【全国ダブル】広範囲対応型テテフグロス シーズン5レート2008最終7位

ABOUTこの記事をかいた人

メテオール

みなみなさま お控え なすって! 小生 クズで ございます!

はじめに

誰だお前? という方が殆どだと思います。私は葉月(あるいはメテオール)と申す者です。

今回は友人であるLio氏が私にAPPDATEに寄稿しないか、と声をかけてくれたのでレート2000を越えられたパーティをAPPDATEに寄稿させていただきました。

パーティ紹介

バンギラス

性格:いじっぱり
特性:すなおこし
持ち物:じゃくてんほけん
努力値:H252 A140 S116
実数値:207-189-130-×-120-96
H:極振り
A:余り
B:A192メガメタグロス(C194サザンドラのあくのはどう耐え)のアイアンヘッド耐え
D:C205ウルガモスのC1段階upむしのさざめき耐え
S:追い風時最速ゲッコウガ族抜き
いわなだれ/かみくだく/ばかぢから/まもる

メガリザードンYに対する天候操作役であり晴れや霰を見てもらいます。

素早さはおいかぜ下で最速ゲッコウガを抜ける96にしてありますが、おいかぜ下で最速エルフーンを抜きつつトリル下で最遅メガガルーラを抜ける93にするべきかもしれないとも思います。

弱点保険は

  • カプ系のマジカルシャイン
  • リザードンのソーラービーム
  • ギルガルドのラスターカノン

など発動する機会に恵まれているので腐りにくく、良いアイテムだったと思います。

ただメタグロスと同時選出しないことも多々あるので、バンギラスにもメガストーンを持たせて晴れや霰へのメタを強めるのもありだったかな、と思います。

バンギラスの枠をサザンドラにすると晴れと霰に弱くなる代わりに厄介なナットレイやヒードラン、ギルガルドに強くなるので一長一短だと思います。

テテフグロスにおいてバンギラスを採用したならば炎を重く、サザンドラを採用したならば鋼を重く見た結果と個人的には思っています。

どちらを採用するかは個人の嗜好により分かれそうです。

ランドロス(霊獣)

性格:ようき
特性:いかく
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:A252 D4 S252
実数値:164-197-110-×-101-157
A:極振り
D:C182カプ・テテフのサイコキネシス耐え
S:最速(最速スカーフルカリオ+1)
じしん/ばかぢから/いわなだれ/とんぼがえり

サンダーやカプ・テテフの物理耐久を補ったり終盤の掃除をしたりと、多岐に渡る活躍をしてくれるポケモンです。

陽気最速なのはおいかぜがなくとも最速フェローチェ、控えめスカーフカプ・テテフより早く、何より相手のスカーフランドロスに上からいわなだれを撃たれることを避けたいからです。

(完全な対策には無論ならないけど相手のスカーフランドロスに何もできなくなるよりは全然マシ)

最初は耐久調整したいじっぱりスカーフランドロスを採用していましたが、相手のランドロスのいわなだれに屈しました。

ワイドガードを意識したがんせきふうじorストーンエッジを採用するのもアリだと思います。

カプ・テテフ

性格:おくびょう
特性:サイコメイカー
持ち物:エスパーZ

努力値:H6 C252 S252
実数値:146-×-95-182-135-161
C:極振り
S:最速
サイコキネシス/ムーンフォース/ちょうはつ/まもる

この構築のエースです。

エスパーZの火力はおくびょうでも凄まじく、等倍のポケモンは大抵一撃で吹き飛んでいきます。

カプ・テテフをおくびょうで採用したのはスカーフではない霊獣ランドロスにいわなだれを撃たれるのを避けたかったことと、メガガルーラの性格が意地っ張りが主流になっており上からエスパーZを叩き込める確率が高くなっているからです。実際に殆どのガルーラより早く動けたので正解でした。

ただ、特攻に振り切るのではなく多少耐久に回したり、素早さを最速ワルビアル抜きまで抑えるのもありかな? とも思います。

ムーンフォースについてですが、おいかぜ下でのボーマンダの高速な処理やクレセリアへのダメージ、Cダウンも兼ねて選択しています。

しかしマジカルシャインが欲しくなることもあり悩ましいところです。

ちょうはつはラッキー系列の構築に対する抵抗、対トリックルーム、おいかぜミラー意識です。

役には立ちましたがギルガルドを意識したシャドーボール、テッカグヤを意識した10まんボルトの採用なども有りかと思われます。

メタグロス

性格:ようき
特性:クリアボディ→かたいツメ
持ち物:メタグロスナイト

努力値:H28 A212 B4 D12 S252
実数値:159-182-151-×-112-134 → 159-192-171-×-132-178
H:159(16n-1)
A:166-105サンダーをフィールドありしねんのずつきで81.3%で1発
B:威嚇受けたA197ランドロスのダブルダメ地震確3(H12振りで可能)
D:C194サザンドラのあくのはどう耐え/C177サンダーのZ10まんボルト耐え
S:最速
※メガ時の計算です
アイアンヘッド/しねんのずつき/れいとうパンチ/まもる

素早さと火力で果敢に攻めていきます。

相手にカプ・テテフやボーマンダがいる場合や霰に対して積極的に選出します。砂に対しては相手のメンバー次第で決めます。

ヒードラン、サザンドラ、メガガルーラなどを意識してれいとうパンチをアームハンマーにしてみたくもあるのですが、ランドロスやメガボーマンダがキツくなるので悩ましいところです。

カプ・テテフにこだわりスカーフを持たせるならばれいとうパンチ以外の選択肢も充分に考えられるかもしれません。(じしんやアームハンマーなど)

サンダー

性格:おだやか
特性:せいでんき
持ち物:サイコシード

努力値:H220 B108 C4 D132 S44
実数値:193-×-119-146-139-126
H:193(H全振りムクホークのいのちがけ耐え)
B:A177メガガルーラの猫捨て身耐え
D:サイコシード発動時C147コケコの眼鏡10万確定4発/ヒードランのC200晴れオバヒ耐え
S:追い風時最速100族まで抜き
10まんボルト/ねっぷう/おいかぜ/はねやすめ

初手ランドロス+サンダーで出して後発にカプ・テテフを置くことで防御も特防も硬いサンダーが出来ます。

耐久はバルジーナほど固くはありませんが、優秀な耐性と威嚇+シードで底上げされた耐久でサポートと削りを両方やってくれる優秀なポケモンです。

半端な特殊火力ではまず落ちることはなく、ギルガルドやヒードラン、抜群でもアローラキュウコンを相手に勝ちをもぎ取ることもできました。

せいでんきを採用していますがプレッシャーでも代用は問題なく可能だと思います。

(プレッシャーの発動順で相手のカプ・テテフ、カプ・ブルル、バンギラスの型を多少想定できたり大技のPPを枯らしたり安全にランドロスがサンダーにとんぼがえりを選択しバンギラスを後ろから出し晴れへのメタがしやすくなったりのプレッシャーならではの利点もある)

トリトドン

性格:ひかえめ
特性:よびみず
持ち物:バンジのみ

努力値:H164 B132 C108 D100 S6
実数値:207-×-105-138-115-60
B:A216ランドロスのダブルダメ地震確3
C:170-111メガマンダをれいとうビームで確1
D:C222ギルガルドのゴーストZ耐え(=メガゲンガー、ギルガルドのシャドボ確3)
S:こちらのおいかぜ時、相手のおいかぜ時に最速スカーフランドロス抜きを施しているポケモン抜き
だいちのちから/れいとうビーム/クリアスモッグ/まもる

上記の5匹では雨に対して隙を見せやすかったため、補完として採用しました。

鋼に打てるだいちのちから、ランドロスやボーマンダに対して打てるれいとうビーム、場持ちを良くするまもるは確定とし、最後の枠にはねっとうではなく対雨以外にもラッキー入り構築やイーブイバトン構築に対するメタとしてクリアスモッグを採用しました。

クリアスモッグは実際に役立ち4回ラッキー入り構築、1回イーブイ入りバトンに当たりましたが全て勝てました。

ラッキーやイーブイ以外にも、めいそうカプ・レヒレやのろいカビゴン、バークアウトを食らいすぎた味方にも打てるためクリアスモッグを選んで正解だったと思います。

ただ努力値については一考の余地ありかと思います。素早さは役に立たなかった訳ではありませんが素直に最遅にしても良いかと思われます。

後HPを減らして同じ意図に調整することが可能ならば再現できるならその方が良さそうです。(ウルガモスのギガドレインで1でも吸われるのを少なくするため)

選出

基本選出はだいたいランドロス、サンダー、カプ・テテフの3匹を軸に、最後の1匹は相手によって選択していく感じになります。

vsCHALK・ガルーラ系統

先発ランドロス+サンダー

サンダー
後発:カプ・テテフ+バンギラスorトリトドン

or

先発ガルーラが多いのでランドロス+サンダーから展開。ガルーラの火力を削いで擬似的に物理耐久を上昇させ、後発カプ・テテフでサンダーのサイコシードを発動させて特殊耐久を上昇させつつ殴ります。

相手にクレセリアがいないガルーラスタンには後発にランドロス、ヒードランを倒しつつサンダーも殴れるトリトドンも有効です。

ヒードランの草Zは要警戒。

 

vs晴れ

先発:ランドロス+サンダー

サンダー

後発:カプ・テテフ+バンギラス

リザバナ相手にはおいかぜ+いわなだれで展開するのが良いかと思われます。

サンダーがプレッシャーならば、両守る読みのランドロスがサンダーにとんぼがえりしてバンギラスを後ろから投げる立ち回りも可能です。

 

vs晴れ+砂(リザバンギ)

先発:ランドロス+カプ・テテフ

後発:トリトドン+バンギラス(面子によりどちらかをメタグロスにも?)

大方トリックルームから展開してくるのでトリックルームを逆に利用して立ち回る感じになります。

この構築のクレセリアはエスパーZやメンタルハーブを持ってない事が多いので、テテフのちょうはつでクレセリアのトリックルームを防ぐことも可能ではあります。

 

vs雨

先発:ランドロスorカプ・テテフ+サンダー

orサンダー

後発:カプ・テテフorバンギラス+トリトドン

or

トリトドンは大事に扱いましょう。雨側もルンパッパやナットレイによる対策は施しているのでサンダーやカプ・テテフは慎重に扱っていきましょう。

ナットレイ相手は敢えてランドロス(バンギラス)の馬鹿力+テテフのマキシマムサイブレイカーの集中で落としトリトドンの処理を辛くさせる選択肢もあります。(実際にやりました)

 

vs砂

先発:ランドロス+サンダー(マンダが居る場合メタグロス先発も)

サンダー

後発:カプ・テテフ+トリトドンorメタグロス

or メガメタグロス

スカーフバンギラスには怯まされないよう気を付けたいところです。サンダーでおいかぜを使い立ち回りたいところ。

ボーマンダでおいかぜを展開され、ドリュウズだけでなくスカーフではなく強化アイテムを持っているであろうバンギラスの両方に上から動かれるのは特に避けたい展開です。

vs霰

先発:ランドロスorサンダー+メタグロス

orサンダーメガメタグロス
後発:バンギラスorランドロス+カプ・テテフ

or

キュウコンにオーロラベールを張られるのは避けたい所です。

基本的には有利ではありますが、バイバニラがぜったいれいどを仕込んでいるパターンもあるので用心は必須です。

vsエルフーン+テラキオン

先発:サンダー+メタグロス

サンダーメガメタグロス

後発:カプ・テテフ+バンギラスorランドロス(エルフーン+ゲンガーが絡まされてる場合ランドロス推奨)

or

少なくともメタグロスは出さないとテラキオンに蹂躙されるリスクが非常に高まります。最近増えているので要注意!

サンダー+ランドロスの初手は一見有効ですが、耐久振られているテラキオンを想定するとスカーフランドロスは完全な対策になり得ませんのでおすすめできません。

エルテラについて詳しく知りたい人は下記参照

【サンムーン・ダブル】エルテラ・・・コバルオン

2017.09.07

【サンムーン・ダブル】エルフーンとテラキオンの仲良し正義の旅~序章~

2017.08.15

【サンムーン・ダブル】エルフーン+テラキオン構築の四方山話

2017.08.15

vsツボツボラッキー・メレシーラッキー

先発:カプ・テテフ+メタグロス

メガメタグロス

後発:トリトドン+バンギラス

トリトドンを出さないと確実に止められずに蹂躙されます。

相手のメンツ次第ではバンギラスをランドロスにして、カプ・テテフの代わりに先発にするのもいいかもしれません。

 

vsライコウ+ボーマンダ

先発:サンダー+ランドロス

サンダー

後発:メタグロスorバンギラス+カプ・テテフ

メガメタグロスor

先発ライコウ+ウルガモスで来た場合ほぼ確実にウルガモスがスカーフなので、ランドロスでウルガモスのめざ氷を誘い交換して反撃が理想です。

サンダーは初手は取り敢えずおいかぜ。

 

vsカプ・テテフ+メタグロス

先発:サンダー+メタグロス

サンダーメガメタグロス

後発:ランドロス+バンギラスorトリトドン

or

基本的にはこちらはカプ・テテフを出さないでください。

スカーフでないため相手のメタグロスに何も出来ず倒されるどころか、こちらのトリトドンが相手のメタグロスに処理されやすくなりより不利になります。

 

vsサーナイト軸

先発:メタグロス+ランドロスorカプ・テテフorサンダー

メガメタグロスorサンダー

後発:トリトドンorバンギラスorカプ・テテフ

oror

正直な話、相手の構築次第(ガオガエンが居るかとかモロバレルが居るかとか)で全員に出番があるパターンです。

中でもメタグロスはサーナイトに非常に強く選出は確定事項だと言えるでしょう。

このパーティを使った感想

序盤33-4を達成でき、瞬間的に1位になり(途中で1度ひどい闇堕ちしましたが)中盤以降~終盤になっても粘り強く1ページめに残れているため、改善できるところはありつつも良く戦える構築に仕上がったかな? と思います。

決して体調が悪いときには対戦してはいけません。

(1枚め時点ではいじっぱり調整スカーフランドロス、2枚めでは最速スカーフランドロス)

終わりに

このテテフグロスはあくまでもサンプルの1つでしかなく、雨と組み合わせたり、バンギラスをサザンドラにしたり、ガオガエンと組ませてみたりと色々カスタマイズできるパーティかと思っています。

ダブルを始めてみたい!という方やメタグロスを使ってみたい!という方、純粋にパーティが気になる、と言った方に少しでも参考になったのならば私としては幸せなことはありません。

ここまで読んでくれた方々、寄稿させてくれたAPPDATE運営の方々に感謝しかありません。

それでは閲覧ありがとうございました。

関連動画

テテフグロスVSエルテラの対戦動画です。一般的にはテテフグロス優位と言われるカードですが結果は如何に…?

非常に強い方同士の対決となっています。強者同士の鎬の削り合いは必見です!

QRレンタルチーム

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/sm/BT-4685-B82F

 

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・サンムーン】QRレンタルチーム一覧

2017.08.14

APPDATEで公開されたQRチーム一覧はこちらから。

レート2000超えの構築からレート1200代の闇構築まで幅広く取り揃えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メテオール

みなみなさま お控え なすって! 小生 クズで ございます!