MENU

 

対戦ノウハウ③
2017年JCSベスト4、ポケモン公式番組「P-sports」の四天王も務めた喰い断先生の対戦理論です。 [btn class="simple"]このカテゴリの全記事一覧を見る[/btn]
対戦ノウハウ③
2017年JCSベスト4、ポケモン公式番組「P-sports」の四天王も務めた喰い断先生の対戦理論です。 [btn class="simple"]このカテゴリの全記事一覧を見る[/btn]
対戦パーティ
対戦パーティ(狂)
コラム
APPDATEのゆるキャラ・唯一の良心・世界に輝く大スターである私、APPDATEちゃんがLINEスタンプになりました。ここをクリックしなさい。いいですね?

【剣盾ダブル】Newポケモンスナップ統一で遊ぼう! ~バンギランドにデデンネを添えて~

目次

はじめに

アローラ!麹屋です。

突然ですが皆さん、ポケモンの写真、撮ってますか?
私はNewポケモンスナップでデデンネを撮影しまくっています。デデンネをいっぱい撮れるNewポケモンスナップは神ゲー。

編集機能を駆使するとこんな画像も作れます。これは雷属性の魔法を使う魔法少女デデンネ。

 

人気投票1位になってお祝いされるデデンネ

 

ところで、Newポケモンスナップには、撮影した写真をインターネットにアップロードして他のユーザーに評価してもらえるシステムがあります。↓

これを見ていて気付いたんですが、、、

「自分でアップロードできる枠がちょうど6枠あるので、構築記事のパーティ一覧画像みたいな役割が担えるのでは???」

ということで、Newポケモンスナップで撮影できるポケモンだけで構築を組んでみることにしました。

構築経緯

まずパーティの1枠目、軸となるポケモンを決めます。

やはり1匹目は強くてカッコいいポケモンを選びたいですね。ということでバンギラスを選びました。

大岩を砕くシーンのバンギラス。コントラストを弄ると映画のワンシーンみたいな写真になりますね。

 

続いて2匹目です。せっかくなのでバンギラスと相性のいいポケモンを選びたいところですが、生憎ドリュウズはレンティル地方に棲んでいないみたいですね。

他の特性すなかきポケモンはルガルガン(真昼)とムーランドがいますが、ここでAPPDATEにムーランド構築の先行文献があることに気が付き、その構築を参考にすれば強い構築を組みやすいと思いムーランドを採用しました。

あわせて読みたい
【ポケモン剣盾】ムーゲンダイナ砂カグヤ【シリーズ8ダブル】 【はじめに】 お久しぶりです。たぶんねです。 今回は、シリーズ8竜王ダブルにおいて使用したみがまもムゲンダイナ構築について紹介します。(ムーゲンダイナは誤字で...

ムーランドはデデンネと同じくベースキャンプに登場するのですが、何故かデデンネが研究室内にいる時は外に出ていて、デデンネが外にいると研究室内で寝ているのでツーショットが撮れないんですよネ。

 

さて、先程挙げたたぶんねさんのムーランド構築は、すなかきダイアタック+バンギラスでダイマックスしないポケモンを倒しながら相手のエースにデバフを入れ、宿り木テッカグヤで詰めるという勝利パターンを組んでいました。そこで3枠目にテッカグヤと互換性のありそうなポケモンを探したところ、どくどくを撃てるバルジーナがレンティル地方にいたので採用しました。特性もぼうじんで砂パと相性がいいのもGood.

フライゴンとすれ違うシーンを激写。

 

ここまでで、打点の面では鋼に、耐性の面では格闘に薄いと感じたので、その両方をカバーできるウルガモスを採用。

レンティル地方ではイルミナポケモンとして登場するウルガモス。ハイコントラストにすると絵画的になって非常に映えますね。

 

これでも一撃ウーラオス、ランドロス辺りが怪しいと感じたので、それらに強いアシレーヌを採用。

アシレーヌ、セル塗り加工が非常に似合いますね。

 

ここまでの5匹で、ミストフィールドまで貼ってくるめいそうカプ・レヒレがどうしようもなさそうに感じたので、何かいい策はないかと身内に投げかけたところ

[voice icon=”https://app-date.net/wp-content/webpc-passthru.php?src=https://app-date.net/wp-content/uploads/2021/05/husigidane.png&nocache=1” name=”ふしぎだね” type=”l”]もしかして、かいでんぱデデンネじゃないですか?[/voice]

[voice icon=”https://app-date.net/wp-content/webpc-passthru.php?src=https://app-date.net/wp-content/uploads/2021/05/koujiya.png&nocache=1” name=”麹屋” type=”l”]そ れ だ[/voice]

となったので、最後にデデンネを採用しました。

なんと6枠目に滑り込んできたデデンネ。尻尾でリンゴを抱え込んで食べる仕草がとってもキュート。

 

というわけで完成した構築がこちら

う~ん、フォトジェニック

構築説明

ということで完成した構築がこちら。

対戦の理想的な流れとしては、バンギランドを並べてダイアタック連打、耐性優秀な後続でサイクル戦を仕掛け、最終的に鉄壁バルジーナや蝶舞ウルガモスで詰めていくという流れです。

バルジーナ+デデンネによる詰め筋は、過去に作った「デデンネの缶詰」と同様の戦法となっており、その意味でも扱いやすい構築でした。

あわせて読みたい
デンデデンデンデンデデンネ~デデンネの缶詰【剣盾ダブルバトル】 ガラル地方も激震させたあの構築が遂に大将をひっさげてやってきた! 【はじめに】 アローラ!APPDATEの麹屋です。 鎧の孤島配信から早1か月、対戦環境も一新され、様々...

個別解説

バンギラス


性格:ようき
努力値:A252 S252 B4 
実数値:175-186-131-×-120-124

ムーランドのダイアタックによる恩恵を最大限に受けるための最速バンギラス。とても強い。

バンギラス+ムーランドの並びは相手の威嚇がめちゃくちゃ刺さるので、1回分は影響をカットできる&サイクル戦を前提とすればデメリットの少ないハチマキを持たせました。

イカサマは対まけんきボルトロスにおいてダイアタック+イカサマを集中することで相手のまけんき発動を逆用して倒すというオシャレプレイができることに着目して採用しました。まあ実戦でまけんきボルトロスに一度もマッチングしなかったんですけどね……。

 

ムーランド


性格:ようき
努力値:A252 S252 H4
実数値:161-162-110-×-110-145

バンギラスの隣で加速して大きくなる犬。最速にすることでレジエレキすら抜き去る。

他のすなかき勢と比べると火力が高い印象こそありませんが、一致150ダイアタックを使えるため見た目以上の火力でした。(実際陽気珠ドリュウズの130ダイアースとほぼ同等の火力)
そこに全体S操作がつくわけだからそりゃあ強い。

耐久面も低いわけではなく、弱点も格闘だけなのでダイマックスさせると十分な居座り性能をみせてくれました。

また、ダイアースやダイスチル等ランク上昇系をメインにするタイプのダイマックスポケモンとは違い、ダイマックス終了後に控えに下げたいけどランク上昇のリセットがもったいなくて、、、みたいな余計な思考をカットして立ち回れるというのが非常に使いやすく感じました。
だいたいその場合バンギラスは控えに戻しているので、砂嵐再展開→すなかき再発動でスイーパーとして使うみたいな立ち回りもできるのがGood.

ギガインパクト以外の技は色々選択肢がありましたが、対レヒレの打点&フィールド張り替え用にワイルドボルト、ダイマックスを切らなかった場合orダイマックス終了後に強そうな技でアイアンヘッドとあくびを採用しました。

 

バルジーナ


性格:ずぶとい
努力値:H252 B252 D4
実数値:217-x-172-75-116-100

強力な詰めの駒。

と言いつつ、実際はバンギラスの交代先として酷使したり相手のダイマックスを枯らすのに酷使したりと雑に投入されることが多かったように思います。

ボディプレスを覚えないためどくどくで詰めていく型にしましたが、この場合鋼/毒タイプをどうするんだという問題が発生します。ただまあ鋼はだいたいバンギラスのハチマキばかぢから、ウルガモス、アシレーヌでなんとかなってしまうパターンが多く、毒タイプといえばフシギバナかモロバレルくらいしかまともに使われていないので、そこに打点が持てるエアスラッシュを採用して解決としました。

HBぶっぱなのはこれだけ振らないと対ダイマックスブリザポスがきついからですね。

 

ウルガモス


性格:おくびょう
努力値:H132 B132 C4 D4 S236
実数値:177-x-102-156-126-165
調整:ゴリランダーに受け出すためH16n+1、A252メタグロスのダイサイコ耐え、最速ウーラオス抜き

上で書いたように、格闘に対する耐性と鋼に対する打点を持ち合わせ、おまけにいかりのこなによるサポートもこなせる便利枠。

最初はもう少しHBに厚い個体を使っていましたが、素でウーラオスより速い方が取り回ししやすいことに数戦して気付き配分を変更しました。

対晴れ構築でリザードンがいない相手にはこっちがダイマックスして殴っていくこともできるので覚えておきたいプランですね。

 

アシレーヌ


性格:ひかえめ
努力値:H156 C252 S100
実数値:175-x-94-195-136-93
調整:H16n-1、C全振り あまりS (S-1最速75族抜き)

バンギランドで相手しづらいウーラオスやガオガエン、ランドロス、岩タイプ、雨パ等々に対して強い便利枠その2。

後発から出してSが下がった相手に上から全体技をかけてよし、ダイマックスさせてもよし、対トリルに初手から圧力をかけにいってもよし。

SはCに全振りした余りを振りましたが、もう少しCを落としてSを-1最速80族程度まで上げても良かったかなと思いました。

 

デデンネ


性格:おくびょう
努力値:H108 B116 C28 D4 S252 
実数値:156-x-92-105-88-168
調整:H12の倍数(オボンの1/4回復&ほおぶくろの1/3回復を最大化)、きせきのタネゴリランダーのグラススライダー耐え、ダブルダメマジカルシャインで無振り一撃ウーラオス確定1発、最速

最後の枠に滑り込んできたデデンネ。個体は上のデンデデンデンデンデデンネで使用したものと全く同じです。

バルジーナと組んで鉄壁怪電波で詰めるのが採用理由でしたが、バンギラスやムーランドと並んでのサイドチェンジが相性補完でGoodだったり、ムーランドのダイアタックが入らない相手へのほっぺすりすりがGoodだったり、単純にハチマキバンギラスを引っ込める際のクッションとしてGoodだったり、なんかレジギガスをほっぺすりすりで機能停止させたりと色々活躍してくれました。

デスカーン+デデンネは「デデンネの缶詰」だけど、バルジーナ+デデンネは何て名付ければいいんだろう…… デデンジーナ……?

 

選出

基本

先発:バンギラス+ムーランド
後発:自由に2匹

基本のパターン。初手からダイアタックをぶんぶん振ります。

対晴れ(フシギバナコータス)

先発:バンギラス+ウルガモス
後発:ムーランド+バルジーナ

相手がコータスを初手に投げるかどうかに関わらず、バンギラスをバルジーナに引いてウルガモスダイマックスでフシギバナにダイバーンでだいたいOK。ゴーグルをかけてるからねむりごなをされても安心!

……相手がバンギラスに怯えず後発リザードンダイマックスしてくる強メンタルだと怪しいですが。

対トリックルーム

先発:バンギラス+アシレーヌ
後発:バルジーナ+ウルガモス

怯め!

なお相手にブリザポスがいるなら初手からバルジーナを出して先に鉄壁を積まないと本当にどうしようもなくなります。

対レジギガス(+マタドガス)

先発:デデンネ+ムーランド
後発:バンギラス+自由

デデンネがレジギガスにほっぺをすりながらムーランドがマタドガスにダイスチルでOK.
マタドガスが落ちたり引いたりすればバンギラス投げてムーランドが加速できます。

戦績

スーパーボール級ランク9で、3勝4敗ゲージ変動なしからスタート。

統一PTだしマスターボール級に上がれば十分かな~というノリで。

無事上がりました。やったぜ!

感想とか

久しぶりの統一パーティとなりましたが、6体全てが活躍するいい構築が組めて満足でした。

ムーランドの項でも書きましたが、サイクル戦苦手な自分でもスムーズにサイクルを回すことができたのも新鮮で楽しかったですね。

レンタルも公開しているので、興味があれば使ってみてください。想像以上にムーランドは強いぞ!

ポケモンスナップ統一は他にもリザードン軸、ラプラス軸、フシギバナ+コータス、ピカホエッパーなどなど……色々組めるので是非考えてみてくださいね!

APPDATEではNewポケモンスナップの関連記事も大募集中です。

APPDATEを応援してくださっている皆様へ

あわせて読みたい
APPDATE継続の為のわりと重要なお願い いつもAPPDATEをご愛読いただきありがとうございます。 管理人のしゅふぁです。 今回はちょっとまじめなお話です。 結論から先に言うと、APPDATE継続の為に可能であれば...

寄稿ガイドライン

[kanren postid=”5323″]

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

怪しい教えを麹屋さん

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる