パーティ紹介

【シリーズ6】バチンウニライチュウ+キュウコンリザードン【ダブルバトル】

はじめに

ガルーラ、沖奈です。

今回は使用率上位のポケモンが禁止されるシーズン6にてドラパルトやバンドリ、ゴリランダーやイエッサンなどのライバルが軒並みいなくなったリザードンとバチンウニを使った構築を紹介します。

注意:まだシーズン6は始まっていない時に考えた構築のためフレ戦を数戦しただけで実際のランク戦では試していません。また記事内でシーズン6の環境読みをしていますが間違っている可能性があります。

シリーズ6ルール解説

ランクバトル上位10位に入った、ゴリランダー、エースバーン、コータス、ミミッキュ、バンギラス、ドラパルト、エルフーン、トゲキッス、ガオガエン、ジバコイル、ドリュウズ、ポリゴン2、イエッサン、フシギバナ、ギャラドスが使用禁止となる。

制作経緯

シーズン6ではドラパルトとエースバーン、エルフーンが禁止されることで環境で必要なsの水準が低くなると考え、ダイジェットエースと天候パのエースが活躍すると考えました。そこで両方を満たすリザードンを軸にキュウコンとリーフィアを加えた構築を作りたいと思いました。

しかしリザードンではスカーフウーラオス、ファイアローパッチラゴン、叩きテラキオン、インテレオンピッピなどの構築には対応できないと考え、それらに対応できるポケモンを探しました。

始めはサマヨールドサイドン+格闘の並びを考えましたが、おそらく環境に多いと考えられるウーラオスと、トリルメタとして採用されるモロバレルに対抗できないため採用を見送りました。

これがそのときの構築です。なぜかゴリランダーが採用されています。不思議ですね。日本3位曰くゴリランダーがいる割にアシレーヌが重いらしいそうです。

そこで催眠とトリル耐性があって両方のウーラオスに対応できてアシレーヌに強くて電気タイプに強い組み合わせがないかな〜と考えた結果、

ありました

この2匹です。

<<えっ今回はゴリランダーとイエッサンがいないのか!?

エレキフィールドを貼れるバチンウニとランクバトルおじさんの実装によってランクバトルで使用可能になったアローラライチュウです。

バチンウニは元々の素早さの低さで相手のトリルに対応でき、アローラライチュウはエレキフィールド下であらゆる高速ポケモンの上を取ることができます。

またエレキフィールドによって(リザードン以外は)催眠耐性を得ることができます。

またこの2匹はバレル入りの雨パに死ぬほど弱い(諸説あり)のでその点で晴れパでお互いに相性補完を取れていると言えるでしょう。

トゲキッスとイエッサンがいなくなるとはいえ指と粉対策がまだ怪しいのでジュラルドンを入れて完成です。

負ける気がしない。

パーティ

個別解説

リザードン


特性:サンパワー
性格:おくびょう
持ち物:こだわりスカーフ
技:ねっぷう/ぼうふう/げんしのちから/まもる
実数値 :154(4)-×-98-161(252)-105-167(252)
備考:キョダイマックス個体

天候エース。

バチンウニのエレキメイカーで電気タイプを誘いやすいのと他のポケモンがシャンデラとリザードンに怪しいためげんしのちからを採用。ダイマックスしたりしなかったりします。

ダイマックス時の火力重視でぼうふうを採用しました。

ルナトーンの餌。

キュウコン


特性:ひでり
性格:おくびょう
持ち物:こだわりメガネ
技:ねっぷう あくのはどう オーバーヒート ソーラービーム
実数値:149(4)-x-95-146(252)-120-152(252)

天候起動役。

基本打点のねっぷうは確定、役割上交代することが多いため最大打点のオーバーヒートを採用しました。

リザードンにソーラービームがないためこちらに採用しました。

さいみんじゅつも考えましたが、遺伝が面倒くさかったエレキメイカーと相性が悪いため不採用となりました。

環境にサマヨールが多くなると考え、ワンチャン怯みのためあくのはどうを採用しました。

リーフィア


特性:ようりょくそ
性格:おくびょう(いじっぱりハーブ使用)
持ち物:いのちのたま
技:グラススライダー/すてみタックル/あなをほる/まもる
実数値:140-178(252)-150-x-86(4)-147(252)

天候エースその2。

フシギバナが使えないので採用しました。

弱保起動役に枠を割けず火力があまりにも残念なので(珠140ダイアタックでも素リザードン確定耐え)いのちのたまは確定です。

メインウェポンかつダイマックス後の先制技となるグラススライダー、苦手なほのおタイプへのサブウェポンおよびダイアースで低いDを上げるためのあなをほる、高いBをさらに上げるためのダイスチルになるアイアンテールを採用しました。

PPの多さでまもるを採用。

ジュラルドン


特性:すじがねいり
性格:ひかえめ
持ち物:とつげきチョッキ
技:ラスターカノン りゅうせいぐん てっていこうせん 10まんボルト
実数値:145-x-135-189(252)-71(4)-137(252)

粉指対策役。

主にリザで対処できないドラゴンタイプ、特にパッチラゴンやウオノラゴン、サザンドラの相手などをします。

またウニライとの兼ね合いでリザードンやリーフィアなどの後発ダイマが多いのでダイマを切らなくても動ける型にしています。

バチンウニ


特性:エレキメイカー
性格:れいせい
持ち物:じしゃく
技:ライジングボルト/ねっとう/じゅうでん まもる
実数値:155(252)-x-116(4)-157(252)-105-18

フィールド貼り兼トリル対策役。

基本的にライチュウの隣で何かしらをしていることが多い。

最大打点のライジングボルトと生存重視のまもるは確定、トリル下で動かすためにハイドロポンプじゅうでんを採用しました。

最初はねっとうとでんじはを採用していましたが、こちらのほうがトリル対策になるとバチンウニ有識者に教えてもらいました。

Sはあらゆるトリルアタッカーより遅い(シュバルゴより遅い)ので相手がトリルしてきてもライジングボルトを叩きこむことができます。

ライチュウ(アローラ)

特性:サーフテール
性格:おくびょう
持ち物:きあいのタスキ
技:ライジングボルト/サイコキネシス/エレキネット/てだすけ
実数値:136(4)-x-70-147(252)-105-178(252)

エレキフィールドで速くなる火力のあるデデンネです。

メイン打点のライジングボルトサイコキネシスは確定、まもるの採用も考えましたが天候変化やキョダイゴクエン等が簡単にできる環境ではHP1の状態でまもるをするよりもてだすけをした方が隣を動かしやすいと考えたのでてだすけを採用しました。
また後発を動かしやすくすることや、コバルオンを抜くためにリザードンの隣で打つなどの理由エレキネットを採用しました。

ウーラオス相手には水でも悪でもライジングボルトが刺さるので滅法強いです。

選出

基本

先発:バチンウニ+ライチュウ
後発:キュウコン+リザードンorリーフィア

バチンウニとライチュウで相手の初手ダイマを強要し、後発の晴れダイマエースで相手の残りを一掃するのがセオリーです。

またバチンウニが残った場合はでんじはで、ライチュウが残った場合はてだすけで隣のサポートをしましょう。

対雨

先発:バチンウニ+ジュラルドン
後発:キュウコン+リザードン

ニョロトノ+キングドラ、またはモロバレルorナットレイ+キングドラから入ってくるので天候を奪われないようにバチンウニを上手く交代させましょう。

対モロバレル入りのなんか

先発:バチンウニ+ジュラルドン
後発:キュウコン+リザードンorリーフィア

相手はライチュウのライジングボルトを警戒してモロバレルを選出してくるのでエレキフィールドとすじがねいりでモロバレルを置物にすることができます。

対リザードンが通りそうな相手(アイアント軸、ガラルヒヒダルマがいる構築など)

先発:キュウコン+リザードン
後発:ジュラルドン+リーフィア

両ねっぷうを叩き込みましょう。

対ダグトリオ+ビリジオン叩き

先発:ライチュウ+リザードン
後発:キュウコン+バチンウニ

正直ルナトーンより滅茶苦茶キツイです。このためにライチュウを最速にしたといっても過言ではありません。エレキネットでビリジオンのSを下げることでがんせきふうじと叩きの両方をケアします。

エレキネットを外した場合は劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオを鑑賞してストレスを発散しましょう。

対テラキオン叩き

先発:ライチュウ+リーフィア
後発:キュウコン+バチンウニ

ライチュウのエレキネットでSを下げる動きと、ライチュウ交代キュウコンでリーフィアを加速する動きと、リーフィア交代バチンウニでライチュウを通す動きのどれかをすることができます。テラキオンを止めてしまえばこちらのものなので全力で止めましょう。

対ファイアロー+パッチラゴン

先発:バチンウニ+ライチュウ
後発:キュウコン+リザードン

初手のおいかぜは不可避ですが、エレキネットを2回打てば後発のリザードンがパッチラゴンを抜くことができます。

隣のバチンウニがねっとうでやけど祈りをするのも良しです。

対ピッピ入り

先発後発は基本と同じですが、輝石ピッピはライチュウのエレキネット+バチンウニのライジングボルトを耐えてくるのでライジングボルトを集中しましょう。

戦績

ルールが変わる前のランクバドルダブルの戦績はナイヨ。

古墳(スプラトゥーンばっかりやっていてたま〜〜〜〜〜〜にポケモンの対戦をやる変な人間がいっぱいいる変な集団)のフレ戦を数戦やった程度です。

敗因は主にバレル対策だったのでそれを元に修正をして今の構築になりました。

余談

構築のポケモンの名前がウとンの割合が高い構築になってちょっと汚いなって思いました。

寄稿ガイドライン

APPDATEへ寄稿してみたい方へ:記事寄稿のガイドライン始めに いつもAPPDATEをご愛読いただきありがとうございます! APPDATEは皆様の様々なポケモン記事を大募集しています。...

APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。

寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

created by Rinker
任天堂
¥5,464
(2020/09/23 19:35:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
任天堂
¥4,930
(2020/09/23 19:33:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

ABOUT ME
沖奈
沖奈
喰い断氏のテテフグロスミラーの動画から7世代ダブルを始める。7世代でのメガゲンガーとゼルネアスのトラウマから脱却できたと思われたが、8世代ではドサイドンとバンバドロがトラウマになっている。如月千早(アイマス)とヴィーラ(グラブル)が好き。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    いくつか訂正点をみつけたので報告させてください

    最初の構築経緯のところですが、以前のパーティの画像が違うとおもいます。
    あと、基本選出でバチンウニが電磁波でサポートとありますが、補助技はじゅうでんのため覚えていないのではないでしょうか?ここらへんをどうしてるか教えてほしいです!

    長々と申し訳ありません!シーズン前に考察されたパーティが、実際にどう通用したのかの記事を作られるのであれば楽しみにしてます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください