パーティ紹介

【ポケモン剣盾】バンドリ偽装バンドリ【ダブルバトル】

はじめに

はじめまして。こがらしと申します。初めて寄稿させていただきます。

 

よくいるようなバンドリ構築を組んでみました。どこにでもいるようなやつです。

パーティ作成の経緯

まず相手のあらゆる素早さ操作を無にすることのできる「トリックルーム」を軸にしたパーティ(以下トリパ)を組むことを決定。

 

トリパはとても強力ですが、それだけに相手からかなりのマークを受けます。如何に相手のトリパ対策をかいくぐろう…としばし悩んだ結果、「そもそも相手にトリパ対策となるような行動をさせない」という結論に至り、如何にもトリックルームを使ってこなさそうなパーティに擬態することになりました。

 

さてその擬態先ですが、求められる条件は「ある程度知名度があり、ぱっとみて何をしようとするパーティかわかりやすい」、「素早さを上げて上から殴るパーティ」の2つだと考え、バンギラス+ドリュウズの並び(通称バンドリ)を採用することにしました。

 

バンドリにいそうなポケモンを6体選んで完成!

 

バンドリトリパについて

実は、バンドリでトリックルームを使おうというのは私のオリジナルのアイデアではありません。かつて存在したルールであるトリプルバトルでこのバンドリトリパは使われていました。

 

なぜトリプルバトルかというと、初ターンからドリュウズを倍速で動かす(ように見せかける)には盤面にバンギラスがいなければならず、ドリュウズもバンギラスもトリックルームを覚えないため別にトリル役を置かなければならなかったからです。

 

しかし今作では素早さの仕様変更により、ドリュウズ+@の状態からバンギラスを繰り出すことでドリュウズを素早さ2倍で動かすことが可能となったため、ドリュウズ+トリル始動役の並びが不自然なくとれるようになりました。ダブルバトルでもバンドリトリパを使うことが現実的になったというわけです。

 

パーティ

個別解説

ドリュウズ

性格:ゆうかん
努力値:A252 B116 D140
調整:ダイマックスして拘り眼鏡ウオッシュロトムのハイドロポンプ耐え 素早さ個体値0
実数値:185-205-95-*-103-83(鉄球込みで41)

 

命の珠に似ていることが災いしやたら重い鉄球を持たされた哀れなモグラ。

 

砂かき命の珠ドリュウズ(珠ドリュ)と砂の力鉄球ドリュウズ(球ドリュ)を比較すると

 

  • 火力:命の珠と砂の力の倍率が同じ(1.3倍)なので変わらず。珠ドリュはミラー意識で攻撃に補正をかけないことも多いが球ドリュは攻撃に補正をかけることができるので球ドリュのほうが高いとも言える。
  • 素早さ:珠ドリュは砂状態で倍速で、多くのポケモンの上を取れるが相手の素早さ操作に潰されやすい。球ドリュはトリル状態で1/2で、相手の素早さ操作に強いがドサイドン(40族)より1速く抜けない相手が意外と多い。
  • 耐久:球ドリュは素早さに努力値を振る必要がないため耐久に振ることができ、また命の珠の反動もないため珠ドリュより硬い。

 

といった感じ。トリル下で多くのトリルアタッカーを抜けないのが難点であるが、逆に相手がトリパだったらこっちはトリル阻止を目指して動けばいい、と考えてしまえば鉄球ドリュは火力と耐久が高い分珠ドリュより優秀であるといっていいのではないでしょうか。

 

使用感は普通のドリュウズといった感じで、上から蹂躙したりダイアースダイスチルでバンギラスを要塞化したりと縦横無尽に活躍してくれました。天候を奪われても火力が少し下がるけれど完全に機能停止するわけではない、というのが優秀でした。

 

 

バンギラス

性格:いじっぱり
努力値:H252 A252 B4
実数値:207-204-131-*-120-81

 

特に言うことのない普通のバンギラス。交代から出てきて砂を起こすのが仕事。最遅であることに魅力を感じなかったので素早さ個体値は31。

 

ナットレイが重いので相手のパーティにナットレイが見えたらバンギラスをダイマックスさせてダイナックルをぶち込むことを意識して立ち回らないとナットレイ仁王立ちendで負けます。

 

ミミッキュ

性格:いじっぱり
努力値:H252 A172 B84
調整:A特化ドリュウズのダイスチルを確定耐え余りA
実数値:162-145-111-*-125-116

 

普通のバンドリによくいそうなトリラーを探したところ白羽の矢が立ったのがこのポケモン。

シングルバトルで有名なバンドリミミッキュの並びだが、ダブルバトルでもトリル対策として採用されることがあるのでパーティにいても何も違和感はありません。ゴーストタイプなので猫騙しが効かない点も優秀。バン&ドリ共通の弱点である格闘が無効なのもえらい。

 

初手に出してトリルを展開しつつバンギラスに交代するのが基本の動き。攻撃に振った余りの172が曲者で、バンドリが暴れまわった後に倒しきれなかった相手を掃除するのに思ったよりいいダメージを出してくれました。

前述の通り何故かトリルエースがトリルに弱いので相手がトリパの場合は初手に出してトリル返しするぞ〜と圧をかけます。トリル読みトリルはやめておいたほうが身のためです。

カットロトム

性格:れいせい
努力値:H252 C252 D4
調整:素早さ個体値0(無振りバンギラスと同速)
実数値:157-*-127-172-128-81

 

普通のバンドリにいそうなポケモンで、バンドリの苦手な相手に強いので採用したポケモン。

ミロカロスやトリトドンが相手のパーティにいるときは絶対に出してくるのでこいつと1vs1になるように立ち回ってあげるとうまいこと勝てたりします。

持ち物は当初じしゃくを持たせていましたが、交代枠がない状態で出てくることが多くどうにもリーフストームが撃ちづらかったのでしろいハーブを持たせることにしました。気持ちの問題なので気にしないという人はじしゃくでも混乱実でもなんでもいいと思います。

 

ウォーグル

性格:ようき
努力値:H156 A44 B12 D44 S252
調整:日々々々さんのこちらの記事のものを拝借
実数値:195-149-97-*-101-145

 

普通のバンドリにいそうなry)

 

トリル最終ターンに相手が守ってる間に追い風したら楽しそうだなということで入ってきたポケモンですが、どっちかというとトリル相手に選出することが多かったです。そもそも選出率も低い。

 

交代枠のない状態で出すことになるだろうと考えて攻撃が下がってしまう馬鹿力ではなくインファイトを採用しました。

 

 

ウオノラゴン

性格:ようき
努力値:A252 D4 S252
実数値:165-142-120-*-101-139

 

バンドリによくいるかどうかは分からない普通の高速アタッカー。トリルが切れた後に出てきて削れた相手を掃除するのが仕事。トリパ相手に選出することもあります。

 

単体で非常に強いポケモンですが、選出して活躍するというよりはウオノラゴンに強いポケモンにロトムが強い、といった感じで選出誘導としての役割が大きかったように思います。

 

性格は準速ドラパルトやら+1準速80族やらを抜けることを評価してようきとしましたが、ようきでよかった!という場面もいじっぱりだったらよかったのに!という場面もなかったのでどっちでもいいんだと思います。リフレクターが貼られたバンバドロをワンパンしたときは軽くヒきました。

選出

基本選出

先発:ドリュウズ+ミミッキュ

後発:バンギラス+なにか

 

ドリュウズが守りつつミミッキュでトリックルーム。その後ミミッキュをバンギに引いてドリュウズの特性を発動させて殴ります。なにかの部分は迷ったらロトムでいいと思います。ダイマックスさせるのは大体ドリュウズですが、前述のナットレイなど突破できるポケモンが限られている相手がいるときには柔軟に立ちまわる必要があります。

 

対トリパ

先発:ミミッキュ+バンギラス

後発:なにか

 

1ターン目は妨害要員を削りつつお茶を濁し、2ターン目にミミッキュでトリル返しをつつバンギラスで妨害要員を倒します。バタフリー採用型はだいたいこれでなんとかなります。イエッサンブリムオンは厳しいけれどもうほとんど見ませんね。ラッキー。

おわりに

トリパは強力な分読まれやすく対策もされやすいというのは冒頭で書いた通りですが、このパーティは全くトリルを読まれることが無く、完璧にやりたいことができる構築が組めました。大満足です。

 

ウオウォの枠がもっと最適化できそうな雰囲気が漂っているのでそこらへんを詰められるように構築力を上げていきたいですね。

 

ではでは。

 

余談

構築名の「バンドリ偽装バンドリ」はGEMさんの「アブリー偽装アブリー」の語感を気に入ったのが由来です。

アブリー偽装アブリーについてはこちらの動画から

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン始めに いつもAPPDATEをご愛読いただきありがとうございます! APPDATEは皆様の様々なポケモン記事を大募集しています。...

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

ABOUT ME
こがらし
こがらし
フライゴンなどのドラゴンタイプが好きですが対戦で好きなのはニンフィアです。
Youtubeチャンネルを開設しました

Youtubeチャンネルを開設しました。
(昔からあったけど重い腰を上げて真面目に取り組むことにしました。)

ポケモン対戦だけでなく、一風変わったポケモンに関する企画や雑学・都市伝説・考察なども発信していきます。

是非チャンネル登録よろしくお願いします!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください