APPDATEのゆるキャラ・唯一の良心・世界に輝く大スターである私、APPDATEちゃんがLINEスタンプになりました。ここをクリックしなさい。いいですね?

【ポケモンSV】効率的な金玉の集め方【色シガロコ厳選】

砂漠に眠る金玉




目次

ご挨拶

皆さん初めまして。りおと申します。

突然ですが皆さん金玉って好きですか?金玉。

睾丸とは無関係です。

金玉

金玉(きんたま) – 一般的には男性が持つ睾丸のことを指す。

金玉(きんだま) – 金色のボール。
         福引で回転抽選器を使用する場合、大当りの玉を金玉とすることがある。

金玉(きんぎょく) – 金でできた玉、或いは高価な物。

金玉(かねだま) – 日本の妖怪。

ーWikipediaより引用

今作のマップの一つ、ロースト砂漠には金玉が眠っているという噂を耳にし、なんだか男の浪漫を感じたので捜索を行うことにしました。

真面目な解説

読者の皆様、今作の新ポケモンの一匹であるシガロコの色違いはご覧になったことがありますか?

こちらが色違いシガロコになります。 

これは男の子の浪漫でしょう。砂漠に眠る財宝です。

特筆すべきは、単に色が違うだけの色違いではなくテクスチャまで変更されていて、しっかりと金属光沢があります。

つまりゲームフリークが明確に金玉を意識した上でデザインをした色違いということであり、そこに浪漫があります。

この色違いを自らの力で手にすることはプレイヤーとしての責務であると感じたため、捜索に当たることとしました。

この記事では金玉を集める上で検証に検証を重ねた結果を報告させて頂き、今後僕と同じように金玉を捜索するプレイヤーたちに道標として頂きたいと思っています。

ロースト砂漠へ

シガロコが出現するマップは「ロースト砂漠」となります。

かつてこの砂漠には多くの金玉が生息しており、黄金の砂漠と呼ばれていました。

今でこそ色違いとして扱われていますが、古い時代のパルデアでは金玉が当たり前だったそうです。

なぜここまで個体数を減らしてしまったのか。それは人間の欲です。

多くの金玉を手にして富を得んとした者が炎ポケモンに砂漠を焼かせ、大量の金玉を回収するという残酷な手段でした。

その結果「ロースト」砂漠と呼ばれるようになったのです。

全て嘘です。

これから実際にこのロースト砂漠で金玉捜索を開始するのですが、このマップの特徴として定期的に砂嵐が発生し、視界を妨害されます。

狙う対象が比較的わかりやすい色違いであるためマシとも言えますが、それでもっやっぱり視界は悪いし目も疲れます。

さらにシガロコの出現時は砂の中から這い出てくるような演出が入っているためか、ただ単に一定の範囲を走り回るだけでは出現のテンポが悪く、小ささが故にぶつかって戦闘に入ってしまうことが多々あります。

これらを踏まえた上で僕が開発した手法を紹介します。

実践

シガロコは虫単タイプであるため、必然的に用いる遭遇パワー及び輝きパワーは「むし」となります

色違い厳選については下記記事も参照ください。

このマップではメラルバ(そういえばコイツの色違いも金色だ)も出現するため競合は避けられませんが、しっかりと場所を選べばシガロコの出現数を方を増やすことは可能です。

位置としてはマリナードタウン方面に抜けるあたり、マップでいうとこのあたりになります。

具体的な捜索の動きですが、まずは動画をご覧下さい。

2つの地点を行き来しながら、足を止めて辺りを見渡すという方法を取っています。

こうすることで出現までのタイムラグと、砂嵐による視界の悪さをケアしています。

画面も忙しく動かないので疲れも軽減されるはず。

さらに自分の周囲にポップするシンボルの最大数は決まっているため、壁沿いでこれを行うことで見なければならない範囲も狭くすることが可能です。

ちなみに東側に寄りすぎると殆どメラルバしか出現しなくなりますのでご注意下さい

最も注意すべき点として砂嵐発生時は勿論ですが、金玉たちは「とっしん」も使ってくるため、絶対にみねうちを使ってはいけません

成果

この方法を確立してからは、上ぶれた時は30分で4個の金玉を発見したこともあります。

自分の手で初めての金玉を発見したときの感動は素晴らしかったです。頭の中でCelestial流れました。

参考として、発見時の映像を通常時、砂嵐発生時でそれぞれ掲載しておきます。特に砂嵐発生時は注意深く周囲を見渡しておきましょう。

通常時
砂嵐時

まとめ

この記事で多くの金玉難民が救われることを祈っています。

僕の次なる目標はでっかい二つ名持ちの色違いシガロコとウミディグダのGETです

皆も金玉っGETじゃぞ~

寄稿ガイドライン

あわせて読みたい
APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン 人類の歴史とは探求の歴史であったといえるでしょう。 たとえ歴史に名を残さずとも数多の人々の数多の試行錯誤が現代まで続く我々の世界を作り上げているのです。 私た...

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。




砂漠に眠る金玉

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自分でも驚くほどのペン使いが、強くて速いペン使いができるときがある。そんなときは、俺の体の、真ん中の奥が光ってる。そんなときなぜか、笑いがこみあげてきて・・・祈りたくなる。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 色違いシガロコ自体についての説明の箇所ですが、「テクスチャ」は色とか模様とかを定義している画像のことを指すので、同じ質感で色だけ違う普通の色違いの場合でもテクスチャは異なります。この場合は「材質」とか「質感」が異なる、といった表現のほうが適切かと思われます。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次