パーティ紹介

【ポケモン剣盾】ウッフーン【ダブルバトル】

構築の経緯

ウッウ強そうじゃない? というところからスタート。

相手のHPに1/4の定数ダメージ+αのおまけが攻撃しながらついてくるのは間違いなく破格ですが、これを活かすには味方をなみのりに巻き込むことになります。

幸いにして味方を水技に巻き込んでアドバンテージを取る方法はかなり豊富にあります。

いろいろ考えているうち、きゅうこんでC+1するギミックも検討することに。

水半減で特殊向けのポケモンを探していると、エルフーンが目に入りました。

GEM
エルフーンはいたずらおいかぜでウッウの行動回数増やせるし相性いいなあ。でもC種族値がちょっと低いから保留かな……
GEM
…………ん?

ウッウ + エルフーン

_人人人人人人人_
> ウッフーン <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

GEM
採用!!!!!

パーティ

個別解説

ウッウ


性格:おくびょう
努力値:0-×-0-252-0-252
実数値:145-*-75-137-115-150

構築の軸。ちゃんと選出もそれなりにします。

使い勝手としてはミロカロスに近く、こごえるかぜでS操作をちょいちょいしながら波に乗ってミサイルを装填していきます。

うのミサイルの追加効果は

HPが半分以上の状態で装填(サシカマス):B1段階ダウン
HPが半分以下の状態で装填(ピカチュウ):マヒ

と、どちらも後続のサポートして非常に優秀です。

エアスラの通りがそれなりにいいのも相まって、放置するとちょっとウザいけど殴ると反撃が痛いという状態をよく作れました。

攻撃技3つはほぼ確定だと思いますが、まもるとこらえるはどちらも有用な状況があるので選択枠だと思います。

今回はHP1で耐えると砂で落ちるが守れば助かる、という状況を優先しました。

エルフーン


性格:ひかえめ
努力値:252-×-0-252-0-0
実数値:167-*-105-150-95-136

名前がフーンだったばかりに構築に入ってしまったポケモン。

とはいえ基礎スペックがちゃんと高いので戦えます。前回とは違う。

【ダブルバトル】雷撃ババリバリッシュ構築の経緯 考察の視点を拡げる ポケットモンスターは考察のゲームだ。 より深く、幅広い考察を行う者は、すなわちポケットモンスタ...

基本はおいかぜでS操作し、生き残れば必要に応じて攻撃していきます。

ウッウ+エルフーンは一見圧に欠ける並びですが、きゅうこんでCを上げて打点を確保することでダイマックスを温存しながら相手を削っていけます。

ちょうはつは後発サマヨールのトリル+ダイマックスの動きがつらめなので対策として投入しました。

あまり信用できる枠ではないので、アンコールでもいいかも。

バンギラス


性格:いじっぱり
努力値:H252 A252 S4
実数値:207-204-130-×-120-82

ウッウと相性がいいので入ってきたポケモン。

保険発動ギミックはもちろん、うのミサイルの効果のどちらとも噛み合い、ちょうどよく削れた相手に全体技でとどめを刺すのも大変強いです。

砂でウッウが倒れたりもしますが誤差だよ誤差!

困ったらバンドリで初手に投げたり、裏から投げて天候を取ったりと、とりあえずバンギラスなので強いです。

トリル対策が薄めの構築なので、困ったら怯ませにいくのも大事な仕事です。祈ろう。

ドリュウズ


性格:ようき
努力値:A252 B4 S252
実数値:185-187-81-×-85-154

バンギラスと相性がいいので入ってきたポケモン。

多くの試合でダイマックスさせる想定で動かし、先発で少し削ってから珠ダイマックスの火力で押し込むのが理想の展開です。

地面無効2半減1で残り2匹は守れるためじしんを採用。タイプ一致全体技をパーティに複数採用できるのはやっぱり強力です。

トゲキッス


性格:ひかえめ
努力値:H244 C116 S148
実数値:191-×-115-170-135-119

バンギラスとドリュウズと相性がいいので入ってきたポケモン。

ドリュウズと並んでダイマックスする機会が多く、おいかぜの切れるターンで削れた相手にダイジェットを撃って展開するのが基本のパターンです。

パーティ全体がエルフアントに弱いのでS-1最速アイアント抜きまでSを上げました。

アイアントはトゲキッスで倒す前提なので(欠陥)、サイドチェンジで動かされそうなときはきちんとダイウォールしましょう。

ローブシン


性格:ゆうかん
努力値:H52 A204 D252
実数値:187-204-115-×-117-45(※S個体値0)

(相手の)バンギラスとドリュウズに相性がいいので入ってきたポケモン。

終盤の詰めや構築全体で呼びがちな鋼の処理が基本の仕事で、調整もそれに合わせて陽気ドリュウズの珠ダイスチル耐えにしてあります。

アシレーヌが増えてきたので、トリル下で動かすためのかみなりパンチを持たせました。

役割的にマッハパンチの火力を高めたかったのと、ウォッシュロトムに圧をかけるためくろおびを選択しました。

選出

基本選出

先発:ウッウ+エルフーン
後発:バンギラス+ドリュウズ

ウッフーン選出。

ウッフーンでS優位を取りながらどちらかを落としてもらい、裏からバンギラス→ドリュウズの順で展開していきます。

最終的にバンドリを並べてドリュウズをダイマックスさせ、一掃を狙います。

対エルフアント

先発:ウッウ+エルフーン
後発:トゲキッス+誰か

初手にアイアントが出てきて大変なことになるので、おいかぜとこごえるかぜを重ねて強引にトゲキッスが上を取れる体制を作り、トゲキッスに暴れてもらいます。

残り1匹は残りの面子を確認して決めましょう。

対トリパ

先発:バンギラス+ドリュウズ
後発:ローブシン+トゲキッス(状況により変動)

基本は怯ませにいきますが、そうそううまくはいかないのでトリルを張られる前提で動かします。

全員がダイウォールを張れるので気合で5ターンを凌ぎ、再展開を許さずに勝ちます。

展開の都合上最も耐久の高い4匹を選出することが多いですが、耐性の関係で崩せないポケモンが発生しうるため(トリトドンなど)選出を崩すことはあります。

ウッウの通りが悪そうなとき

先発:エルフーン+ドリュウズorトゲキッス
後発:ドリュウズorトゲキッス+相手によって選択

水耐性が高めな時に選出。

初手からパワーの高めな面子を並べ、エルフーンが倒されてパワーが最大化できそうなタイミングでダイマックスで展開します。

相手はおいかぜ最終ターンにエルフーンの処理を狙ってくることも多いので、ダイロックやダイジェットを合わせてS優位を狙いに行く立ち回りを心がけましょう。

総評

ランクマッチではマスターまで勝率7割くらいで行けました。

INCで使った時は1700くらいまではなんとかなったんですがそこからはプレミを重ねてちょっと負けが込んだので、もったいなかったですね。

ウッウそのもののポテンシャルはちゃんとあるのでもう少し研究してみたいですが、DLCでママンボウが登場した場合ウッマンボ構築の誘惑に負けそうなのがすごく怖いです。

アゲハントが参戦した場合もアハンウッフン構築を組みたくなってしまうだろうし……。

ポッポが来た場合のウッウパッパピッピポッポなど、世界には誘惑が多いですね。皆さんも気を付けていきましょう。

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン始めに いつもAPPDATEをご愛読いただきありがとうございます! APPDATEは皆様の様々なポケモン記事を大募集しています。...

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

created by Rinker
任天堂
¥3,630
(2020/07/15 18:40:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
任天堂
¥5,464
(2020/07/15 18:53:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

ABOUT ME
GEM
GEM
フローライトです。「壊そうと思えば瞬く間に壊せる」と豪語する米津玄師に怯えながら日々を送っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください