パーティ紹介

【ポケモン剣盾】カマスジョービートダウン【ガラル☆ルーキーズ】

はじめに

はじめまして、Tommyと申します。
ガラル地方で初めて登場したポケモンのみを使用できるダブルバトル大会のガラル☆ルーキーズにて仲間大会1位(10勝0敗レート1645)、公式大会11位(38勝7敗?レート1843)を達成しましたのでこのたび寄稿させていただきました。

初めて構築記事を執筆するので分かりにくい点等あると思いますが見ていただけると嬉しいです。

パーティ作成経緯

ダイマックスエースを誰にするかを考えるところからスタート。

パーティの素早さ操作にダイジェットを使いたく、高火力・広範囲で攻撃することのできるカマスジョーを軸にすることに。色違いがいたので使いたかった。

2匹目にドラパルトやスカーフポケモン等カマスジョーより先に行動できるポケモン対策にもう一匹の素早さ操作としていたずらごころ電磁波のできるオーロンゲを採用。

3匹目は逆に相手のオーロンゲにカマスジョーを止められたくないのでイエッサンを採用。隣でダイジェットするだろうし火力が欲しかったので♂での使用。

4匹目にこのルールで強いポケモンであるジュラルドンを採用。選出圧力もあると思ったので。

5匹目に雑に強く高速高火力のスカーフヒヒダルマを採用。

最後にここまでこの指+トリックルーム相手に薄いと思ったので(カマスジョーがすいすいのため対処できない)チョッキジュラルドンでバークアウトしている間にマルヤクデがとぐろを巻いていれば強そう!と思い仲間大会ではマルヤクデを採用。実際は全く選出に絡まなかったので別のポケモンを考えたところトリックルームを張らせる前に倒せばいいじゃんという脳筋思考によりねらいうちを使える眼鏡インテレオンに決定。

パーティ

個別解説

カマスジョー


持ち物:いのちのたま
特性:すいすい
性格:いじっぱり
努力値:HP4攻撃素早さ252
実数値:137-192-80-x-70-188
技:アクアブレイク/じごくづき/とびはねる/ドリルライナー

先発率&ダイマックス率100%。本パーティの大エースで2縦3縦はざらでした。似たようなダイマックスエースとしてインテレオンがあげられますが、メイン技であるダイストリームを打てばダイマックス終了後も雨エースとして活躍できる点は評価ポイントだと思います。
また、よくダイマックスジュラルドンと初手対面をしましたがダイアースで殴り合えます。(相手の技や調整次第ですが体感突破率7~8割程度)

オーロンゲ


持ち物:きあいのタスキ
特性:いたずらごころ
性格:ようき
努力値:HP4攻撃素早さ252
実数値:171-172-85-x-95-123
技:ふいうち/じゃれつく/ねこだまし/電磁波
行動保障と攻撃性能、ミラー意識のためこのような構成に。じゃれつくは外しがあり打ちたくないですが火力の関係で仕方なくじゃれつくにしました。

襷による行動保障と素早さ操作、ねこだましによる妨害と便利な要素が多く、ほぼ全試合活躍しました。

イエッサン♂


持ち物:まがったスプーン
特性:サイコメーカー
性格:おくびょう
努力値:HP4特功素早さ252
実数値:136-x-75-157-115-161
技:サイコキネシス/マジカルフレイム/アンコール/まもる
当初の予定ではカマスジョーと並べてダイジェットから制圧する予定だったので最速で火力増加アイテムを持たせました。

なんとなくで入れたアンコールですが、これがとても強かったです。このルールはほとんどの人が初手にダイマックスを切りアンコール解除手段がなくなり、よくオーロンゲの壁をアンコールし置物化していました。

ちなみにサイコフィールド下でオーロンゲの電磁波をカット、次のターンオーロンゲがソウルクラッシュを選択したところにアンコールを打つと、優先度0の電磁波扱いとなりこちらのポケモンが麻痺するので注意が必要です。
当初の予定から変わり後投げが多かったので、耐久に振ってサイコシードを持たせる方が多分いいと思います。

ジュラルドン


持ち物:とつげきチョッキ
特性:すじがねいり
性格:ひかえめ
努力値:HP212特防252素早さ44
実数値:172-x-135-154-102-111
技:りゅうせいぐん/ラスターカノン/10万ボルト/バークアウト
はりぼて枠。このルールのトップメタでほぼすべての相手が初手ジュラルドンを意識した選出をしていましたが、こちらはカマスジョーをダイマックスさせることしか考えていなかったのでいい感じに誘導できていたのかなと思います。ただたまに選出すればチョッキ+ダイアースによる対特殊性能が高く活躍してくれていました。

ヒヒダルマ


持ち物:こだわりスカーフ
特性:ごりむちゅう
性格:ようき
努力値:特防4攻撃素早さ252
実数値:180-192-75-x-76-161
技:つららおとし/フレアドライブ/いわなだれ/とんぼがえり
雑に強い枠。ミラー対策で最速スカーフとしました。上から怯みも狙うことができたくさんの運勝ちに貢献してくれました。

ただばかぢからを使用したい場面が何度かあったのでとんぼがえりを変えるべきでした。

インテレオン


持ち物:こだわりメガネ
特性:げきりゅう
性格:ひかえめ
努力値:HP4特功素早さ252
実数値:146-x-85-194-85-172
技:ハイドロカノン/ねらいうち/こごえるかぜ/エアスラッシュ

脳筋思考から考えられたトリックルーム対策枠。
イエッサンブリムオンで並べられても、カマスジョーで雨を降らせてから、雨眼鏡ねらいうちでHP252ブリムオンを高乱数1で倒せます。実際はこの指とまれを無視できそうなポケモンが3匹(カマスジョー、ジュラルドン、インテレオン)いるのでイエッサンブリムオンと並べられることはなかったですが…
トリックルーム対策枠から考えたポケモンですが上から制圧する本パーティにかみ合っているポケモンなのでスタンダード相手にも選出がしやすかったので悪くなかったと思います。

基本選出

先発:カマスジョー、オーロンゲ

後発は相手にオーロンゲがいたらイエッサンを必ず選出。あと一匹はヒヒダルマにすることが多いがアーマーガアがいたら残りのどちらかにする。
9割型この選出でした。

よくある初手の流れ

  •  相手が初手にオーロンゲを選出したとき

オーロンゲのねこだまし、イエッサンに交代、イエッサンでアンコールと3ターンの間相手のオーロンゲを妨害している間にカマスジョーで隣のポケモンをひたすら攻撃していく。

  •  VSセキタンザン、インテレオンorドラパルト

カマスジョーダイストリーム→セキタンザン
オーロンゲねこだまし→インテレオンor電磁波→セキタンザン
ドラパルトの場合はラムを考慮のためセキタンザンに電磁波を打つ。最速蒸気機関麻痺セキタンザンの素早さ実数値は180なのでカマスジョーが上から攻撃できます。あとは適当に攻撃したら勝てます。

特殊選出

対イエッサン入りトリックルーム、水の通りがいい相手

先発:カマスジョー、インテレオン
後発:ヒヒダルマ、ジュラルドンorオーロンゲ

カマスジョーのダイストリームからの眼鏡雨ねらいうちやスカーフヒヒダルマで上から殴り続ける。

総括

麻痺等運の上振れもあったが、出来すぎた結果が出たので良かったです。パーティ的に上から攻撃する、こっちは電磁波を積極的に打つが、相手のオーロンゲの電磁波はイエッサンで積極的にカットするといった運勝ちして運負けしないようにできたのが良かったと思います。

また、選出と最初の数ターンの動きが安定していたことからプレミ回数を減らすことができたので、一日に数をこなすインターネット大会でにマッチしていたと思います。

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン始めに いつもAPPDATEをご愛読いただきありがとうございます! APPDATEは皆様の様々なポケモン記事を大募集しています。...

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

ABOUT ME
tommy
tommy
シングルもダブルもやっているぼっちプレイヤーです。仲良くしてあげてください。
Youtubeチャンネルを開設しました

Youtubeチャンネルを開設しました。
(昔からあったけど重い腰を上げて真面目に取り組むことにしました。)

ポケモン対戦だけでなく、一風変わったポケモンに関する企画や雑学・都市伝説・考察なども発信していきます。

是非チャンネル登録よろしくお願いします!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください