【WCS2019サン・シリーズ】ハギギシリオーガゼクロム

ABOUTこの記事をかいた人

nununu

シングルからダブル勢に転向しました。絵の練習中。

はじめに

初めまして、nununuと申します。USUMからダブルバトルを始めました。どうぞよろしく。

公式大会INC.Nov(サン・シリーズ)で奮闘したパーティを寄稿させて頂きます。

結果だけ先に言いますと、43戦33勝で最高&最終レート1783。

結構変わった並びになっているので是非ご覧ください。

パーティ作成経緯

一応説明しておくと、今回はZなしメガゲンシなしの伝説ポケモン2体ありというルール。

当然伝説枠から決めることになるのだけど、その中でも群を抜いて強いと感じたのがスカーフカイオーガ

大体のポケモンに上から雨しおふきを撃てるため、相手のパーティを「しおふき耐える奴」と「耐えない奴」に二分できる。あとはしおふきを邪魔されないようにするサポートと「耐える奴」の処理を考えるだけ。単純明快。

まずはねこだましの対策として特性じょおうのいげんを持つアマージョを採用。

しかしS操作ができず、ルナアーラなどにしおふきを耐えておいかぜをされるのが怖くてオーガとはなかなか並べづらかった。

そこでファストガード含め、ねこだましを防ぎつつ相手のS操作に対抗できるポケモンを吟味したところ、特性ビビッドボディを持ちトリックルームを使えるハギギシリというポケモンに行き着いた。

スカーフオーガの隣でトリックルームってどうなの?とは思ったが、試してみるとみると意外に刺さる。初手でしおふきトリルし、一方を防ごうとすればもう一方が通る構え。

おいかぜをしてくるようなら確実に返せる。もちろん、必要無ければトリルを使わずに二体で殴ればいい。

トリル展開役が決まったので続いてトリルエースの選定。

まずは伝説枠から、オーガと相性補完に優れるゼクロムを採用。おいかぜを覚えるためスイッチトリルの動きができる。

次に、トリルの天敵といえばモロバレルのキノコのほうし。

これを無効にでき、通りのいい技でガンガン押していけるシュバルゴを第二のトリルエースとして採用。対ゼルネアスも兼ねる。

最後に滅茶苦茶つらいグラードンをどうにかするため、ノーてんきでひでりを無効にしながらしおふきを通すためのゴルダックを入れて完成した。

 

パーティ

個別解説

カイオーガ

 


持ち物:こだわりスカーフ
特性:あめふらし
性格:ひかえめ
努力値:CS252B4
実数値:175-x-111-222-160-142(スカーフ込213)
技:しおふき/こんげんのはどう/ねっとう/かみなり

テンプレのスカーフオーガ。特に言うことなし。パーティみんなのサポートを受けて全力でしおふきを撃つ。

ハギギシリがトリルしている横でしおふきをしても普通に生き残ることが多く、トリル展開後に一旦下げたあと終盤でこんげんのはどうを撃っていく詰め筋が強力だった。

特にゼルネアスに少しでも打点が欲しいので性格はひかえめ。無振りゼルネアスに対しダブル雨しおふきは3割の低乱数。

参考:201-118ゼルネアスへのダブルダメージしおふき
ダメージ: 178〜211
割合: 88.5%〜104.9%

回数: 乱数1発 (31.3%)

最速でなくて困ったのは相手にフェローチェがいたときくらい。

ゴルダックが隣にいるときは雨補正が乗らないので注意。

HD特化ガオガエンが雨無ししおふきをギリギリ確定耐えしてくる。流石にグラードンはチョッキでなければ一発。

ねっとうはワイドガード対策だがワイガされること自体ほぼ無かった。

かみなりは対オーガミラー。ゴルダックがいるとたまに外れる。

アマージョ


持ち物:オボンのみ
特性:じょおうのいげん
性格:いじっぱり
努力値:HA252D4
実数値:179-189-118-x-119-92
技:パワーウィップ/フェイント/てだすけ/とびひざげり

こちらもテンプレ。ねこだましを防ぐ女王様。グラードン入りかトリルパに出す。

持ち物はマゴのみだったが発動機会が無かったのでオボンに変えた。

パワーウィップはオーガを1発、無振りグラードンを5割の乱数一発と高火力。

とびひざげりはナットレイを確実に削るためにもけたぐりが良かった気がする。

威嚇で攻撃が下がっても特性とてだすけ・フェイントで確実に仕事をこなす。

もうちょっと選出パターンに組み込んであげるべきだったと思う。

ハギギシリ


持ち物:きあいのタスキ
特性:ビビッドボディ
性格:いじっぱり
努力値:HA252D4
実数値:175-172-90-x-91-112
技:アクアジェット/サイコファング/トリックルーム/よこどり

カイオーガと一緒に先発で出す。数値は低いが侮るなかれ。特性により相手のねこだましやいたずらごころを封じるだけでなく、技4つに一切無駄がない。

雨アクジェはそれなりの威力があり、オーガのしおふきと合わせてH振りゼルネアスでも余裕で倒せる。タスキ潰しや最低限の削りを入れるなど、とても便利。残念ながらルナアーラは耐久無振りでもアクジェしおふきで低乱数なので注意。

サイコファングはオーガメタの一角であるドクロッグをワンパンできる命中安定のメインウェポン。また、しおふき+サイコファングでモロバレルを倒せる(ウタン持ちは無理)。テテフのサイコフィールドにただ乗りできることも。発動機会はほぼないが壁を破壊する追加効果がある。

トリックルームは構築の要。オーガと並べてしおふきトリルが基本ルート。胞子で眠らせてくるモロバレルは前述の通りサイコファングで返り討ちにできる。いたずらごころちょうはつが無効なのでエルフーンとトルネロスにとても強い。

よこどりは主にワイドガードを防ぐ目的で採用したが、例えばテテフライドのようなおいかぜ+ちょうはつができる並びに使っておくとトリルを押すよりも安心できる。

そもそもトリルを分かってる人なら無対策においかぜを押さないので、おいかぜを奪う目的で使うべき技ではない。あとはツボラキのラッキーから無限にちいさくなるやタマゴうみを奪う予定だったけどマッチングしなかった。

タスキだけどトリルするのでHPに振っている。S下降をかけて最遅にしていないのはチョッキドクロッグを上から倒すため。より確実に倒すなら素早さに振る方がよかったかもしれないが、早いドクロッグは大体タスキ。

これだけのことができて上記の流れにねこだましが一切介入しないのが完璧すぎる。

ゼクロム

持ち物:いのちのたま
特性:テラボルテージ
性格:いじっぱり
努力値:HA252S4
実数値:207-222-140-126-120-111
技:らいげき/だいちのちから/まもる/おいかぜ

トリルアタッカーであると同時においかぜができるスイッチ要員として採用した2体目の伝説。耐性がオーガの引き先として優秀で、スカーフコケコやルンパッパとオーガが鉢合わせたときなどはコイツで受ける。

特性のテラボルテージはただのかたやぶり。ひらいしんを無視して電気技を撃てたりヌケニンやミミッキュに有効だが、ルナアーラのファントムガードやネクロズマのプリズムアーマーは無視できないので注意。

専用技のらいげきは威力130命中85かつ2割で麻痺の追加効果を持つ強力な技。珠補正を乗せた火力はカミツルギを半分削るほど。

参考:135-151カミツルギへの珠らいげき
ダメージ: 70〜83
割合: 51.8%〜61.4%

回数: 確定2発

相手のコケコのエレキフィールドで大変なことになったりする。ちなみに接触技なのでナットレイに撃つと痛い。

基本的にらいげきしか使わないため、余ったスペースにとりあえず守るとほぼツンデツンデピンポイントのだいちのちからを入れてみた。

だいちのちからについてはかなり微妙だった。まあ性格意地っ張りで下降かかってるし当たり前なんだけど…。

一応仮想敵のツンデツンデは珠込みで確定一発、無振りカミツルギに8~9割。他の技を入れたいが選択肢は貧相。いっそクロスサンダー入れてらいげきと使い分けてもいい気がする。

使っててもっと調整してやりたかったなと感じたポケモン。特に耐性と耐久が予想以上に優秀で、珠でHPを消費していくのが非常にもったいなかった。持ち物はじしゃく辺りがベストだと思う。おいかぜを確実に活かすならゼルネアスの攻撃を一発耐えるロゼルのみとか。

シュバルゴ

持ち物:こだわりハチマキ
特性:ぼうじん
性格:ゆうかん
努力値:HA252D4
実数値:177-205-125-x-126-22(最遅)
技:メガホーン/アイアンヘッド/はたきおとす/ドリルライナー

トリルエース2体目。対ゼルネアス用の鋼枠。

ナットレイの耐久値を攻撃に回したようなステータスをしている。耐性でナットレイに劣る上に鋼技の最高打点も負けているコイツをわざわざ採用した理由はメガホーンの一貫性にある。草タイプが多く、鋼は草や超の混合ばかりで炎はガオガエンくらいなため、このルールは虫技の通りが凄まじい。

ハチマキメガホーンは無振りカイオーガを確定一発、ナットレイに8割、ガオガエンに威嚇込みで6~7割の破壊力。受け出しを許さない。

特性のぼうじんはいかりのこなとキノコのほうしを無効化できるためモロバレルにめっぽう強い。めざめるパワー炎も雨が降っていれば問題なし。

アイアンヘッドは対ゼルネアス用。もちろんハチマキ込み確定一発。ジャイロボールとは違って遅い敵にもまともに入るのが優秀。

残りの技はあまり撃つ機会がない。ドリルライナーは主にディアルガに、はたきおとすは木の実を落としつつ確実に削りたいときに使う。

トリルアタッカーとしては特にナットバレルに一方的に殴り勝てるところが魅力。ナットレイとは火力と技の一貫性で、その他とはぼうじんの有無で差別化ができる。耐久が頼りないのはまあ仕方ない。

ゴルダック


持ち物:たつじんのおび
特性:ノーてんき
性格:おくびょう
努力値:CS252B4
実数値:155-x-99-147-100-150
技:ハイドロポンプ/みずびたし/アンコール/れいとうビーム

グラードン対策を一手に担うアヒル。荷が重すぎる。ノーてんきにより晴れも雨も無効にするが天候の状態そのものは持続し、ゴルダックが場を離れた瞬間に効果が再発動する。

ちなみにゴルダックは特性すいすいも持つが、選出時にどれぐらい警戒されたのかは分からない。ノーてんきは場に出した時点でバレる。

もともとグラードンフシギバナに対しオーガと並べて出す想定だったので、ようりょくそ無効となったフシギバナを確実に抜いてれいビ+しおふきでバナを落とせるよう最速&たつじんのおびを持たせた。結局フシギバナは出してもらえず残念だったが、たつじんのおび自体は草へのれいビが強化されてよかった。

グラードンと一緒にいるゼルネアスと鉢合わせてしまったときはアンコールを押しておけばジオコントロールは防げる。ゼルネアスは準速でもゴルダックをちょうど抜くので普通の型に対しては後攻アンコが決まる。

メインは火力を確保するためにハイドロポンプ。これでも全然打点が足りない。しかもノーてんきなので一生雨の恩恵は受けられない。かわいそう。

余った枠にはみずびたしを入れた。一応ゼクロムとのシナジーを考えての採用だったが有効に使えたことはあまりなかった。火力と耐性を同時に削ぐことができるのでもっと活用法を研究したいところ。ここはタスキコケコを想定してアクアジェットに変えてもいいかな。グラコケコの並びはとても多いので。

全体的にスペック不足を痛感したもののノーてんきは強力であり、グラードン入りにはそこそこの勝率をあげた。代わりにペリッパーの採用も考えたが、グラ後出しにもにほんばれにも確実に対応できる点で優秀だった。

選出

基本選出

先発:カイオーガ、ハギギシリ

後発:ゼクロム、シュバルゴ(orアマージョ)

初手しおふきトリル。体感としてオーガとギシリに一体ずつ攻撃が飛んできてどっちも耐えて残る状況になることが多い。そうしたらオーガを下げつつトリル下で裏のゼクバルゴで殴っていき、トリル終了後にオーガを再降臨できる。必要に応じてオーガを初手から下げたり、トリル後に突っ張ってオーガを切ることもある。

クロバット等のタスキ持ちはアクジェしおふきで無償突破が狙える。ドクロッグがいるときはギシリのサイコファングがあるため構わずしおふきでいい。ゼルネアスはしおふきが一回入ればジオコン後でもアクジェで縛れる。

難しいかつ多いのがルナアーラ対面だが、経験的にはワイガもおいかぜもほぼ使われないのでギシリはよこどりをせずそれ以外の技を押すべき。

トリルが失敗したらゼクロムのおいかぜで何とか切り替えそう。

対グラードン入り

先発:カイオーガ、ゴルダック(orアマージョ)

後発:アマージョ(orゴルダック)、ゼクロム(orシュバルゴ)

グラードンが受けられないためゴルダックを選出して初手からしおふきで圧力をかけないと負ける。ゴルダックは後出しから天候を無効にできるが、すいすいとようりょくそによる素早さ関係は技選択時点で決まっているのでとルンパッパとフシギバナの行動順に注意。

初手ゼルネから隣に後出しグラードンの動きが多いので、その場合は初手ゴルオーガでしおふきを押しつつゼルネにアンコールを撃つ。

総括

スカーフオーガ&ハギギシリという並びの対応力が高く、大会本番でも想定通り回せたことがまず驚きであり嬉しかった。ムーン・シリーズでも変わりなく使える強いタッグだと思う。

ゼクロムはオーガミラーに対し特に活躍してくれて、最も多かったオーガ入りに対し19戦中15勝の好成績。らいげきがとにかく強かった。ゼルネアス環境で使えるか心配だったが、ゼルネアス入りにはなんと14戦中11勝。トリルさえできればどうにでもなる。

勝率が悪かったのは対ナット、ルンパ、ルナアーラ、グラードン。特にナット一体に伝説二体が沈黙するというあってはならない事態が発生したため、早急に炎タイプの導入が求められる。ゼクロムを白キュレムに変えるのも一考。

あと、パーティ構成がかなり変なためか相手の選出も予想と違うことが結構あった。そのため、下手に読んで選出を歪めるより基本選出を突き通した方が結果的に勝てることが多い。ガオガエンとか初手に来たときは爆アドで大概そのまま勝てる。まあ、大会でこのパーティ見たら動揺するだろうな…。

さて、長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。ムーン・シリーズも頑張りましょう。

ハギギシリ、あまりにも使用率が低すぎて自分の使った型や一緒に使ったポケモンの跡がPGLにはっきり残るんですよね…(2018/12/05現在、レッドカードとかいう謎の道具が20%超だったりする)。皆さんもQRで使ってみてください。ハギギシリは強いので!

QRチーム

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-8AD0-4447

1 個のコメント

  • 誤字報告です。
    パーティ作成経緯の項より
    >どうなの?とは思ったが、試してみるとみると
    みるとが重複しています。
    >伝説ポケモン2体あり
    >トリルを使わずに二体で殴れば
    こちらの表記揺れは意図的なものでしょうか?

    以上となります。誤字とは関係ないのですが襷ヒトモシのパーティなに…?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    nununu

    シングルからダブル勢に転向しました。絵の練習中。