MENU

 

対戦ノウハウ③
2017年JCSベスト4、ポケモン公式番組「P-sports」の四天王も務めた喰い断先生の対戦理論です。
対戦ノウハウ③
2017年JCSベスト4、ポケモン公式番組「P-sports」の四天王も務めた喰い断先生の対戦理論です。
対戦パーティ
対戦パーティ(狂)
コラム
APPDATEのゆるキャラ・唯一の良心・世界に輝く大スターである私、APPDATEちゃんがLINEスタンプになりました。ここをクリックしなさい。いいですね?

【グッズ】ポケモンキッズ紹介してみた!

目次

はじめに

2回目の投稿となりますG・Gです。

前回の投稿はこちらからどうぞ!

あわせて読みたい
【ORAS:ローテ】メガアブソル軸こだわり積みリレー 【はじめに】 初投稿させていただきます。G・Gといいます。3年も前の話ですが、メガアブソルでローテ1位(瞬間ですが・・)を取れたので今更書かせていただきます。...

持ってるポケモンキッズの中からピックアップして紹介していきます。

なぜポケモンキッズを紹介するのか

  1. 運営方針に違反したことをしていない
  2. ポケモンが好き
  3. 好きだけど対戦は苦手、おもしろ構築を考える頭もない
  4. 管理人のしゅふぁさんがクソ記事歓迎と言っていた(ような気がする)

全てを補えたので指人形です。モンコレは持ってないので、持ってる人いたら記事見たいです。

APPDATEの運営方針は、以下の2つの記事を参照してください。

あわせて読みたい
ポケモンのバグ行為ってどうなの?APPDATE内でガチ議論した話 【はじめに】 とある日の事。 そう、それはざわがコ〇インを使いだし、SDKがNOGUSOをしだしたころである。 上記記事やデデンジャーズを引っ提げAPPDATEに参戦した神ちく...
あわせて読みたい
APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン 【始めに】 いつもAPPDATEをご愛読いただきありがとうございます! APPDATEは皆様の様々なポケモン記事を大募集しています。 APPDATEへ寄稿頂く際のルールを簡単に説明...

はじめてのポケモンキッズ

はじめての指人形

僕が初めて指人形を買ってもらったのは保育園年中のチューリップ組の時、このカメールの指人形でした。

なぜカメールなのかは覚えてませんが、多分買った日の前の放送でアニメにでも出てたのでしょう。これを皮切りに僕の指人形ライフの始まりです。

ちなみに穴はいびつで、指を入れると挟まれて痛いです。

胴が薄すぎて背景を連れてきたチリーン

皆さんはチリーンというポケモンを知っていますか。

チリーンは風鈴をモチーフにしたポケモンなので、胴の部分が非常に薄くペラペラしております。

そのため、人形にするにはとても不向きなのですがなんと無理やり背景の崖を人形としています。

(これチリーンしらない人から見たらそういうポケモンと思われるでしょ・・。ヤジロンは台座付きのよしみで友情出演)

ビー玉が詰まったパルシェン

殻破巻貝ことパルシェン。最近はアクアブレイク習得で悠々とミズZ打ってるそうですね。


シングル勢の方は馴染みの多いポケモンなのではないでしょうか?

強くて人気のあるパルシェンですが、僕のパルシェンは度重なる殻破りでストレス(ビー玉)を溜め込んでしまったらしいです。

なぜ入れたのかは覚えてませんが、行きはよいよい帰りは怖い的なアレになってしまいました。

まるで指を入れさせる気のないアゲハント

ハルカの手持ちにいた虫ポケモンアゲハント。モチーフはアゲハチョウで薄く細いのですが・・・

このとおり全く入りません。

ドククラゲ

最後に紹介したいのはドククラゲ。決していい見出しが思いつかなかったわけではない。

ちなみに穴は広く

お腹がすいた時もドククラゲが居れば

太巻き入れとして!!!……というには小さいですが、わさびは入るので大丈夫です

まとめ

ポケモンキッズはひとつ200円以下と安く、たくさん集めることができます。オリジナルのコレクションをしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ジャラ以外の全てのポケモンが好きです

コメント

コメント一覧 (3件)

  • このアゲハントはうちにもありました。懐かしいです。
    確かわざを使うポケモンがコンセプトになっててぎんいろのかぜを使ってるんですよね。

    • そうですねー、DXといって技を使ってるところの切り取りですね。懐かしいです

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次