【サンムーン・WCSバトル】カプカプカプスタンダード構築 (最高レート1854)

ABOUTこの記事をかいた人

tofu

今は亡きシューターとトリプルが好きな人。鋼の身体とメンタルを持つ武闘派の豆腐らしい。

サンムーンのWCSバトルレートで使用したカプカプカプスタンダード構築の紹介です。

カプ・テテフ、カプ・ブルル、カプ・レヒレを軸にしたパーティで最高レート1854まで到達しました。

WCSバトルの構築を考える参考になれば幸いです。

パーティ

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

20140304003828fed797

0ffabb41786

787788

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ガブリアス きあいのタスキ ドラゴンクロー どくづき じしん まもる さめはだ
テッカグヤ たべのこし ラスターカノン やどりぎのたね みがわり まもる ビーストブースト
ウインディ ほのおz もえつきる ねっぷう てだすけ まもる いかく
カプ・テテフ こだわりスカーフ サイコキネシス ムーンフォース マジカルシャイン 10まんボルト サイコメイカー
カプ・ブルル ラムのみ ウッドホーン やどりぎのたね みがわり まもる グラスメイカー
カプ・レヒレ オボンのみ ねっとう ムーンフォース めいそう まもる ミストメイカー

構築に至る経緯

このルールで一番攻撃範囲が広く汎用性が高いカプ・テテフとウインディの組み合わせから構築をスタート。

そこから使用率が高く地面の一貫がとりやすいガブリアス、相手のガブリアス対策のテッカグヤを編成。

ここまでで雨が重たく電気の一貫や相手のフィールド技を塗り替えれる要素がほしかったためカプ・ブルルを選択。

最後にポリゴン2などの耐久ポケモンを倒したり氷と水一貫を消し、PT全体に状態異常耐性をつけれる第3のフィールド戦士としてカプ・レヒレを選択。

戦闘の流れ

似たようなPT相手にはカプ・テテフ、ウインディを選出し相手によって選出を合わせていく。

コータスドレディアはウインディ、カプ・レヒレを選出し後発は相手に合わせて選出していく。

雨はカプ・レヒレorとガブリアスを選出し後発は相手に合わせて展開していく。

基本的にスタンダードな構築は相手のPTに合わせて選出していくため前者の選出は一例で違う場合もあります。

ポケモンの個別解説

ガブリアス

20140304003828fed

性格:ようき
実数値:183-182-116-×-105-169
努力値:攻撃252 防御4 素早さ252

呪われたハイパーボール個体のガブリアス…

自分より素早さが低いポケモンに強いポケモンで上から倒されないように持ち物はきあいのたすき。

一致の「ドラゴンクロー」と広い範囲を削れる「じしん」と自身を守る「まもる」を採用しカプ系を削ったり追加効果がおいしい「どくづき」を採用。

初手から襷を生かして場を荒らしたり後発からじしんで一掃したりしていく。

テッカグヤ

797

性格:ひかえめ
実数値:193-×-136-140-141-92
努力値:HP164 防御100 特攻4 特防156 素早さ84

耐久ポケモンや不利なポケモンでも「やどりぎのたね」と「まもる」「みがわり」ループでとれるため持ち物は食べ残しで採用。

ヘビーボンバーを採用している個体が多いが「ラスターカノン」で採用している。

ラスターカノンであれば後述するウインディの晴れ状態での炎zもえつきるとラスターカノンでコータスを倒すことが可能であり周りが特殊なことも多いため追加効果に助けられる場面も多い。

ウインディ

0ffabb41

性格:ひかえめ
実数値:197-×100-157-100-125
努力値:HP252 特攻180 素早さ76

新たに命中安定で「もえつきる」という技を習得したため試しで使用してみたところ悪くなかったためそのまま採用しもえつきるが2回打てるようになるほのおzで採用。

最速テッカグヤを抜けるラインに設定し残りをcに振り調整。

もえつきるのみでは削りを入れる際に困るためねっぷうを採用し自分自身を守る、後述するカプ・テテフとの組み合わせを活かしたり初見殺し要素として手助けを採用。

テッカグヤを対面で突破できるのがこのポケモンだけであるためテッカグヤがいるPT相手では慎重に動かすようにしていました。

カプ・テテフ

786

性格:おくびょう
実数値:146-×-95-182-135-161
努力値:HP4 特攻252 素早さ252

PT全体でガブリアス以外中速であるためスカーフで採用。

手助け込みのマジカルシャインで183-105のガブリアスがダブルダメージで75%で1発。

サイコフィールド状態であれば手助け込みでかなり広い範囲が見れ、サイコキネシスが通らない悪タイプにはカプ・テテフ自身が強く両方を半減する鋼にはウインディが強いためこの形で採用。

10まんボルトは1舞ギャラドスのストッパーとしても使えるため採用しました。ガラガラによく吸われました。

カプ・ブルル

787

性格:いじっぱり
実数値:177-166-149-×-121-108
努力値:HP252 攻撃4 防御108 特防44 素早さ100

水と電気相手に繰り出したいため熱湯でやけどや放電で麻痺しないラムの実で採用。

Aには振らなくてもフィールド補正込みで水相手には十分遂行できガブリアスもぴったり確定2発であるためガブリアスのどくづきを耐えられるBラインに設定しSは大体のカプレヒレやニョロトノを抜けるラインに設定し残りをDに振り分けた。

耐久相手や時間稼ぎをするための採用意図なのでみがわりまもるを採用し耐久潰しにやどりぎのたねを採用。

グラスフィールド+やどりぎのたね+ウッドホーンで等倍相手にもかなり打ち合える型であるため相手を選ぶが非常に強力である。

カプ・レヒレ

788

性格:おだやか
実数値:177-×-138-143-166-107 
努力値:HP252 防御20 特攻220 特防4 素早さ12

主に特殊を相手に起点にするため物理耐久より特殊耐久方面を優先、Cを振ったクレセリアのような感覚で使用したかったため熱風+ムーンフォースでボーマンダあたりが落ちるCラインに設定しオボンのみで場持ちをよくした。グラスフィールドとあわせることで等倍の特殊相手はほとんど起点にすることができ一瞬でゲームセットの状況まで持っていくことが可能である。

戦績とか

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

もともとはカプ・ブルルの枠がカプ・コケコ、カプ・レヒレの枠がギャラドス、テッカグヤの枠がメタグロスであり62戦時点で勝率66%あたりで停滞していたがこのPTにしてからは放送中に10勝0敗でこのレートまでいけました。

このPTの欠点としてテッカグヤへの打点の少なさ、雨PTへの回答の薄さなどまだまだ改善の余地があります。

レベル100が4匹いる為、育成がなによりとても辛かったです。もう2度と四天王でレベル上げしたくないです…

何かの参考になれば幸いです。

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・サンムーン】QRレンタルチーム一覧

2017.08.14

APPDATEで公開されたQRチーム一覧はこちらから。

レート2000超えの構築からレート1200代の闇構築まで幅広く取り揃えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。