
特性:熱い脂肪
性格:勇敢
努力値:4-252-252-0-0-0
実数値:236-178-117-85-130-31
技:捨て身タックル/自爆/10万馬力/ヘビーボンバー

対トリルを1匹で担当するポケモン。

鉢巻を持ったことで捨て身を連打するだけで相手がどんどん削れていく。

火力は耐久があるポケモンはギリ確定1発がとれない位なので耐久の低いポケモンから落とし、その間に隣を削り捨て身圏内に入れることが目標。

対トリルの役割的に打つ機会は少ないが、相手2匹が守ってこないと確信できるなら自爆を打つことも考えておく。

通れば等倍のポケモンは大体落とせる。

選出

選出はエルテラを起動できるかどうかで決める。

具体的には相手にコケコorゲッコウガがいる、もしくは明らかなトリパの場合、起動は諦める。カミツルギは諸説。

一般的なリザードン構築のカミツルギは耐久に降りテラキオンより遅い場合が多いから起動できることが多い。

対ゲンガエンジャラブルルランド+@

先発:エルフーン、テラキオン
後発:リザードン、コケコorランド

相手がゲンガエンで来た場合は両守るからの叩き雪崩。

滅びを打たれても叩きでAを6段階上げた後に滅び最終ターンは岩Zで守るを貫通して攻める(CSゲンガーなら確1)と共にエルフーンで追い風を貼ることで対応する。

ブルルがスカーフの場合は拘った技次第でテラキオンで攻めるかリザードンで攻めるか決める。

対サナガエン

先発:エルフーン、テラキオン
後発:リザードン、カビゴン

相手がサンダーランドで入ってきた場合、ランドはスカーフと判断し叩き岩Zをサンダーに打つ。

守られていても貫通して落とすことができるの(H降りでも50%で落とせる)で相手の追い風役を落としこちらのS優位を取れるようにする。

次のターンにガエンが来てもテラキからリザへの交換が安定するので後は嘘泣きを絡めた熱風で攻めていく。

相手がサナガエンで入ってきたなら恐らく猫トリルだと思われるのでカビゴンを後出しして対応する。

トリルが無いサナガエンには構築相性はガン有利(のはず)。

対テテフグロス

先発:エルフーン、リザードン
後発:ランドロス、カプ・コケコ

相手の初手がサンダーグロスとして、サンダーに嘘泣きしながら熱風を打ち込む。

相手のサンダーが特防がっつりタイプの場合は耐えられるがその場合はどうしようもない。

同速対決は勝つことで対策とする。

相手にコケコorゲッコウガがいる場合

先発:エルフーン、カプ・コケコ
後発:リザードン、 +@

エルテラ始動は諦めてコケコを飛ばすことを優先して動く。

嘘泣き+10万ならチョッキではない限り飛ばせるので推奨(ボルチェンで逃げられない限り同速に負けてもディスアドは少ないので)

総括

エルテラはハマれば格上であっても4タテできるポテンシャルが魅力であると共に、格下に熱風や雪崩を外して大量にレートを吸われるとても愉快な構築です。

自分の実力以上の結果を上振れて残したいときには是非このエルテラを使ってみてください。

QRレンタルチーム

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-2681-41A0

動画

この構築を使ったポケモンオフ決勝戦での試合です。

ABOUT ME
shangrira
shangrira
シャングリラです。幸せだって叫びたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください