【サンムーン・ダブル・雨ヌケニン】ヌケフロッパー

ABOUTこの記事をかいた人

神ちくわ

構築の経緯

全国ダブルでまったく勝てない。

一体何がいけないというのか……

勝てない理由を探るべく、これまで使ったパーティを見直してみることに。

これまで使ったパーティ

【サンムーン・ダブル】デデンジャーズ

2017.04.28

デデンジャーズ レート1320

ジンズミーム レート1350

エネコカイン レート1391

バンドリモンダ レート1505

ご覧の通り、最高レートが1500程度という非常によろしくない状況。

ポケモン有識者にこの結果を見せ、何がいけないのか聞いたところ、

「構築」

という元も子もない答えが返ってきた。

そういうわけで、強い構築がどんなものかを学ぶため、他人の構築を使って対戦してみるところからスタート。
使わせてもらったのがこちら

【全国ダブル・雨クチート】はじめての構築改変「フレフワン入り雨スイッチ」

2017.07.22

多分さん(たぶんねさん?)が作った構築。

みずあそびかぎわけるに始まり、ドランが炎技しかなかったりブルルの保険をドランの噴煙で発動させたりと全体的に正気を疑うところが多いのだが、全国ダブルで1800まで行った人が作った構築なのだから間違いなく強いはず。
それに多分さんは初心者だ。
初心者が作った構築なら、僕が使ってもシンプルに強いに違いない。

して、実際こちらのパーティでダブルレートに潜ってみた。

本当に強かったのでびっくりした。
かぎわけがむしゃらはちょっと癖になりそう感じもあって、実際使うと確かになるほどみが高い。
初手ルンパドランという謎選出をしたら当たり前のように負けたので、基本に忠実にやることの重要さも学習した。

そんなこんなで、「僕もスタンダードな雨パを作ろう!」というところからスタート。

手始めに雨エースできそうなやつをボックスの中に探したところ

いたあああああああああああああ!!!

「みずびたしで面白いことできないかな」と思ってORASで作った個体(面白いことはできなかった)

お次は雨要因でカエルかペリカンかのどちらかだが、


水以外の打点がほしいからペリッパーを採用。

とりあえずここまでできつそうなのが、電気や草、水タイプ


電気・草・水タイプのポケモンをサブウェポン含めて大体無効にできるポケモンがいたので採用。


フローゼルとペリッパーはみずびたしを覚えるので、ヌケニンを水タイプにして耐性を変えることも可能。
まさにシナジーの塊。

水タイプの弱点は草と電気しかなく、その草と電気は通常の虫ゴーストヌケニンで受けることができる

これで死角なし! ある意味で最強のポケモンだなw

……と言いたいところだが、雪崩+電気技などをされると、どちらのヌケニンも儚く散ってしまう。
そもそもどっちのヌケニンも倒せるメガリザードンYという存在もいる。

ではどうすればいいか。

簡単なことだ。


草タイプを追加すればいいのである。


そういうわけでいつもの犬を採用。
水タイプの弱点は草と電気だが、水・草タイプはその両方に耐性を持つ
水ヌケニンに草タイプを与えて耐性を更に変化させてやろうというわけだ。
なお、先に断っておくが、たがやしたりはしない。

結果的に3種のヌケニン(虫ゴースト・水・水草)で詰めていくタイプの構築になった。
ちょっと前にハロウィンドーブルが投稿されたばかりなのに、まさかこうも早く森の呪いドーブルを投稿することになるとは思わなかった。

【サンムーン・全国ダブル】メガジュペッタを使いたかった話~ジュペドー式ハロウィンパーティー~

2017.09.11


残り2枠として、やっぱり電気がまだしんどかったので避雷針のアローラガラガラとアズマオウを採用。

が、あまりにも数値が足りなくて弱かった(パーティの平均種族値が382しかない)


ややあってガラガラとアズマオウを抜き、マンダとテテフを入れて完成。

平均種族値が431に急上昇。
これは絶対強い。

パーティ

つよそう

ヌケニン+フローゼル+ペリッパーで構築名はヌケフロッパー
こんな構築名にすると、アレのパクリじゃない?」って言われるかもしれませんが、そうです。

個別解説

フローゼル


性格:むじゃき 特性:すいすい 持ち物:ミズZ

努力値:H4A252S252
実数値:161-157-69-105-60-183
技:アクアテール みずびたし あまごい まもる
調整:ぶっぱ

雨エース。育成済みのすいすいがボックスにこいつしかいなかったので採用された。
雑な採用理由の割にはとても強かったので個人的に推していきたい。

フローゼルのここが強い!

1.速い!

何よりもこれに尽きる。
S種族値が115もあり、雨状態でのS実数値は脅威の366
最近流行りのざわムラーはもちろん、サーフライチュウ追い風テラキオン無補正軽業ジュカインすらも凌ぐ圧倒的なスピードである。
最速でコカイン決めてるジュカインにはさすがに抜かれる。

ライチューには勝ててもヤクチューには勝てなかったよ……

だが、フローゼルの隣にはペリッパーがいる。
ペリッパーが追い風をすれば、S実数値は驚天動地の732
最速カプ・コケコ(200)3.66倍もの速さを誇る。
カプ・コケコが橋から落ちる主人公を1回助けている間に、フローゼルは主人公を3.66回も助けることができるのだ。すごい。

競争させるとこんな感じだ! すごい!

さておき、S115というのは非常に大きく、雨状態じゃなくても高速で動けるのはとても便利だった。
なぜかダブル環境にエルテラがやけに増えているようだが、追い風して動いてくるテラキオンをよくカモっていた。

本当のこと言うとエルフーンにカモられた回数の方が多かったです。
まあそうなるな……

2.攻撃力が高い!

雨エースといえば大体特殊型だがこいつは元々物理主体のポケモンで、なんとAが105もある。
雨パの物理エースとして有名なニョロボンの95を10も上回る数値(ちなみにキングドラもA95。ボン……)
カブトプス(A115)には及ばないが、フローゼルの魅力は高いAとSを両立していること。
CSメガリザYくらいなら晴れ状態のZアクアテールで上から一撃で飛ばせたりする。
雨乞いがあるから敢えてそんなことはしないけども。

「でもAが高くてもZアクアテールじゃZハドポンみたいな火力出せないんじゃない?」と言う人のための火力指数比べ。

火力指数(雨状態)

無補正フローゼルのZアクアテール(61818)

C特化ルンパッパのZハイドロポンプ(64935)

C特化キングドラのZハイドロポンプ(67015)

A特化フローゼルのZアクアテール(67725)

ご覧の通り、主要な雨エースと並べてみると、なんとフローゼルの火力が一番高いことがわかる。
今回使った個体は無補正なので確かに若干落ちるが、それでもこれだけ出せれば基本的には十分だった。

物理だと威嚇で火力が落ちてしまうが、もっともメジャーなランドロスがフローゼルの前に出てこれないのでそこは特に気にならなかった。
また、アクアテールとかいう技はまず間違いなく当たらないので、オーバーキルだろうがZワザは積極的に使いまくった。

3.脆い!

とてつもなく脆い。
メガガルーラに殴られると親子の愛を見られないくらい脆い。
ただ、パーティ的にはヌケニンにみずびたしして即落ちしてもらった方が助かるので、そこはむしろよく噛み合っている。

物理技しかないので性格は陽気な方がいいのだが、まあどっちにしても特殊技は耐えられないので別にいいかなという感じ。
メガマンダのハイパーボイスは耐えました。
特殊メガマンダを使ってる人は参考にしてみてください。

ペリッパー


性格:おくびょう 特性:あめふらし 持ち物:きあいのタスキ
努力値:H4CS252
実数値:136-54-120-147-90-128
技:ぼうふう みずびたし おいかぜ まもる
調整:ぶっぱ

雨ふらし要員。
当初は控えめにしていたが、ややあって臆病に変更
パーティのコンセプト上どうしてもみずびたしは欲しかったので、暴風のワンウェポン。
特に水技が欲しくなることもなかったのでまあこれでいいかなという感じ。

初手フロッパーの並びで出して、ミズZと追い風しながら生き残った方でみずびたし、みたいな流れが基本。
ルンパッパ入りの雨パが死ぬほどきついので大体こいつでなんとかしなければいけない感じになるのだが、なんとかできた記憶はない。

ヌケニン


性格:ゆうかん 特性:ふしぎなまもり 持ち物:ぼうじんゴーグル
努力値:AC252 ?4
実数値:1-156-62-78-50-40
技:かげうち めざめるパワー(炎) どくどく こらえる
調整:ぶっぱ

今回の主役にして地雷。

相手のパーティに合わせて霊フォルムと水フォルムと水草フォルムを使い分けて詰めていく。
こいつ1体で詰めることしか考えてないよみたいな感じの技構成。
影打ちはタスキで残ってるやつなんかを処理する用。
もりののろいやみずびたしを上から阻止されないように使う。

第六世代ならTODで負けるのを待つだけな感じになるが、今作は持ち時間制なので1対4の状況から逆転勝利できたりする。
何だったら相手の持ち時間切らせてTODで勝てる。
持ち時間制って素晴らしいですね。ありがとうゲームフリーク。

めざパは主に毒が通らない鋼タイプ相手に撃つ。
最初は鬼火にしていたが、色々あってカミツルギを落としきれず悪あがきでやられたりしたのと、鬼火じゃ残飯ナットレイに勝てないのとでめざパに変更。

ミケニン


水びたしで水タイプになったヌケニン。
電気・草以外の技を受けつけなくなり、一部のパーティはこれを通すだけで詰んだりする。

詰ませ性能はシンプルに高め。
こいつで詰ませにいく場合、相手の電気や草をいかにして処理するかが重要になる。

コケニン

▲もりののろいのイメージ

死にすぎて藻に服しまくった結果コケが生えてきて、水・草タイプになったヌケニン。
この構築における最大の地雷。
コケニン通して詰めれそうだったら大体このルートを取る。

弱点である「飛行、虫、毒」を持ってるやつはほとんど決まっているので、見せ合い段階で全部なさそうだったらこいつで詰めることだけ考えて動く。

頑丈ヌケニンより優れている点として、宿り木が効かないという利点がある。

食べ残しレヒレがいる相手とマッチングするとTODか悪あがきかの泥仕合になりがち。
ヌケニンはPPがやたらあるのでこちらからわるあがきする前にTODが成立するが、相手がわるあがきし出すとまあ死ぬ。

なぜかよくZワザを打たれた。

儚ケニン

ヌケニンである以上、どれだけ手を尽くしても死ぬ時は一瞬である。
せっかくなので、実際に体験したヌケニンの儚い散りざまを紹介したい。

バンドリの前で調子に乗ってたら感電死するミケニン


メガリザYの鬼火で焼け死ぬコケニン


「霰無効www」とキュウコンを煽っていたらアカウントを凍結されるコケニン


カプ・ブルルのムシZに捕食されるコケニン


オウムがえ死

 

ドーブル


性格:ようき 特性:ムラっけ 持ち物:こだわりスカーフ

努力値:H252S252 ?4
実数値:162-40-55-22-65-139
技:いのちがけ もりののろい へんしん へびにらみ
調整:ぶっぱ

犬。

森の呪いをするために入れただけあって基本的に呪ってばかりだった。
相手がマンダ+コケコでこちらがミケニンドーブルの時など、ミケニンをコケニンにするとマンダにやられてしまうので、そういう時はコケコに特攻したりもしていた。

ヌケニンじゃどうしようもなさそうな時だけ色々変身してあーだこーだしていた。


▲あーだこーだの一例

何かとエンタメ力の高いポケモンだった。やっぱり変身は楽しい。
へびにらみの枠はずっとこの指にしていたが、1回も使わなかったのでどくどく鬼火対策にへびにらみにしました。

カプ・テテフ


性格:ひかえめ 特性:サイコメイカー 持ち物:こだわりメガネ

努力値:C252S92残りB
実数値:145-85-116-200-135-127
技:サイコキネシス サイコショック かみなり シャドーボール
調整:Sペリッパー-1。残りB

アーカラ島のサイコパス。
フロッパー先発で出した時にねこだましがめちゃくちゃ鬱陶しかったので採用した。らすごい強かった。

基本的にメガネかけたゴリラなので、サイキネをひたすら連打する。
クレセのトリルがつらいのでフローゼルとの集中で倒せるようにシャドーボール。
ムーンフォースは全然使わなかったので、対ルンパッパッパー用にサイコショックに変えた。

せっかくみずびたしがあるからという理由で雷を採用。
眼鏡をかけてるおかげでナットレイを飛ばせたりするかもしれない。
サイコサイコキネシス(202)と抜群かみなり(220)はそこまで威力変わらないらしい。

サイキネで拘ってる時は、みずびたしでクレセやガルドの耐性を変えて無理矢理サイキネで突破するというインテリゴリラな動きもちょこちょこ見せていた。

ボーマンダ


性格:いじっぱり 特性:いかく 持ち物:ボーマンダナイト

努力値:A252S252余り4
実数値:170-205-100-109-100-152
技:すてみタックル いわなだれ はねやすめ まもる
調整:ぶっぱ

なんか強そうなポケモンが欲しかったので採用。
めちゃくちゃ強そうだが選出率は文句なしのワースト。
強そうだからというだけの理由で採用したのがよくなかったのかもしれない。

ミケニンコケニン共にきついモロバレルがあまり出てこなかったので、いるだけでそれなりに仕事はしていたのかもしれない。

昔人に貰ったいじっぱり個体だが、意地マンダの火力はとても高くて惚れ惚れした。
ハイパーボイスでフローゼルも倒せないようなのとはわけが違いますね。
技枠が1つ余って何を入れればいいのか分からなかったので、そういう時はコレだよねってことでいわなだれ。

ボーマンダドーブルの暴動コンビで出すと、森の呪い捨て身でスイクンを一撃でぶっ飛ばしたりできて楽しかった。
メガバンギにみずびたし→もりののろいを通して捨て身でぶっ飛ばしたのが一番のハイライト。

 

選出

基本選出


先発フロッパー


後ろにヌケニンドーブル

ヌケニンで詰めることだけ考えてる選出。一番多い選出パターン。
状況に応じてドーブルのいのちがけで障害をぶっ飛ばしてミケニンで詰めたりもする。

フローゼルとペリッパーの並びの呼び名が特に見当たらなかったので、勝手にフロッパーってことにしました。
ペリゼルでも別にいいんですけど、そうすると9割くらいの人がペリッパーゼルダックと誤解するのでやはりフロッパーですね。
ロリッパーにすると今度はアレと誤解されるので注意しよう。

対ルンパッパッパー


テテフローゼル、通称テロの先発

相手の裏にもよるが、正直結構きつい相手。
フローゼルでテテフに水ぶっかけてZハドポンを耐え、サイコショックでルンパッパをぶっ飛ばし、後はがんばる。

対トリトドン(呼び水)入り

テテフマンダやドーマン、テテッパーなどから入る。
裏にトリトドンがいるだけで水びたせなくなるので、基本的にミケニンコケニン詰めは諦める。
意外と普通のヌケニンで詰めれたりする。

戦績

最高レートはS5で1771、S6で1743で、大体1700代をウロウロしていた。
1600代に負けてレートを吸われた後、1800に地雷仕掛けてレートを奪うみたいなことを繰り返し、レート界にバランスをもたらす構築みたいになっていた。

QRレンタルチーム

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4691-AF55

みんなで使って流行らせよう!
「最終的に三種のヌケニンのどれかで詰める」ということだけ考えて行動すればいいので、割と初心者向けのパーティになっているかと思います。
いや割と本当。

雑感

撮れ高いっぱいでたいへん楽しいパーティでした。

ヌケフロッパーまではほぼ固定で、残り3枠は結構色々カスタマイズできそうだから、まだまだ楽しめそうな気はします。
もりののろい要員をスカーフオーロットにするとかもありだと思うんですよね。
フローゼルより遅いからみずびたしウッドハンマーもできたりするし……

みずびたしとの相性で言えばコケコもいいですね。
準速ならちょうどフローゼルより遅くなるから、水びたし珠10万で色々飛ばせて楽しそう。
避雷針ドサイドンに水びたしするとかもアリかもとか。弱そう。

いや、でもみずびたしは本当にすごい技なんですよ。
相手に使えばメイン技がタイプ一致じゃなくなるから、事実上AとCを1段階下げてるのと同じでしょう?
ナットレイにみずびたしして電気技ぶっぱなすのなんか、AとCを1段階下げてBとDを6段階下げてるのと同じですからね?
やばいですよ。みんなも使おう?

さておき、ヌケニンミケニンコケニンでいっぱい詰めれて楽しかったです。
まあ基本的にはこの3ヌケニンより頑丈ヌケニンの方が強いんですけど、頑丈ヌケニンパはほぼそれしかできない構築になって汎用性が著しく落ちそうだから……まあ厳しいのかなあと。

とりあえず、ようやく全国ダブルでそこそこなレートを残せてよかったです。

余談。

今回のアイキャッチ画像とコケが生えたヌケニンは、いつもの人(デデンジャーズ、カミカワコーデ、シンセレナの人)に作ってもらいました。

「ヌケニンにコケをいっぱい生やしてください」と頼んだら、すぐに「出来ました」と返ってきて、仕事が早いなあと思っていたのですが、

そういう意味じゃないんですよね。

みなさんも依頼を出す時は誤解を招く言い方をしないよう、コミュニケーションはしっかり取るようにしてください。

ではまた。

 

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・サンムーン】QRレンタルチーム一覧

2017.08.14

APPDATEで公開されたQRチーム一覧はこちらから。

レート2000超えの構築からレート1200代の闇構築まで幅広く取り揃えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。