ポケモンカード

美少女の「君のデッキが紙の束だ!」第一回-【ゾロアークバレット】

この記事はパロディ・ジョーク記事です。肩の力を抜いてからお読みください。

はじめに

やあ、諸君。初めましての方も多いかな?本日からこの「君のデッキが紙の束だ!」を務める美少女(@khrn_love)だ。今後ともよろしく。

この記事では何をするか?

私が読者から寄せられたデッキリストと要望を元に、より良い方向へ進むためのAPPDATEを施すのだ。要望には例えば、デッキをより強くしたい、もっと強力なコンボを組み込みたい、新しい環境に対応したい――日々デッキの構想を巡らせる読者はこう考えているのだ。時間が勿体ないね、早速始めよう。今回取り上げるのはペンネーム「渚の小悪魔」より【ゾロアークバレット】だ!

デッキレシピ―ゾロアークバレット

このデッキは《ゾロアークGX/Zoroark GX》の特性を利用し、自らのトラッシュをまるで手札かのように扱うシナジーを最大限に利用したデッキだ。落ちた数多くのポケモンは《ゾロアーク/Zoroark》《レスキュータンカ/Rescue Stretcher》が、サポートは《エネコロロ/Delcatty》や《ジュペッタGX/Banette GX》らがそれぞれ活用する。

 

投稿者の要望は

  • このデッキはタッグボルト発売時に組んだものであるため、今の環境に適応させたい。
  • やりたい事を詰め込んでとっ散らかった状態なので、うまく回りやすいデッキに改良したい。

 

それでは、早速このデッキを改善していこう!

 

ReContracted―問題点

私はこのデッキを見た時、非常にシナジーを意識した素晴らしいデッキだと感じた。

だが、それも2度3度と見直す内にいくつかの違和感を――脆弱性を覚えた。そしてこのデッキの根幹を見てそれが確信に変わったのだ。

そこで、このデッキにおける戦略を研ぎ澄まし、不必要な要素を思い切って削ぎ落とすことで効率を著しく上昇、より焦点の定まったカードを採用することで修正に成功した。

デッキリストの脆弱性

少し話は逸れるが、諸君はデッキ構築の際に最も重要な点は理解しているだろうか。

ドロー・サポートの枚数?
明確な勝利手段?
相手への妨害?

これらは全て”No”だ。

デッキ構築の最も重要な点、それは、デッキの根幹――エネルギーカードだ。

枚数は多過ぎても、勿論少なすぎてもダメでその如何によってはプレイに支障が起き、最悪そのまま敗北することも大いにあるだろう。(勿論例外はある。【No Water】の様にね。)

この【ゾロアークバレット】の根幹部分は一体どうだろうか?《ダブル無色エネルギー/Double Colorless Energy》4枚、《レインボーエネルギー/Rainbow Energy》2枚、《基本悪エネルギー/Basic Darkness Energy》6枚の計12枚、一見問題ないかのように見えるだろう。しかし私はここに脆弱性を見出したのだ。それはエネルギーの種類、基本エネルギーがたったの6枚しか採用されていないのである。最近は特殊エネルギーというものは割られやすく、これらに依存したデッキは脆弱であると言わざるを得ない。そこでこれら不適切なエネルギーソースをより信頼できる確固とした基本エネルギーに入れ替えた。

そう、18枚の《基本炎エネルギー/Basic Fire Energy》だ!

最早《改造ハンマー/Enhanced Hummer》に怯えることも、サイド落ちで嘆くこともない。これら信頼できるエネルギーソースにより、最早他のエネルギーは不要となった。全て抜いてしまおう。

主要なポケモンは誰だ

次に軸となるメインアタッカーについてだが、このデッキではゾロアークGXが採用されているね。

しかし、最近のトレンドはTagTeam。最大HPの基準が以前よりも高水準になっているのだが、彼の打点は最大120と少々心許ない。もっと高打点のポケモンを採用したいのだが……今のこのデッキにはそれが可能である。

それが、《レシラム&リザードン GX/Reshiram & Charizard GX》《ブースターGX/Flareon GX》だ!

彼らは高水準の打点を持つ上に炎エネルギーを最も活用できるポケモンだ。そしてこれらと相性のいいサポートとして《溶接工/Welder》《炎の結晶/Fire Crysral》《火打石/Fiery Flint》が存在する。素晴らしい。元のレシピには1枚ずつ投入されたサポート・カードや2枚投入された《リーリエ/Lily》がいたが枠を譲ることとする。

さて、軸ポケモンが新たに決まったところだが、このデッキは一つ重大な欠陥を抱えている。

それは、「最初のターン、いや遅くともその次のターンにまでに、溶接工を使用しなければならない」ということだ。手札に溶接工とエネルギーを2枚呼び込まねばならないが……その解決策も既に用意してある。

《ブルーの探索/Green’s Search》《ポケギア3.0/Pokegear》だ!

勿論4枚ずつ採用しよう。元のレシピには1枚ずつ投入された数々のグッズ・カードがあるが

  • 最早悪エネルギーは残っていない。
  • 打点をこれ以上に上げる意味もない。

等の理由を考慮すると《フィールドブロアー/Field Blower》を残し全て抜いてしまっても構わないだろう。そして探索を採用する上で特性を持つポケモンはその使用に障害をもたらすおそれがある。《マグカルゴ/Magcalgot》《カプ・テテフGX/Tapu Lele GX》はデッキから抜くのが妥当だろう。テテフは溶接工との相性がよく議論の余地があるのだが、他のグッズも必要であることを考えて今回は探索を優先することとする。

もう一つ重要な要点がある。

それは、「GXポケモンに頼り切っているデッキは脆弱である」ということだ。

元のレシピではゾロアークや《マニューラ/Manyula》がその役目を担っていたが、このデッキではその技を使用することすら叶わない為その席を譲ってもらおう。代わりに席に着くものはぴったりのものがある。

《ブースター/Flareon》、そして《ボルケニオン/Volcanion》の2枚だ!

彼らは今足りていない通常のポケモンの枠と、第一ターンの安定化やレシラムらが倒されたリカバリを担う。こうなれば《ハイパーボール/Ultra Ball》はただ手札を投げ捨てるカードに成り下がるため、代わりに《ネストボール/Nest Ball》を採用しよう。両ブースターは《イーブイ/Eevee》がデッキから持ってきてくれるからね。これでレシラムらが二回撃破されてゲームエンド、なんてことも防げるという魂胆だ。

デッキを精査せよ

さて、仕上げはスタジアムの枠だ。最近多くあるスタジアム・プリズムスターに対抗するためには、デッキに必ずスタジアムを採用する必要がある。このデッキには《食い尽くされた原野/Devoured Field》《ブラックマーケット◇/Black Market◇》が採用されているが、対応するカードが既にデッキに存在しないのでこれも変更すべきだろう。

私がここに提案するのは
《戒めの祠/Shrine of Punishment》《ヒートファクトリー◇/Heat Factory◇》の2枚だ!

祠は一見デッキ戦略に噛み合わない様だが、レシラムらの技げきりんの打点を底上げすることができる。ファクトリーについては言うまでもないだろう。素晴らしく噛み合ったカードだね。

後は最早何故残っているのか理解できないカード達を抜き、細部の枚数を調整しつつ余った枠には……そうだな、逃げる為のエネルギーが不足するように思えるので《ポケモンいれかえ/Switch》を1枚入れておこうか。完成したのがこれだ!

新・ゾロアークバレット

ところで、ゾロアークってなんだ?

定まっていなかった焦点を合わせ直し、且つトーナメントレベルで実用に耐えうるデッキリストに仕上がったことだろう。

デッキの構成に悩んだ時は、思い切ってカードをごっそり削ってみるのも大切な心掛けだ。ペンネーム「渚の小悪魔」くん、如何だったかな?

他の可能性を求めて

以上が【ゾロアークバレット】の再構築だ。この記事を読んだ諸君らにもし、自身のデッキを見直したいというものがいれば是非私のメールアドレス(yukip3652@gmail.com)まで送ってほしい。

その際、

  1. 60枚の完全なデッキリストであること。画像でもテキスト形式でも構わない。
  2. デッキに対しどの様な悩みがあるか明確にすること。悩みが無いデッキは再構築の余地が無い。
  3. ペンネームを記載すること。君の本名でも構わないし、全く架空の名前でも構わない。但し、公序良俗は守ってくれたまえ。

これら3項目を必ず遵守した上でデッキリストを送ってほしい。それでは良きポケモンカードライフを!

 

APPDATE公式グッズのご案内

APPDATE公式グッズショップができました。
これでキミの毎日もAPPDATEだ!

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン

2018.01.30

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

ABOUT ME
びしょーじょ
針ファイアローもデデンネもいない この世は無情 皆分かってるのさ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください