パーティ紹介

【ポケモン剣盾】キュウチェリ+ドリュウズ【ダブルバトル】

はじめに

はじめまして。みにがっさ(@orph_Breloom)といいます。

今回は、晴れのキュウコンチェリムと砂嵐下のドリュウズを駆使して戦う2天候パーティを紹介します。晴れパーティの天敵である砂嵐を味方につけた新生晴れパーティの姿をお見せしましょう!

パーティ作成経緯

使いたかったキュウコン+チェリムから構築を組みはじめました。

重いバンギラスドリュウズ対策にローブシン、雨パーティ対策にギャラドス、電気とフェアリー対策にドリュウズを採用しました。

ここまでで重いリザードンとアイアントの対策にほのおのパンチ持ちのスカーフバンギラスが入っていたのですが、炎耐性があって炎技が使える高速アタッカーなら小回りの利く方がいいのではということで、ドラパルトに入れ替えて構築が完成しました。

パーティ

個別解説

キュウコン


持ち物:もくたん
特性:ひでり
性格:ようき
努力値:0-252-4-0-0-252
実数値:148-128-96-×-120-167
技:フレアドライブ/イカサマ/しんぴのまもり/まもる
晴れの起動役として採用しました。初手で出てチェリムに交代するのが主な仕事です。

技構成はタイプ一致技のフレアドライブ、もらいびシャンデラやドラパルトへの打点となるイカサマ、ウインディやオーロンゲなどの状態異常撒きに強く出るためのしんぴのまもり、キュウコンを温存したいときのためのまもるとしました。

晴れギフトフレアドライブの火力は凄まじいですが、2回も打てば反動だけで倒れてしまうこともよくありました。

チェリム


持ち物:たべのこし
特性:フラワーギフト
性格:おだやか
努力値:252-0-4-0-252-0
実数値:177-×-91-107-143-105
技:ギガドレイン/やどりぎのタネ/にほんばれ/まもる

フラワーギフトのAD1.5倍に魅力を感じたので採用しました。場に出ているだけで仕事ができるのがとても強く、置物になっても仕事ができる点が優秀でした。

技構成は少しでも生き残りやすくするためにギガドレインまもる、削りと回復を同時に行えるやどりぎのタネ、フラワーギフト発動のためのにほんばれを採用しました。

草タイプとしての遂行速度はかなり遅い部類に入るのですが、瞬間打点が必要な相手はドサイドンやトリトドンなどの4倍弱点しかいないため、そこまで気になりませんでした。

特殊方面はかなり硬いとは思っていましたが、眼鏡ニンフィアのハイパーボイスを受けきって削り倒したときには流石に驚きました。

ドラパルト


持ち物:いのちのたま
特性:クリアボディ
性格:陽気
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値:164-172-95-103-95-213
技:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/だいもんじ/まもる

高速ダイマックスエースとして採用しました。

最後に構築に入ってきたのですが、最終的にこの構築のメインエースとして活躍しました。

主力となるタイプ一致技のドラゴンアローゴーストダイブ、狙われやすいためまもるはすぐに確定しました。だいもんじはアイアント対策に入れましたが、1度も使わなかったので飛行技で問題ないです。

一応ダイバーンによって晴れ起動ができるので選出枠を圧縮することはできますが、ダイホロウやダイドラグーンを使っているときの方が強いです。

相手のドラパルトには同速勝ちすることで対策としていたので、頻発するドラパルトミラーに強くなるように耐久に振った方が使いやすくなると思います。

タイプ一致ダイマックス技がそれぞれ火力と耐久の補助となるため、実質的にパーティ全体の火力と耐久も上がっていた点が非常に優秀でした。

ギャラドス


持ち物:ラムのみ
特性:じしんかじょう
性格:ようき
努力値:4-252-0-×-0-252
実数値:171-177-99-×-120-146
技:パワーウィップ/じしん/とびはねる/ストーンエッジ

対リザードン、雨パーティ相手に出すダイマックスエースとして採用しました。

技構成は、炎半減の水、地面、岩タイプへの打点としてパワーウィップ、鋼への打点となるじしん、ダイジェットのためのとびはねる、リザードンへの打点としてストーンエッジを採用しました。

まもるが欲しくなる場面も多かったのですが、どの技も必要なため切る事が出来ませんでした。

持ち物は、初手のオーロンゲやウインディにも強気に動けるようにラムのみにしました。

選出した回数は少なかったのですが、出した試合はダイジェットとじしんかじょうによる爆発力により、2体以上持っていく大活躍ぶりでした。

このポケモンを使う上での注意点は、ダイマックスが切れた瞬間に命中不安技ばかりになり置物化しやすいため、ダイマックスの3ターン目に倒してもらうように動くことです。ダイロックの砂でのスリップや、じしんかじょうの攻撃上昇により狙われやすいため、大抵の対戦では3行動以内に倒れてくれました。

ドリュウズ


持ち物:きあいのタスキ
特性:すなかき
性格:ようき
努力値:0-252-4-×-0-252
実数値:185-187-81-×-85-154
技:アイアンヘッド/10まんばりき/ロックブラスト/まもる

電気、フェアリー対策として採用しました。

重いフェアリーへの打点としてアイアンヘッド、電気を見るために10まんばりき、飛行や浮遊相手への打点としてロックブラスト、狙われやすいためまもるを採用しました。

先述のギャラドスのダイロックから繫ぐために特性はすなかきにしました。また、打たれ強いポケモンではないため、行動回数を確保するためにきあいのタスキを持たせました。

晴れを書き換えるためにバンギラスがよく選出されるため、ギャラドスを出さない場合でも活躍してくれました。ドラパルトやギャラドスがダイマックス前提のため、非ダイマックス状態で最もパワーの出せる構成にしました。ギフト中なら疑似鉢巻チョッキ状態、砂下なら素早さ2倍と柔軟な動きを可能にしてくれました。

ローブシン


持ち物:とつげきチョッキ
特性:てつのこぶし
性格:いじっぱり
努力値:164-156-0-×-188-0
実数値:201-198-115-×-109-65
技:ドレインパンチ/マッハパンチ/かみなりパンチ/しっぺがえし

対バンギラスドリュウズとして採用しました。

バンギラスドリュウズへの遂行技としてのドレインパンチマッハパンチ、重いトゲキッス、アーマーガア用にかみなりパンチ、ドラパルトに手が出せるようにしっぺがえしを採用しました。

持ち物はロトムとも殴り合えるようにとつげきチョッキにしました。

重く見えるポケモンも、削っていればマッハパンチで縛れるのでよく選出していました。特にドラパルトとの相性がよく、ダイドラグーンを使いながら繰り出して、ダイホロウの後にドレインパンチで受けたダメージを回復する動きはシンプルながら強かったです。

役割対象のゴーストタイプやロトムから鬼火が飛んでくる機会も多かったため、特性は根性でも良いかもしれません。

選出

基本選出

先発:キュウコン、ドラパルト
後発:チェリム、刺さっているポケモン

8割の選出がこれです。

初手はキュウコンをチェリムに交代、ドラパルトはダイマックスして1体倒します。

その後はチェリム側を交換しながらひたすら攻め、最後に低火力特殊を残してチェリムのやどりぎのたねで詰めます。

対リザードン

先発:ギャラドス、キュウコン
後発:ドリュウズ、チェリム

晴れ砂同時選出が最もしやすい相手です。
キュウコンのフレアドライブでリザードンを削りながら、ギャラドスのダイロックで砂を起動しながらリザードンを倒します。どちらかが落ちたらドリュウズを出し、ひたすら攻めます。

対バンギラスドリュウズ

先発:キュウコン、ドラパルト
後発:ドリュウズ、ローブシン

初手にドラパルトやトゲキッスが出て来たらそちらを優先して処理します。

初手にバンギラスが出てきたらダイドラグーンを使いながらキュウコンをローブシンに交代します。相手のドリュウズを倒したら、取り巻きのトゲキッスなどをドリュウズで相手します。

総括

incで1600台は維持できたため、構築としてある程度の形にはできたと思います。バンギラスの選出を強く誘いますが、ドリュウズでの砂展開に繫げるという点で、晴れパーティとして自然な動きのまま選択肢を広げることができました。。

ドラパルトの安定した処理方法を組み込めればもっと上を目指せるはずなので、皆さま参考にしてみてください。

ABOUT ME
みにがっさ
みにがっさ
キノガッサが大好きな星輝子P 害悪戦法と超火力をこよなく愛するへっぽこトレーナー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください