【USUM・シングル】しみず式初手オニゴーリのススメ【P-sports使用構築】

ABOUTこの記事をかいた人

しみず

知らざあ言って聞かせやSHOW

はじめに

ウェイヨー!(コンプラ)

シンオウ生まれのカントー育ち、悪童な奴らは大体友達!そんな私がしみずです。悪童って人生で初めて呼ばれました。

今回はP-sportsに出演させていただいたので使った構築を持ち込みさせていただきました。

構築経緯

四天王と対戦するに当たって何を使おうか考えたのですが、自分が一番使い慣れているものを使おうと考えたため、SM時代の終盤辺りからずっと使っていたきあいのタスキを持ったオニゴーリを持ち込もうと決めました。

オニゴーリというポケモンは選出画面で嫌でも目につきヘイトを溜めるポケモンです。

というわけで電磁波持ちに見えるポケモンやオニゴーリと選出相性の良いポケモンで固め、俗にいう「偽装構築」のような形でいきました。

PT紹介

オニゴーリ

持ち物:きあいのタスキ
特性:ムラっけ
性格:むじゃき
努力値:0-68-0-188-0-252
実数値:155-109-100-124-90-145
技:こごえるかぜ/じしん/ちょうはつ/ぜったいれいど

構築のスタートであり起点・エース・受け崩しと何でもできるポケモン。

基本的に初手で出陣して暴れまわってもらうのが役目。

このポケモン、見た目の数字やイメージではわからないが本当に強い、本当に強い。

オニゴーリはの持ち物は食べ残しが9割を越え、それ以外の型も殆どメガオニゴーリです。

そのため初手に出てきたオニゴーリに対し相手が考えることは

  • 初手から無理やり出して運ゲーをしかけた
  • 残飯オニゴーリに見せかけたメガオニゴーリ

のどちらかになるため、守る・身代わりのどちらかを前提として初手のプレイングを決めてきます。

そこへこごえる風や絶対零度で負荷をかけていきます。

守る読みで積んできたり、先制技持ちへのへ交換もあるでしょう。

襷持ちが1ターンを無償でもらえる大きさは、ポケモン対戦をしている方ならイメージが出来ると思います。

さらにこのポケモンはターンの終わりで能力上昇があるため、生存すればするだけ強力なアタッカーとして変貌していきます。

また、オニゴーリ対策として初手には電磁波を貰いづらいポケモンが出やすくなります。

すると、オニゴーリがカモれるポケモンが出てくる公算がそこそこあります(カバルドン、霊獣ボルトロス、霊獣ランドロス等)。

ま、出てこなくても最悪絶対零度で吹き飛ばせばいいです。

初手から30%か?と思われるかもしれませんが、どうやっても後手後手の負けゲームとなってしまう展開を30%で戻せますし、相手のミスも加味すれば十分な利があります。
書きたいことは多々あるのですが、これ以上は細かい想定の話になり読みづらくなってしまうため割愛させていただきます。

個別記事の欲はあるので今後ということで一つ。

各技の採用理由

こごえるかぜ

メインウェポン。

霊獣ボルトロスやカミツルギ辺りが2発、無振り霊獣ランドロスが8割で1発。Sダウン技をメインの削りとして使えるのは大きい。

じしん

ルカリオやヒードラン、ゲンガー等への打点。

この辺のポケモンは向こうから後出ししてくれることもあるので、ムラっけ次第で無償突破もある。

ちょうはつ

ステロやトリル、積み技等の展開阻害。

本来オニゴーリではウェポンが1つになってしまうため採用が難しいが、襷アタッカーなら問題なく採用可能なのも強み。

ぜったいれいど

オニゴーリである理由の一つ。

この技のあるなしで全く違うため採用しない手はない、2回使って1回当たる確率は51%、つまりこちらが有利。

アーゴヨン


持ち物:ホノオZ
特性:ビーストブースト
性格:おくびょう
努力値:0-0-0-252-4-252
実数値:148-x-93-179-94-190
技:りゅうせいぐん/ヘドロウェーブ/だいもんじ/わるだくみ

オニゴーリが暴れたor暴れられなかった後に、数匹持っていけるスペックを持ったポケモンとして採用。

Zをドラゴンではなくホノオとしている理由だが、PT全体でメタグロス・ギルガルド・テッカグヤ辺りが絶句するほど重たいのが大きい。何でこんな構築組んだんだ???

そしてアーゴヨンも悪だくみしないと上記3匹を持っていけない。

しかし悪だくみを簡単に積ませてくれるトレーナーは昨今には存在しない……というわけでホノオZ。

ドラゴンZにしないことで流星群を連射できなくなったが、出てくる鋼と裏を削ればゲームが有利になると踏んだので問題なし。

各技の採用理由

りゅうせいぐん・ヘドロウェーブ

メインウェポン。

だいもんじ

Zを持ってるため火力重視。ドラゴン/毒が炎技を放つの反則だと思う。

わるだくみ

受け気味のポケモンを持っていくため採用。

目覚めるパワー(地面)と交換可能だが、この技のあるなしはゲームを左右するため切らない方が得策。

ギャラドス


持ち物:ギャラドスナイト
特性:いかく→かたやぶり
性格:ようき
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値(メガ前):171-177-99-x-120-146 
実数値(メガ後):171-207-129-x-150-146
技:じしん/こおりのキバ/アイアンヘッド/りゅうのまい

アーゴヨンと組むメガシンカといえばギャラドス。

真面目なことを言うとPT全体のスカーフテテフに対するケアがあまり出来てないため必要なポケモン。

こちらもオニゴーリが暴れた後に乗り込んで積む役で、構築がミミッキュに薄いため技構成を少し特殊にした。

メインウェポンがなくなってしまった弊害はそこそこあるのだが、使い慣れている部分が大きいためこの構成。

じしんを切ってかみくだくにするのも一考、というかそっちの方が良いかもしれない……。

各技の採用理由

じしん

コケコやゲンガーへの打点。H振りのメガメタグロスやギルガルドは残念ながら2発。

こおりのキバ

ドラゴンへの打点。メガボーマンダへの警戒は常に高めよ。

アイアンヘッド

ミミッキュ破壊のリーサルウェポン。あとどうしようもなくなったらこのボタンを押そう。

りゅうのまい

ギャラドス強化パーツ。

フーディン


持ち物:フーディナイト
特性:マジックガード→トレース
性格:おくびょう
努力値:228-0-68-60-4-148
実数値(メガ前):159-x-74-163-116-174
実数値(メガ後):159-x-94-203-126-207
技:サイコキネシス/エナジーボール/めざめるパワー(炎)/シャドーボール

現在の残飯オニゴーリはメガフーディンが採用された有名な構築があるため、それだと思ってくれたら幸いと2メガ目はフーディンに決定。

とはいえ、高い特攻と素早さから相手を1:1交換する力は高いため、偽装のため以上の価値があります。

配分や技構成に関してはそちらから拝借させていただきました。

各技の採用理由

サイコキネシス

メインウェポン。

エナジーボール

ゲッコウガをワンパンするための打点。

めざめるパワー(炎)

ハッサム・ナットレイへの打点。

シャドーボール

メタグロス・ギルガルドへの申し訳程度の打点。

……ま、本番はシャドーボールの枠はイカサマだったんですけどね。

理由? 変な技入れたかったんだよ。

シャドーボールでいいのでQRは修正しておきましたよ。じゃあなBP12

カバルドン


持ち物:ゴツゴツメット
特性:すなおこし
性格:わんぱく
努力値:252-0-252-0-0-4
実数値:215-132-187-x-92-68
技:じしん/こおりのキバ/あくび/なまける

ここまで電気技を打たせるリスクが0なので地面枠が必要。

かつメガガルーラやメガリザードンX等の物理超火力に削りを入れるための採用。

というのは建前で、カバギャラアーゴヨンに見せるためのパーツ、パーティ6匹というのは芸術品であれ。

ぶっちゃけると選出する気が一切なかった。

各技の採用理由

じしん

メインウェポン。これがないとバシャーモに苦しむ。

こおりのキバ

メガボーマンダに簡単に詰まないために採用。

あくび

積み技使い放題を防ぎつつ展開も可能な技。

みがわり? 知らねえ。

なまける

物理受けとしての回復技。

ミミッキュ


持ち物:ミミッキュZ
特性:ばけのかわ
性格:いじっぱり
努力値:164-140-196-0-4-4
実数値:151-140-125-x-126-117
技:シャドークロー/じゃれつく/かげうち/つるぎのまい

ミミッキュを採用することに言葉はいらない、技の説明も不要(1:1交換といえばやはりこいつ、ばけのかわを盾に強引な積みからZで処理してくれるシングルバトルでは入れ得という言葉で表すのが一番のポケモン。ASと迷ったが有名な耐久寄せの形でこちらもメガリザードンXやバシャーモに意識を強く置く形とした)」

決して筆者が採用理由の開設に手を抜いたわけではない、ミミッキュとの間に言葉はいらないのだ。

対戦レポート

vsライバロリさん

おっ四天王の中で一番ボルトランド使いそうなライバロリさんやん!

勝ったなガハハ!!!!悪童!躍動!錯綜!?覚悟ォ!

ボルトランドいねえんだけど!???!?!??!?!?!???

慌てず初手はオニゴーリ、ルカリオやドサイドン、モロバレルを吹っ飛ばしてくれるであろうフーディン、サザンに強く舞Zでポリ2倒せるミミッキュでGO!

……色々調子に乗りましたすみません。

対戦中のポイントは3点。

  • スカーフサザンとわかっていたのに対面処理できないオニゴーリで突っ張り。
    蜻蛉はこないからミミッキュバックから皮を盾に受けてミミッキュ受け誘って釣り交換だった。
  • 死に出しミミッキュでサザンに突っ張るべきだったのにゲームを急ぎすぎて釣り交換してしまった(ここは自分の悪い癖)
  • バレルにサイキネを耐えられたショックで思考が止まってしまい完全に脳が停止、勝ち筋を探す力が残ってなかった。
    結果光合成が抜け落ちてたせいでミミッキュ引き、ゲームセットした。

悔しいですね……悔しい……。
ずっと放心状態でしばらく何も考えられないくらいでありました。

ですが楽しい対戦でした、いつかどこかで四天王を倒したいですね。

まとめ

未来のピースポチャレンジャー、対戦で緊張するなよ!!!!!!!

めちゃくちゃ悔しいのでレーティングを上げておきます。

ちなみにピースポ対戦日の僕のレートは1610です。

QRレンタルチーム

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4206-4B1E

QRレンタルチーム一覧

【ポケモン・USUM】QRレンタルチーム一覧

2017.12.19

APPDATEで公開されたUSUM対応QRチーム一覧はこちらから。

APPDATE公式グッズのご案内

APPDATE公式グッズショップができました。
これでキミの毎日もAPPDATEだ!

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン

2018.01.30

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください