パーティ紹介

【ポケモン剣盾】晴雨すりかえ脱出エルフーン【ダブルバトル】

はじめに

近頃レートのラスボスからランクバトルのラスボスにジョブチェンジしましたBIDCです。

すりかえエルフーン軸というちょっと癖のあるPTでランクバトル1位を記録する事が出来たので紹介します。

(H=体力、A=攻撃、B=防御、C=特攻、D=特防、S=素早さ、振る=努力値を振る。)

パーティ作成動機

すりかえエルフーンを使いたいな~。……と思ったので作りました。

パーティ作成経緯

作成当初はペリッパールンパッパの位置にカポエラーミロカロスを入れていました。

対砂でカポエラー、重くなりすぎたウインディメタにミロカロスが入った形です。

しかしカポエラーは耐久が足りずミロカロスは対応範囲が狭く没案に。

そもそもバークアウトやおにびをさせずに上からウインディを処理したいと考えルンパッパペリッパー採用となりました。

採用当初のペリッパーはタスキを持たせていましたがペリッパーのSは必要な場面が少なくダイロック+砂ダメや集中攻撃で簡単に倒され何もできない場面が多かったので耐久に振ることにしてオボンを持たせタスキはドリュウズへ。

またジュラルドンはもともと突撃チョッキを持たせて使っていましたがミロカロスがいなくなったことでウインディがさらに重くなったため弱点保険に変えて火力を上げています。

個別解説

リザードン


性格:おくびょう
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値:154-80-98-161-105-167

最速スカーフリザードン、キョダイマックス個体です。

すりかえ脱出ボタンコンボの相方。スカーフヒヒダルマへの熱風ダメージが中~低乱数で耐えられるのでCSを下げられず耐久に振っていません。ダイマックス中Sを一段階上昇させた後に通常リザードンに戻ると最速おいかぜエルフーンを抜いています。

地震はジュラルドンを巻き込んで弱点保険を発動させるためのものです、オーロンゲに電磁波を撃たれてもジュラルドンを抜いているので(痺れなければ)巻き込んで地震を撃てます。対ピカチュウライチュウを想定するならA無振り最高値の方が強いです。

 

エルフーン


性格:ずぶとい

努力値:252-0-84-0-172-0
実数値:167-64-127-97-117-136

主役のすりかえエルフーンです。

バイバニラのダブルダメふぶき最大乱数以外耐え残りHB振りにしてあります。ドリュウズのようきアイアンヘッド確定耐え、いじっぱりだと乱数1発(25%)。対バンギドリュウズを考えるとおくびょう最速ドリュウズ抜きアイアンヘッド耐え調整が安定しますが、それ以外の場面で弱くなるのでSに振らずにDに厚めに振っています。相手エルフーンに挑発されると役立たずになります。

 

ジュラルドン


性格:ひかえめ
努力値:252-0-4-76-148-28
実数値:177-103-136-165-89-109

普通の?弱点保険ジュラルドンです。

リザードンが苦手とするポケモンへの対策、トリックルームPTへのメタの役割を持っています。素早さはおいかぜ時にS一段階上がった最速80族抜きです。81族のギャラドスは抜いていないため注意が必要となります。ドリュウズのダブルダメ地震+10万ばりきを耐えたかったので耐久に厚く振っています。

ドリュウズ


性格:ようき
努力値:4-252-0-x-0-252
実数値:186-187-80-63-85-154

こちらも普通のタスキドリュウズです。

普通に強いです。たまにジュラルドンを巻き込んで地震を撃ちます。

特性は対バンギドリュウズメタのすなかきです。

ペリッパー


性格:ずぶとい
努力値:252-0-76-4-172-4
実数値:167-63-143-116-112-86

耐久型のペリッパーです。

いじっぱりドリュウズのダイロックを最大乱数以外で耐えます。ダイマックス物理技+通常攻撃を耐えてからのおいかぜが理想の動きです。でんこうせっかはタスキ潰しでバイバニラやドリュウズ、エルフーンなどに使います。こいつをダイマックスさせた対戦は基本的に負けます。

ルンパッパ


性格:ひかえめ

努力値:92-0-4-252-4-156
実数値:167-81-91-156-121-110

便利な珠ルンパッパです。

ねこだまし要員、対炎、対地面、対トリックルームなど広い用途で使います。Sはすいすい発動時に一段階上がった最速ギャラドス抜き。濁流は裏から出てくるトリトドンを想定しています。よく当たって欲しい方に外します。

選出

対バンギラスドリュウズ

一見不利に見えますがエルフーンリザードンの初手で対応可能です、以下理想の動き。

一ターン目。

1.エルフーンおいかぜリザードン熱風。

2.エルフーンに相手ドリュウズアイアンヘッド、エルフーン脱出ボタン発動し入れ替えからジュラルドン出し。

3.リザードンに相手ダイマックスバンギラスのダイロックでリザードン倒される。

4.ドリュウズを出して両縛り。

二ターン目。

5.ジュラルドンダイマックス

6.ドリュウズじしんジュラルドン巻き込み弱点保険発動から相手ドリュウズ倒し。

7.ジュラルドン2倍ダイスチルで相手ダイマックスバンギラス倒し。

対トリックルーム

トリックルームをさせない動きが基本です。

この指とまれ+トリックルームの場合はジュラルドンのドラゴンテールor巻き込みじしん+倍ダイスチルで対処します。

どうしてもトリックルーム発動を阻止できない場合はジュラルドンのダイスチル、ドリュウズのダイアースなどで耐久を強化してトリックルームターンを耐えます。

対ゴチルゼルサマヨールへの理想の動き。

一ターン目。

1.ゴチルゼルにルンパッパでねこだましサマヨールにジュラルドンでドラゴンテール。

二ターン目。

2.ゴチルゼルにジュラルドン徹底光線+ルンパッパダイマックス技集中で倒し(回復木の実の場合乱数)。

3.ジュラルドン倒されてエルフーン出し。

三ターン目。

4.サマヨールにエルフーンですりかえ脱出ボタン+ルンパッパのダイマックス技集中。

4.1.ジュラルドンが倒されていなければサマヨールにドラゴンテール+もう片方にルンパッパでダイマックス技。

 

またこの方法とは別に初手ジュラルドンでダイサンダーを撃ち催眠術を無効にしてトリックルームターンが終わるまで耐える方法もあります。

余談

命中率の低い技が多く技外しからの負けが主な敗因です。おかげでストレスが溜まります。

完璧に使いこなそうとするとプレイング難易度の高いPTです。技や調整など細かいところを変えつつサブロムで400戦ほど対戦してようやく勝率が安定しました。

今作のルールはダイマックスしない時のポケモンの強さが重要だと思っています。このPTの構成でもスカーフリザードン、タスキドリュウズ、珠ルンパッパなどダイマックスしてもしなくても強い構成で、状況に合わせてどこからでもダイマックスできるようにしています。

初見殺し感の強いPTなのでPTばれしていると厳しくなります。その対策かつすりかえエルフーンの対応範囲の違いを感じられるように一応偽装したPT(弱)も用意しました。

対闘争心オノノクスを考えてオノノクスに強いポケモンは♀にした方がいざ出会った時に対応できます(オーロンゲやトゲキッス、インテリオンなど♂が多いため)。先制技持ちの特殊はA無振り最高値、それ以外はA0値にしてあります。

パワーシェアむしのていこうツボツボなどパワーシェアポケモンを考えると物理ポケモンもC0にした方がいいですが流石に考えすぎかなと思ってそこまでの調整はしていません。

全ポケモン性格ミントを使っているのですりかえからの回復木の実で混乱することはありません。BP枯渇しました。

参考になればうれしいです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    高ランクもすごいけれど、厳選もほんとお疲れ様です…。

    粘るだけでめっちゃ時間使いそうだわコレ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください