【サンムーン・S6スペシャル 】 どくまもサイクル 1803

ABOUTこの記事をかいた人

tofu

今は亡きシューターとトリプルが好きな人。鋼の身体とメンタルを持つ武闘派の豆腐らしい。

はじめに

先日投稿したダブルの記事に続き、サンムーンの締めくくりとして総合レートで使用したPTを順に公開していきたいと思います。

今回はタイトル通りシーズン6スペシャルレートの記事です。

【サンムーン・ダブル】シングル流対面構築 シーズン6レート2000

2017.11.11

スペシャルレートについて

リザードン、ゲンガー、ギャラドス、ポリゴン2、バシャーモ、ボーマンダ、ガブリアス、ルカリオ、カバルドン、マンムー、ナットレイ、ランドロス、ゲッコウガ、ギルガルド、ミミッキュ、カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・レヒレが使えない6350のシングルバトルとなります。

また、過去作産ポケモンも使用可能です。

PT紹介

 

ガルーラ ガルーラナイト
ねこだまし、すてみタックル、じしん、ふいうち

性格 ようき
努力値 HP4 攻撃252 素早さ252
実数値 181-177-120-×-120-167

特性 きもったま

カイリュー こだわりハチマキ

げきりん、ほのおのパンチ、じしん、しんそく

性格 いじっぱり
努力値 HP196 攻撃204 防御4 特防44 素早さ60
実数値 191-198-116-×-126-108

特性 マルチスケイル

クレセリア ゴツゴツメット
れいとうビーム、どくどく、つきのひかり、みかづきのまい

性格 ずぶとい
努力値 HP252 防御252 特攻4
227-×-189-96-150-105

特性 ふゆう

ヒードラン たべのこし
ふんえん、どくどく、みがわり、まもる

性格 おくびょう
努力値 HP212 防御4 特攻36 特防4 素早さ252
193-×-127-155-127-141

特性 もらいび

ウツロイド ふうせん
ヘドロばくだん、パワージェム、どくびし、ステルスロック

性格 おくびょう
努力値 HP4 特攻252 素早さ252
185-×-59-179-151-170

特性 ビーストブースト

キノガッサ きあいのタスキ
キノコのほうし、つるぎのまい、タネマシンガン、マッハパンチ

性格 いじっぱり
努力値 HP4 攻撃252 素早さ252
136-200-100-×-80-122

特性 テクニシャン

構築経緯

総合レートの1つとしてささっと終わらせる予定だったのですが今までで一番勝てていない状態が200戦近く続きさすがにこのままではまずいと思い構築を探し直してくることから始めました。

構築を探す際にサンムーン環境のシングルの環境があまりわかっていないことや上位禁止というルールな以上サンムーン環境でのシングル構築では上位ポケモンと被ってしまい代用を探すのが難しいポケモンが入っていることが多いことからoras期にあった構築を今回のルールに合わせてシフトさせるのが良いと判断。

oras期でも猛威を奮っていたガルーラクレセリアヒードランの形が使えることからここから構築を作成。

クレセドランで重たくなるスイクン、アシレーヌなどの水タイプに対して役割を持ってもらうためキノガッサを採用。

雨とウルガモス、フェローチェに厚くするために瞬間火力を出せる鉢巻カイリューを採用。

対ボルトロスとウルガモスがまだ怪しいと感じたため両方に後出しができて周りとのシナジーを考えウツロイドを採用。

個別解説

ガルーラ

クレセリアがみかづきのまいがあることから反動ダメージをあまり気にしなくていいためすてみタックル、毒ダメージを蓄積させたり様子見で打つためのねこだましを採用しクレセリアヒードランで重たい相手のヒードランを殴るためのじしんと削り残しを縛るためのふいうちを採用。

ガルーラサザンドラウルガモスなど同族付近の相手をすることが多いため最速で採用

火力が落ちたのが致命傷で思ってたより出さなかったので要検討

 

 

クレセリア

れいとうビーム ドラゴンタイプがあまり楽ではないため

どくどく ガルーラ、ヒードランと組み合わせて使う 耐久潰し

つきのひかり サイクルを回す際に自身のHP確保しないといけないため採用

みかづきのまい ガルーラ、カイリュー、襷キノガッサ、みがまもで消耗したヒードランを復活させるために採用

メタグロスを主に相手にしてもらうためHBで採用

ヒードラン

ふんえん 安易な物理ポケモンの後出しを許さないため

どくどく 有利対面で相手を嵌めるため

みがわり 様子見、毒とのシナジー

まもる  Z技を透かしたり様子見でHP確保のため

どくびしを巻いてある状態であれば設置しているポケモンはみがまもしてるだけで落ちていくこのPTのMVP

 

キノガッサ

キノコのほうし 起点作りのため採用

つるぎのまい グライオンを潰したり低速を起点にして強引に突破するために採用

マッハパンチ 対バンギ、ヒードラン、ガルーラなどに必要なため

タネマシンガン 対グライオン、スイクン、アシレーヌなど

がんせきふうじが必要と感じる場面よりつるぎのまいでゴリ押して勝つことの方が多かった。

モロバレル対面は相手が交換読みでキノコのほうしを打ってくることがほとんどであったためつるぎのまいから入り毒技を誘発させてからヒードランに交換することが多かった。

ウツロイド

ヘドロばくだん  汎用一致最高打点として採用。威力より追加効果を重視。

パワージェム 対ウルガモス、ボルトロス、サンダーに必要なため。

ステルスロック 対ウルガモス、カイリューを意識して採用

どくびし ヒードランの補助のために採用 浮いているポケモンに比較的強いのも○

キノガッサにきあいのタスキがとられていることから試験的にふうせんで採用したのだがよくわからないところに強くなってておもしろかった。

カイリュー

げきりん 一致最大打点として採用

じしん ドヒドイデ、バンギラスなどへの打点として採用

ほのおのパンチ 対ハッサム、エアームドを意識して採用

しんそく 削り残しを狩ったり終盤の詰めとして使えるため採用

Z枠が余ってしまったのでこのポケモンにZをもたせるべきだったかもしれません。

選出

もうこのルールをやることはないと思うので選出も書いておきます。

基本的にウツロイドでどくびしかステロをいれてクレセリアヒードランで突破されないようにハメ殺すかキノガッサで起点にしてぶち抜いていくことが多いです。対面構築のような動き方もできるので相手に合わせて柔軟に動いていきます。

基本選出

ウツロイドクレセリアヒードラン

ガルーラクレセリアヒードラン

ガルーラキノガッサクレセリア

の3つの中からのパターンがほとんど

対雨

ガルーラ、キノガッサ、カイリュー

対受けループ

キノガッサ、ヒードラン、ウツロイドかカイリューが多い

グライオン相手にはキノガッサで剣舞してぶち抜くことが多い(ギロチン当たったら諦める

エアームド+フシギバナかドヒドイデ+しぜんかいふく(ラッキー、ハピナス)の組み合わせは基本的に負けなので割り切ります。

戦績

シーズン6スペシャルレートにて1620くらいから始めて26勝8敗で1803でした。

次回はWCSレートの記事の予定です。

それではまた(^∀゜)

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。